• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年05月31日 07:00

東京に進出して35年-行動してこそスタート地点に立てる~手島建築設計事務所(2)

東京で仕事を始めたときは、行動あるのみだった

ホンダカーズ外観

 仕事のチャンスが多い大都会では、自分から行動する勇気が大切だと代表取締役会長・手島博士氏はいつも感じてきた。まずは自分で動かなければ、どんな結果になるかはわからない。動いてみた結果、成功するかもしれないし、失敗するかもしれない。だが、心のなかでやりたいことを考えているだけでは何も起こらず、行動してはじめてスタート地点に立てるからだ。

 また、東京で設計事務所の仕事を始めたとき、手島会長は気づいたことがあった。どんなに大きく見える組織でも、1人ひとりの人間が仕事をして組織を動かしているということだ。

 大きな組織を遠くから見ると、まるで巨大なクジラが海で泳いでいるように見えた。だが、近づいてみると、巨大なクジラに見えたものは小さなイワシの大群だった。巨大なクジラのかたちをしているのは、先頭を泳いでいる群れのリーダーがイワシの大群を動かしているからだった。

 どんな業界も行政も組織を動かしているのは"人"だと気づいてからは、大きな組織が相手でもチャンスに挑戦できるようになったと手島会長はいう。1つの大きなものを見ながら、その構造の本質を見抜く姿勢は、大規模な建物を設計しながら、その構造を見極めてきた建築士ならではのものだ。

いい仕事をすると行政と信頼関係ができる

 (株)手島建築設計事務所が東京に進出するきっかけとなった官公庁の設計の仕事は、建物をつくる工事をスタートしてから完成させるまでの期間が短く、スケジュール管理がとても厳しい。納期に遅れずにミスのない設計をして、完成後もクレームがない仕事をすることが公共施設の設計では欠かせないといわれている。

 手島建築設計事務所は、決まりごとが多く、堅実な姿勢が求められる行政の仕事にこれまで積極的に取り組んできた。そして、納期通りにミスがなくクレームの出ない仕事をすることで行政と信頼関係ができて、多くの仕事の依頼をもらうようになったという。行政は仕事の実績を積んでいくと、企業規模の大小にこだわらずに成果を評価するフェアな姿勢がある、と手島会長は感じている。

企業が思い描くイメージを具現化する商業施設

 ショールームやビルなどの商業施設は、企業が思い描いているイメージをかたちにした建物だ。たとえば商品の魅力を伝えるショールームは、建物のデザインや部屋のインテリアで商品がみせる顔は大きく変わる。ショールームで人が商品の華やかさや新しさを感じられるのは、流行の最先端の雰囲気をもつ空間があるからだ。見る人に商品の持ち味がうまく伝わるように、いまの時代の空気を感じられるデザインにしていると手島会長はいう。

 また、ビルを設計するときには、使いやすさや過ごしやすさという人の感覚を、デザインや構造や寸法という専門家ならではの物差しに変えて、建物のかたちにどこまで具体的に落とし込めるかが設計事務所としての腕の見せどころだ。また、建物の使いかたは企業によってさまざまなので、顧客へのヒアリングから使いかたにあった部屋の配置や間取り、インテリアなどを提案している。予算が限られているときでも、予算をかけるところにメリハリをつけていい建物ができるように工夫しているという。

建物を使ったときの感覚から、デザインが生まれる

 建物は人が使うものだ。だから、ふだんから建物を見て、建物を使ったときのその感覚から、手島建築設計事務所のデザインが生まれている。

 たとえば街を歩くときは、周りに建っているビルを見て、どんな建物が新しくつくられているか情報を集める。新しい建物のデザインからいまの時代のニーズを読み、建物のかたちを決めるときに世の中のニーズを取り入れるためだ。

