• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年05月09日 11:17

成功体験から抜け出せず 役割を終えた女性向け情報誌(前)

(株)アヴァンティ

働く女性に焦点を当てた情報誌「アヴァンティ」の発行元として知られる(株)アヴァンティ。一時は福岡を拠点に、北九州やフランチャイズ会社を通じて熊本でも同情報誌を発刊していた。女性を中心に相応のファンを獲得していたが、インターネットを含む同業他社が台頭するなか、求心力を失い破綻という結末を迎えた。

女性がつくる女性のための情報誌

特徴的な表紙絵

 (株)アヴァンティ代表の村山由香里氏(以下、村山氏)は、九州大学卒業後、広告代理店の(株)西広に入社。フリーペーパーの草分け的存在である「エルフ」の発刊業務に携わる。その後、西広から枝分かれした(株)ガリヤに移り、編集長として情報誌「ガリヤ」の制作に従事。1993年にガリヤを退職すると、同年10月、自宅マンションで情報誌の制作・発刊などを目的に(有)ファウプを設立、代表取締役社長に就任した。

 同年12月には、女性のみ6名で情報誌「アヴァンティ」を創刊。福岡で働く女性に焦点を当てた誌面構成が特徴で、出版と並行してファウプが企画する資産運用や美容に関するセミナーを開催し読者は増加。

 98年には本社を中央区大名に移転し、2000年5月に(株)化。01年には熊本の(株)ユーブレインとフランチャイズ(FC)契約を締結したことで、「アヴァンティ」は福岡県外初進出をはたす。翌02年には北九州支社を開設し、「アヴァンティ・北九州版」の発刊を開始。「アヴァンティ」はその存在感を高めていき、創刊10周年の記念パーティーを北九州市の「門司港ホテル(現・プレミアホテル門司港)」で開催した際には、出席者約200名を集めた。福岡・北九州・熊本の3エリアでの公称発行部数は約32万部(福岡14万5,000部、熊本8万5,000部、北九州9万3,000部)に達し、06年9月期に約2億6,000万円の売上高を計上すると、同年12月、(株)アヴァンティに商号を変更した。

 村山氏は、イベントの開催に際して、「アヴァンティ」読者から実行委員を募り、イベントの企画から当日の運営まですべて任せる取り組みで読者を拡大。誌面を通じた、働く女性のための商品やビジネスマナー、企業PRといった情報発信にとどまらず、女性たちが主体的に活動できる場の提供も手がける。こうした、実際の読者と交流を深めるための活動展開も、「アヴァンティ」の人気を後押ししていたと考えられる。

広がる活動領域

 「アヴァンティ」は協賛広告を基に制作され、不特定多数に無料配布される、いわゆるフリーペーパーだ。主に、西鉄天神大牟田線の各駅や、同沿線付近の商業施設、女性社員が多数在籍する企業に無料配布されていた。無料配布先として登録されていた企業数は、福岡1万4,000社、熊本1万2,000社、北九州1万500社で、合計3万6,500社に上る(公称)。

 村山氏の事業活動は地元テレビ番組などにも取り上げられ、「アヴァンティ」同様、村山氏個人も知名度を向上させていく。そして、08年、内閣府が実施する「女性のチャレンジ賞」を受賞。これを記念して、単行本「チャレンジする女性たち」を刊行した。また、会社の経営を手がけるかたわら、村山氏は福岡女学院大学人文学部表現学科の非常勤講師も勤めた。

 これを生かし、村山氏は女性のチャレンジ賞受賞の翌年、同学科のフィールドワーク表現G所属の学生たちを支援し、フリーペーパー「+one(プラスワン)」を制作・発刊。学生たち自らが企画・制作・発刊、およびその過程で必要となる印刷会社などの民間企業との交渉まで行った。このように村山氏は、自身に与えられた立場で可能な限り、後進たちの育成にも努めていたのだ。

 村山氏のさまざまな取り組みは高く評価され、10年4月にアヴァンティの代表取締役社長を退任。経営を後進に委ね、自らは「福岡県男女共同参画センター『あすばる』」の館長に就任、初の民間企業経営者からの抜擢であり話題を集めた。

(つづく)
【代 源太朗】

<COMPANY INFORMATION>
代 表:村山 由香里
所在地:福岡市中央区大名2-6-26
設 立:1993年10月
資本金:1,000万円
売上高:(18/9)約1億1,200万円

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年08月19日 13:00

人間に死を選ぶ自由は存在しないのだろうか(前)NEW!

 NHKスペシャル「彼女は安楽死を選んだ」(2019年6月2日放送)を見た。ある女性が全身の身体の機能が奪われる「多系統萎縮症」という回復の見込みのない難病と宣告され...

2019年08月19日 11:26

日韓の経済力格差は?(前)NEW!

 筆者は1981年に日本に留学する機会を得た。日本は1954年から1973年までの19年間、実質GDP成長率が9.3%という驚くべき成長を記録し、いわゆる高度成長を経...

2019年08月19日 10:50

海洋資源大国・日本の生きる道:海底に眠るレアアース泥でエネルギー革命を!(後編)NEW!

 「水を制するものは、世界を制す」。これが21世紀の資源争奪戦の現実である。狭い国土に人が密集しているが、石油などエネルギー資源の乏しい国。必要なエネルギー源の9割を...

2019年08月19日 10:39

【政界インサイダー情報】カジノ管理委員会の人事等、設立の準備が進むNEW!

 政府は今秋の臨時国会において、内閣府大臣官房の指揮下、カジノ管理委員会設立に向けた人事案を提出するとのことで、来年度の具体的な実行に向け、着々と準備が整っている。全...

2019年08月19日 10:05

HIS、ユニゾHDの敵対的買収に発展~それぞれが抱える表に出せない裏事情(前)NEW!

 ホテル事業などを手がけるユニゾホールディングス(HD)は8月6日、旅行大手のエイチ・アイ・エス(HIS)が実施中のTOB(株式公開買い付け)に対し、取締役会として反...

2019年08月19日 09:50

香港、マカオ、深圳 視察報告 「世界一港湾都市」奪取計画の現在地(後)NEW!

 香港国際空港のマカオ行きバスターミナルは大陸(珠海市)方面行の団体客が溢れ、長時間の待機を余儀なくされた。この際、我々日本人には何も言わない職員が、中国人団体客に対...

「れいわ新選組」経済政策公約歩みと今後の課題NEW!

 NetIB-Newsでは、政治経済学者の植草一秀氏のブログ記事から一部を抜粋して紹介する。今回は教条主義の下で消費税増税に突き進むことは悪政の代表であると訴えた8月...

2019年08月19日 07:00

流通業界イマドキの「人材確保事情」 人手不足が小売企業の経営を揺るがす(後)

 小売業の求人募集といえば、以前はレジ後ろや店頭掲示板を使った店内掲示などが主であった。店内掲示は緊急性を要さない場合や、継続的に新規採用を続けたい場合に向いている。...

2019年08月19日 07:00

【夏期集中連載】金融機関を取り巻く現状(後)

 7月10日、横浜銀行と千葉銀行が「業務提携で合意した」との発表があり、業界にインパクトを与えた。いまや銀行同士の業務提携(アライアンス)はとくに珍しくもないが、地銀...

2019年08月18日 07:30

香港、マカオ、深圳 視察報告 「世界一港湾都市」奪取計画の現在地(中)

 中国のシリコンバレーと呼ばれる深圳市にはファーウェイ、テンセント、ドローン製造のDJIなど技術系企業が集積する。ファーウェイ本部の広さは約60万坪。ヤフオクドーム2...

pagetop