2022年05月19日( 木 )
by データ・マックス

【スクープ】福岡大学東京事務所に「文科省天下り斡旋」のアノ人が就任?~大学側は「個人情報につき回答できない」

 2019年4月、福岡大学東京事務所長に吉田大輔氏が就任した。

 データ・マックスが入手した情報では、吉田氏は元文部科学省高等教育局長を務めたとされる人物。2015年に同省を退職し、天下り斡旋を受けて早稲田大学教授に就任していた。しかし、2017年1月に再就職等監視委員会から国家公務員法に違反するとの認定を受け、吉田氏は同大学を辞職。

 福岡大学では吉田氏の人事案に教授会や評議員会が反対したものの、執行部が強行したという。吉田氏は星乃治彦副学長と熊本高校での同級生だったことから、学内では情実人事との見方もある。

 同大学広報部は取材に対し、吉田大輔という人物が同事務所の所長であることは認めたが、氏の経歴については「個人情報につき回答できない」とした。

 同事務所にも確認のため電話したが、吉田所長と思われる人物は一言も発することなく通話を切っている。

【小栁 耕】

関連キーワード

関連記事