• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年05月16日 16:09

九州最大のM&Aで最大の金を握った 長谷川常雄氏(キューサイ創業者)逝去する

500億円を握る

 若い方々はもう知らないであろう。「まずい!もう一杯!」というキャッチコピーのCMで一世を風靡したキューサイの創業者・長谷川常雄氏のことである。

 キューサイを上場させM&A価格は600億円と囁かれ、一族が握った金は450億円とも500億円とも言われていた。現在も一族郎党が握った金額の最高記録をキープしている。 

 別件だが、最近の記録ではJR九州がM&Aした金額が400億円、この会社は一族経営だったので一族郎党が得た金額は400億円と推定されており、キューサイにはおよばない。

 長谷川氏は目ざとい経営者であった。売却益所得・きたるべき相続税対策を講じていた。会社を売却して本人を含めた家族はロンドンに生活拠点を移した。税金対策の為である。今やリッチ層が日本を捨ててシンガポールを筆頭に脱税操作のために脱出することが流行となっている。九州地区においては長谷川氏がその先鞭をつけた。同氏の経営信条は「先手必勝」だ。長谷川氏はまさしく、それを実践したのである。

福岡の健食通販のパイオニア

 長谷川氏は京都出身。大手食品会社に勤務しており、転勤で福岡に赴任してきた。その後、会社を退職して独立。創業当時は人にいえない辛酸を舐め続けていた。体調を壊して入院していた時に人生を変えた青汁との出会いがあった。この青汁との出会いで長谷川氏は健康を取り戻した。この体験から『この青汁を流布させることで日本人の健康に貢献したい』という事業使命を明確化した。長谷川氏はこの頃まで、日本という国を愛する心をもち続けていたのだ。

 長谷川氏は福岡中小企業同友会においても熱烈なリーダーシップを発揮していた。「事業計画作成部会」において中小企業経営のレベルアップの為に精魂を使いきっていたのだ。だからたくさんの『長谷川常雄』信者をうみだし、一時は「教祖的役割」を担っていた。だから500億円という想像できない金額をつかみロンドンへ「ハーイ、サヨーナラ」と飛んで行った行動を目撃した常雄信者たちの大半は落胆した。

 長谷川氏のもう1つの功労話を紹介しておく。いまでこそ「福岡が日本最大の健食通販の拠点であった」という認識は広まった(現在は大手に押され気味であるが――)。石鹸のヴァーナルとキューサイの青汁が福岡のリーダーシップを握っており、お手本的な存在であった。「キューサイ長谷川社長に続け!」と後輩たちに尊敬の念をもたれていた。このころが同氏にとって最も充実した期間だったであろう。

 売却までの経過を付記しておく。90年に「まずい!もう一杯!」のテレビCMが話題となり大ヒットし、巨大な青汁市場創造の一端を担った。95年に『キューサイ』に商号変更をする。97年に株式を店頭公開。99年には東証二部、福証へ株式を公開し上場企業の仲間入りをする。その一方で、2000年にケールの調達先である農事組合がキャベツを混入させた問題が発覚。赤字に転落する危機があったが、原料のケール調達を直営工場に切り替えるなどして信用回復。再び業績を伸ばした。

 ヒットを打ち続ける中、06年、キューサイは投資ファンドと組み株式を市場から買い取るMBO(マネージメントバイアウト)形式でTOB(株式公開買付)を実施。長谷川常雄氏を含む一族もTOBに応じた。長谷川氏は経営権を手放し勇退。同社は07年3月に予定通り上場廃止となった。そして、その3年後の10年8月、当時のコカ・コーラウエストがキューサイの全株を引き取ったのである。冒頭の長谷川常雄氏一族がM&Aで握った金とはこの一連の過程でのものである。

 07年から85歳で亡くなるまでの故人・長谷川常雄氏の12年間の暮らしぶりはいかがなものであったのか?関係者の話を総合すると最初の5年間はロンドンでの生活に満足していたようであるが、望郷の気持ちが高まり、帰国して日本で滞在する時間が長くなったようだ。加えて最近の5年間は病気と老衰が進み、東京での生活が主体になっていたようである。波乱万丈の勇者は85歳の人生の幕を終えてしまった。合掌。

▼関連リンク
長谷川常雄氏死去 青汁のキューサイ創業者

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

一瞬にかけて躍動するヒガシの青春(後)

 高校球児の憧れ、甲子園には春2回、夏4回出場。そのうち2000(平成12)年の春大会ではベスト8に。同年行われた明治神宮大会では優勝をはたしている。現在は下野輝章監...

2019年10月22日 07:00

「たまねぎ男」辞任の韓国 大統領のレームダック化は必至(後)

 チョグクとは何者か。なぜ、「チョグク守護」だったのか。西岡力氏の報告(月刊『Hanada』11月号)が参考になる。チョグク氏はソウル大生時代に「南韓社会主義労働者同...

2019年10月22日 07:00

疾病リスク低減表示拡大と公正競争規約はトクホの救世主となるのか?(3)

 7月23日に日健栄協がトクホの表示に関する公正競争規約を早ければ今年度中にも策定し、来年度から施行したい考えを発表した。日健栄協ではトクホの広告自主基準を07年に策...

2019年10月21日 17:02

これから加速する地銀の経営統合

 47都道府県に本部(本店)を置く地銀の分布表によると、全国に地銀は103行ある。内訳は第一地銀が64行で第二地銀が39行となっている。第一地銀のうち、経営統合してフ...

2019年10月21日 16:32

【特別連載】反社勢力に利益供与の「くるまドットコム」に融資か~大牟田柳川信金、西日本シティ銀行ら金融機関の責任〈「断たれた絆」番外編・前〉

 これまで4回の連載で明らかにしてきた、有限会社くるまドットコム代表・諸藤壮一氏のさまざまな疑惑について、諸藤氏は1回目の記事(15日付)を掲載後、代理人経由で記事の...

2019年10月21日 16:06

太宰府市の駐車場車内で女性の遺体発見、男女3人を死体遺棄容疑で逮捕

 福岡県警は10月21日、福岡県太宰府市にあるインターネットカフェの駐車場に止めた車内で、市内に住む高畑(こうはた)瑠美さん(当時36)が遺体で発見された事件について...

一瞬にかけて躍動するヒガシの青春(前)

 当校の体育部は16(含応援団)。その多くが開校と同時の1955(昭和30)年に発足している。10年後にはボクシング部が全国高校総体で個人優勝。以来、剣道部やバスケッ...

2019年10月21日 15:13

ホークスと福岡オープントップバスがコラボ~ヤフオクドームツアーも

 福岡ソフトバンクホークスと西鉄は福岡市内の主要観光スポットをめぐる福岡オープントップバスのルートにヤフオクドームを追加した「ホークスコラボツアー」の運行が決定したと...

2019年10月21日 14:29

スーパーマーケット 表の事情と裏の事情(10)~異なる業態を、同質化させずに取り込むには

 強者の論理で自分たちの価値観を押し付け、同質化を推進する結果になれば、異業態を取り込む意味はない。だからと言って放任というわけにもいかない。

2019年10月21日 14:20

【業界ウォッチ】ゴーストレストラン「出前館」

 「ウーバーイーツ」の参入で、フードデリバリーサービスに注目が集まるなか、国内最大のポータルサイト「出前館」を運営する夢の街創造委員会は、8月22日から、新たなプロジ...

pagetop