• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年05月23日 07:00

九州企業の衰退・勃興 平成を振り返る(2)

博多名門・基幹産業の淘汰

 博多にはかつて繊維卸の名門企業が多数存在していた。現在は津田産業(株)のほかは数少なくなった。博多区店屋町にはそれらの繊維問屋が群生していたことで有名だが、現在問屋街は東区多の津流通センターに移転した。

 この業種の衰退の始まりは、昭和50(1975)年3月に新幹線が開通した時である。要するにメーカーとして九州市場を押さえるのに、博多でワンクッション置く必要がなくなった。平成時代を通じて、「繊維卸の博多」の名前は消滅したといえる。「博多人形」も然り。どちらも伝統文化として保存される運命だけは残っている。

全国にその名を轟かせた博多明太子

 逆に「博多明太子」の名を全国に轟かせたのは、新幹線開通のおかげである。土産品として重宝され、50~100倍に市場が拡大されたそうだ。その中核が「味の明太子ふくや」で、当時、いろいろな同業の勇者たちが煌めいた。ところが平成の時代は「明太子の衰退時代」となり、(株)ふくや、(株)かねふく、「めんべい」の(株)山口油屋福太郎、(株)やまやコミュニケーションズが奮闘している。

 明太子業界の活気は失われたが、「食文化の先進地域・博多」というブランドは確立された。これは後述する。「博多の菓子」も名前だけ先行していたが、企業規模は大半が中小企業以下。倒産・廃業も進み、高収益企業としては(株)明月堂と太宰府・梅ヶ枝餅の「(株)かさの家」ぐらいしかない。

百貨店はすべて潰れた

 博多を代表する百貨店はかつて岩田屋、福岡玉屋、博多大丸、そして博多井筒屋と4社あった。普通、老舗といえば100年の歴史を背負う必要があるが、百貨店という業態が全国的に広がったのは新しく、昭和10(1935)年からである。そのころ小売業に関する法改正があったらしい。平成10(1998)年までには4社の衰退・倒産処理が明確になった。岩田屋は伊勢丹・三越傘下になり、オーナー一族は放逐された。

福岡玉屋跡地に建てられた「ゲイツ」

 博多大丸の実体は大丸の福岡支店と化し、オーナー太田一族から経営権は離れた。井筒屋は博多駅から撤退。博多駅には阪急百貨店が進出し、高収益を上げている。悲惨な運命は福岡玉屋で、跡形もなくなった。現在、中洲に商業施設「ゲイツ」が建っている。これが玉屋跡地と知る人たちが少なくなったことには驚く(40歳前後の女性たちも知らない)。時の移りゆく儚さを痛感する。

 流通小売に目を転じよう。3社をピックアップする。(株)ユニード、(株)ベスト電器、「カメラのドイ」の(株)ドイである。ユニードは昭和44(1964)年当時は(株)ダイエーとの売上の差を1,000億円まで肉薄させた。ベスト電器とカメラのドイは一時的にしろ業界日本一に立ったことを知る人は関係者のみ。残念ながらカメラのドイは跡形もない。ベスト電器は(株)ヤマダ電機に吸収されてしまったが、名前は残っている。これらすべて平成の時代に冷酷な結末を迎えたのだ。

 ユニードの場合は多少救われる。ダイエーの功労のおかげである。ダイエーの中内㓛氏がユニードを買収したのだ。中内氏は福岡地元のためにあらゆる投資をしてくれたのだが、最大の貢献は埋立地百道区域の不動産を購入してくれたことだ。そして、この場所に福岡ドームを建設した。現在の福岡ソフトバンクホークスの直接の産みの親なのである。福岡財界を代表する七社会は、口を出すだけで何もしきれなかった。

 しかし、ダイエーグループはイオン(株)に買収されて潰れた。福岡、九州一円を見渡すとイオングループの店々に要所を抑えられる哀れな光景を生み出した。そのなかで健闘しているのが、(株)コスモス薬品と(株)トライアルカンパニーである。ドラッグストアとディスカウントストアという新業態で全国に打って出ている。2社とも売上高5,000億円、4,000億円を突破しているのだ。この攻撃心は見上げたもの。しかし情けないのは、博多・福岡におけるアピールを怠っており、存在感が皆無である。

(つづく)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年02月21日 15:00

厚生労働省公表の「ブラック企業」2月18日発表 福岡労働局分NEW!

 厚生労働省は17年5月から、労働基準関係法令に違反し書類送検された企業の一覧表をホームページに掲載している。

2020年02月21日 14:50

「検察崩壊元年」ゴーンの反撃(12)NEW!

 60年前の昭和30年代に起きた「白山丸事件」。「犯人が国外にいる」ことだけで公訴時効は中断する、という判例で、現在もこれが盛んに悪用され、事件そのものを検察が知らな...

2020年02月21日 14:00

インターネット時代における言論人の使命・責任とは何か!(3)NEW!

 第2セッションのテーマは「ジャーナリズム挑戦課題」である。座長はPeter Zoerher(国連UPF ヨーロッパ&中東メディア担当ディレクター)で、6人のパネリス...

2020年02月21日 13:01

新型コロナウィルス問題に隠された真実(後編)NEW!

 中国人の食に賭ける思いには日本人の想像を絶するものがある。たとえば、先に述べたが、絶滅の危機に瀕しているトラについて。もちろん、中国政府は野生のトラを捕獲したり、そ...

2020年02月21日 13:00

アベノミクスがもたらす「資本栄えて民滅ぶ」国の未来(4)NEW!

 日本経済が民主党政権時代を上回る超低迷を続けているのに、企業収益が倍増してきたのは、労働者に対する分配所得を圧縮してきたからだ。労働者1人あたりの実質賃金は第2次安...

2020年02月21日 11:41

日本発の「折紙工学」産業化に向けて離陸へ(1)NEW!

 折り紙を知らない人はいないが、「折紙工学」のことを知っている人はどれだけいるだろうか。折紙工学は実は日本発の研究分野で、紙おむつから宇宙ステーションのアンテナまで、...

2020年02月21日 11:03

ねこの日はマークイズ福岡ももちで「ねこねこ食パン」をNEW!

 明日、2月22日は222(ニャンニャンニャン)で『ねこの日』。これにちなみ、MARK IS福岡ももち1階のベーカリーショップ、「HEART BREAD ANTIQU...

2020年02月21日 11:00

コンビニ業界大激変時代~月刊コンビニ 編集委員 梅澤 聡 氏(4)NEW!

 家庭の惣菜需要が、客数や、とりわけ買上点数に貢献してきた。もう一方の客単価を高める施策が「一品単価」の向上である。育ち盛りの子どもを複数抱える一般的な家庭では、価格...

2020年02月21日 10:30

新型コロナウイルスの蔓延と米中貿易「第一段階」合意の行方(3)NEW!

 今回、トランプ大統領が「怪物のような巨大な、そして美しい取引」と強調した米中「第一段階」合意の内容を検証してみたい。結論からいえば、2年前にすでに基本的な合意が形成...

2020年02月21日 10:15

SBIホールディングスが清水銀行と資本業務提携NEW!

 SBIホールディングスは2月18日、静岡県を地盤とする第一地銀の清水銀行(静岡市)と資本業務提携を結ぶと発表。SBIホールディングス(以下、SBI)は、全国の地方銀...

pagetop