 また、ビルのなかに入ったときは、使う人の気持ちになって部屋の間取りや使いやすさ、カラーコーディネートなどを見て、建物のインテリアをデザインするときのイメージを考えている。流行のデザインも本当に良いものかどうかは、使う人の立場になって実際に体験してみなければわからない。たとえば物入れなら、かたちや寸法が少し違うだけでモノをしまいやすくなるなど、建物は使ってみてはじめて長所も短所もわかることがあるからだ。街に暮らし、さまざまな建物で過ごすなかで、いい建物をつくる工夫を手島会長はいつも考えているのではないだろうか。

 完成した建物を目にするだけでは想像もつかないくらい、建物の設計はクリエイティブな仕事だ。たとえば、どの向きで、どの場所に建物をつくるか、どんなかたちの建物にするか、どの構造なら耐久性があるかなど、設計事務所が考えた数多くのアイデアの集まりから建物がつくられている。設計の仕事は、手間をかけていい建物をつくることにやりがいを感じるからこそできるものだ。外から完成した建物を見ても、ぱっと見ではわからない仕事が多くある。だからこそ、決して手を抜かない誠意ある姿勢が、建物の完成度を決めていると感じられる。

(つづく)
【取材・文・構成:石井 ゆかり】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年07月05日 07:00

プラスチック製レジ袋の有料化 各社各様でスタート

 7月1日から全国で一律にプラスチック製レジ袋の有料化が始まった。持ち手のない袋やバイオマス素材25%以上配合の袋は対象外となる...

イージス・アショア中止は日本発の防衛システムへの転換点(4)

 そもそも7年前に導入が決まった時点では、1基の建造費は800億円と言われていた。それが、あれよあれよという間に2倍以上に膨れ上がり、2基併せて4,500億円になって...

2020年07月04日 07:00

【凡学一生の優しい法律学】関電責任取締役提訴事件(3)真実隠蔽過程の序章

 かつて「関電疑獄」として、関電収賄事件の解説記事を連載した。そのとき、不祥事を引き起こした取締役会自身の手によって、ヤメ検を中心とした真相究明を目的とする「第三者委...

2020年07月04日 07:00

IT化とデータ可視化の推進でジョブ型への対応を(後)

 「単純作業の自動化が重要だと思っています。たとえば、営業で問い合わせを受けたときに必ず行うルーティン業務があります...

イージス・アショア中止は日本発の防衛システムへの転換点(3)

 実は、EMP攻撃のリスク分析はアメリカでは20年前から行われている。というのも、国防総省そのものが、仮想敵国を標的にしたEMP兵器の開発に取り組んできたからだ...

2020年07月03日 16:57

この世界、どうなる?(8)「マイアミ・ナイス」

 私が学生のころ、日本のテレビでは「マイアミ・バイス」というアメリカ製のテレビドラマが流行っていた。ドラマ・アナリストによると、「よくできたシリーズ」だったそうだ...

2020年07月03日 16:45

加熱処理乳酸菌FK-23は抗ガンに高い効果 酵素処理乳酸菌LFKはインフルエンザ肺炎軽減やガン転移抑制

 DEVNETは、ニチニチ製薬と提携して、FK-23を免疫強化や抗ガンなどに、LFKをインフルエンザ肺炎軽減やガン転移抑制、花粉症などのアレルギー対策などに役立ててい...

2020年07月03日 16:15

6月、九州北部地方の月平均気温が過去最高の24.9℃に

 福岡管区気象台によると、6月の九州北部地方(山口県を含む)の地域平均気温平年差は、1946 年の統計開始以降最高となり、もっとも暑い6月となった...

2020年07月03日 16:02

手ぶらでBBQ!カリフォルニアバーベキュービーチでアイドルが体験レポート

 福岡のアイドルグループ、ふくおか官兵衛Girlsの白石ありさと、NEO☆学院の望月琉菜が「California B.B.Q BEACH」(福岡市西区今宿)をレポート...

筑後商事(株)(旧・(株)マミーズ)(福岡)/スーパー「マミーズ」経営

 同社は6月22日、福岡地裁柳川支部から特別清算開始決定を受けた...

pagetop