• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年05月07日 16:12

窮地のライジングゼファー~救世主現れるも今後も多難(1)

ライジングゼファーフクオカ(株)

 (公社)ジャパン・プロフェッショナル・バスケットボールリーグ(JAPAN PROFESSIONAL BASKETBALL LEAGUE/通称:Bリーグ)の最高峰、B1西地区に属するライジングゼファー福岡(以下ゼファー)の2018~19シーズン戦績は7勝48敗だった。シーズンを通して低迷した戦績と同様に、球団経営も苦境に立たされていた。運営会社のライジングゼファーフクオカ (株)は1億8,000万円の資金ショートが表面化し、4月29日までに資金調達の見込みが明確にならなければ、最悪の状況として「リーグからの撤退」もあり得た。期限直前に、地元福岡に本社を置く健康補助食品製造・販売の(株)やずや、ペットフード販売を手がける(有)アカナファミリージャパン、そして個人投資家である皆木研二氏の資金援助により、ゼファーのBリーグ撤退は免れた。しかしチーム再建の道は、容易ではない。

リーグ撤退危機からの「逆転」残留

 Bリーグの理事会は4月9日にクラブライセンスの判定結果を発表した。クラブライセンスとは、「(Bリーグに)出場するための資格となり、B1、B2リーグに参加できる資格となるB1ライセンスと、B2リーグに参加できるB2ライセンスの2種類があります。有効期間は対象シーズンの1年間。継続的にリーグ戦に参戦するには、毎年希望するシーズンの前年11月までに申請しライセンスの交付を受けることが条件となります。バスケットボール界全体の安定的・持続的な成長と発展に寄与することを前提とし、育成面・施設面・選手環境面などを、プロリーグとしてふさわしい水準に保ち、さらに発展させることによって、クラブの価値が向上することを目的としております」((Bリーグ公式HPより)と定められている。

 しかし、9日に同理事会が下した判定結果はライジングゼファーフクオカにとって厳しいものだった。B1ライセンスは交付されず、B2ライセンス交付となり、さらにそのライセンスにも条件が付けられていたのだ。条件とは、「資金繰り基準の妥当性が判断できず、4月29日までの資金確保を停止条件とする」というもの。つまり、4月29日までに1億8,000万円を調達することがライセンス交付の条件で、資金調達が期限内に完了しなければ2019~20シーズンはB3の参戦、もしくはBリーグからの撤退という最悪の事態も想定された。

 同日、ゼファー代表取締役社長・神田康範氏は、リーグ理事会の判定結果を受けて以下のような声明を発表した。

 「本日のBリーグライセンス判定理事会で“停止条件付きB2ライセンス”という厳しい結果となりました。このような結果になってしまったのは代表である私の責任であり、B1ライセンス獲得を期待していただきご支援、応援いただいたブースターやボランティア、スポンサーの皆様、選手、スタッフなどかかわるすべてのステークホルダーの皆さまにお詫び申し上げます。

 B1ライセンスを獲得すべくリーグから要求されていた書類、資金準備を進めておりました。しかし、確定していた資金の入金が期限までになされず、土壇場で条件をクリアできない状況に陥りました。その時点でB1ライセンスが非常に厳しい状況に陥りました。その影響もあり現在資金ショートがすでに発生しております。このような厳しい状況の中、リーグのお力添えもあり、停止条件付ではありますがB2ライセンスの交付をいただき、B2に降格はしてしまいますがライジングゼファーフクオカが生き残る可能性を残していただきました。

 判定内容としては、4月29日までに今年度足りない資金である約1億8,000円を最低限集められないとB2ライセンスの交付も取り消しという厳しい内容です。具体的な資金調達方法としては、株の売却による資金確保がメインとなると思いますが、そのほか増資、借り入れなども同時並行で検討してまいります。チーム存続をかけて、本課題に取り組み、福岡の公共財となるチームを再度目指していけるよう全力を尽くす所存でございます」

 神田社長が声明のなかで「確定していた資金の入金が期限までになされず……」と述べていた内容について、球団関係者は「決まっていたメインスポンサーからの資金調達が不調に終わった。つまり土壇場で梯子を外された」と語っている。

 ゼファーは、Bリーグから公式試合安定開催融資制度に基づいた3,430万円の借り入れを実施。返済期日は5月13日で、履行できなかった場合は、翌シーズンのBリーグクラブライセンスを原則として取り消される。すなわち、B2はおろかB3での参戦も不可能となり、Bリーグからの撤退が避けられなくなったのだ。過去にゼファーは、幾度も経営難に陥り厳しい道のりを歩んできた。それでも、地元の福岡市民や経済界の支援を受けて乗り越え、ようやくプロバスケットボール球団として地盤ができつつあった。「球団フロントの方々はマメに企業を訪問され、一生懸命にPRしながらコミュニケーションをはかっていました。“地域に愛されるチームになります”という覚悟は伝わっていた」(福岡地場企業の幹部ら)という。しかし、そういった努力もむなしく崖っぷちに立たされたのだ。

 ホームゲーム前にはターミナルや商業施設などを利用した街頭PRを積極的に行ってきた。2016年度には、人権擁護功労賞(法務省)を受賞、県内の各小中学校をまわって子ども達や指導者、保護者を対象にしたバスケットボール教室をシーズン中に100回も開催するなど、球団・スポンサーそしてブースター(熱狂的ファン)一体となった活動が、ゼファーを支えてきた。

(つづく)

【河原 清明】

<COMPANY INFORMATION>
代 表:神田康範
所在地:福岡市博多区比恵町16-26
設 立:2007年5月
資本金:4,800万円
TEL:092-409-4887
URL:https://r-zephyr.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年10月27日 17:16

【11/6】「九州プロモーションセンター in ハノイ」開設の記念講演(九経連主催)

 ベトナム・ハノイ市に「九州プロモーションセンター」が開設されることを記念し、11月6日に九経連主催による記念講演「九州プロモーションセンター in ハノイへの期待」...

2020年10月27日 16:44

自民党外国人等特別委員会でが外国人技能実習・特定技能、留学生の現状について議論

 自民党政務調査会外国人等特別委員会が10月16日に、外国人技能実習・特定技能、留学生の現状について議論を行った...

2020年10月27日 16:11

地域の市民主体による太陽光、風力などの再エネ発電所~全国の市民発電所は1,000カ所以上に

 東日本大震災の福島原発事故や度重なる台風・豪雨災害で甚大な被害を受けている昨今、使えることが当たり前と感じられてきた電気の問題は「他人事ではない」時代になっている...

2020年10月27日 15:16

バイオ企業・林原の元社長、林原健氏が死去~マスコミを利用した“バイオの寵児”の神話は砂上の楼閣(2)

 林原の創業は1883(明治16)年。初代の林原克太郎氏が岡山市で林原商店を掲げて、水あめの製造を始めた。地方の小さな水あめ屋であった林原商店を全国区の企業へと飛翔さ...

2020年10月27日 14:43

【凡学一生のやさしい法律学】元TOKIO山口達也氏の酒気帯び運転の疑い事件~冤罪の一類型

 刑罰法規に限らず、すべての法律は階級性をもつ。それは法律を制定する権力の価値観、意向に従っているという側面を有しているということだ。一方、権力者によって被治者が苛酷...

2020年10月27日 13:59

いわれなき批判を越えて 群を抜くパチンコホールの換気能力

 依然、世界中で猛威を振るう新型コロナウイルス。感染拡大防止の観点から、密閉・密集・密接のいわゆる「3密」回避が要請され、多くの商業施設が営業自粛を余儀なくされた。パ...

2020年10月27日 11:44

【ラスト50kmの攻防】長崎ルート全線開業の機運加速 両県関係者が意見交換会

 九州新幹線長崎ルートの整備方式で対立する国交省と佐賀県が、武雄温泉―長崎間の開業が2022年秋と決まった後、初めて新鳥栖―武雄温泉間の整備方式を協議した...

2020年10月27日 10:45

【大阪都構想=大阪市廃止】二重行政解消後も他府県より低い成長率 都構想の不都合な事実

 大阪都構想(大阪市廃止)の「住民投票」(11月1日投開票)が終盤戦に突入した10月26日、反対派の猛追を報じる新聞記事が相次いだ...

2020年10月27日 10:11

マークイズ、ホークスリーグ優勝でセールを実施

 Pay Payドームに隣接する大型商業施設「MARK IS 福岡ももち」は、福岡ソフトバンクホークスのリーグ優勝が決定した翌日から5日間、全館をあげて優勝セールを実...

2020年10月27日 09:25

糸田町の「統合文化施設建設」、17.3億円で早田組が落札

 福岡県糸田町発注の「町民体育館など統合文化施設(仮称)建設工事(1工区)」を、(株)早田組が落札した...

pagetop