• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年06月01日 07:00

東京に進出して35年-お客さまに応えることが第一、利益はその後~手島建築設計事務所(3)

モノを売る仕事とは何が違う?「設計の仕事」とは

渋谷区神宮前2丁目の放映ビル外観

 設計の仕事は、完成したモノを売る仕事とはかなり異なる。モノを売る仕事は、完成したモノを見た顧客が注文する。だが、設計の仕事は注文があってからつくるため、当然、仕事を依頼したいと考えている顧客に事前に完成した建物そのものを見せることはできない。

 一方、新しく建物をつくるときは企業も行政も必要な予算が大きく、人の決断が欠かせない。だから、まだカタチになっていない建物を設計事務所に依頼するときには、会社としての実績はもちろん、仕事への姿勢も判断基準になるだろう。人が表に出ることの多い設計事務所の仕事は、信頼関係があってこそできるビジネスではないだろうか。

 信頼関係は、仕事に手を抜かず、人をだますことなく、顧客の思いをかたちにできる建物をつくることから生まれるという信念を(株)手島建築設計事務所の代表取締役会長・手島博士氏はもち続けている。手島会長は仕事に、誠意をもって取り組むことが大切だと考えており、まわりからの評価を気にしたことはないという。本当に社会のためになる仕事をしていれば、成果を上げ評価を得るための戦略を立てなくても、自ずと結果がついてくると感じているからだ。

 人からの依頼で始まる設計の仕事は、これまでの仕事の評価が、そのまま次の仕事につながることが多い世界だ。そんななか、仕事の評価は顧客が決めるものとし、世の中の声に振りまわされることなく、設計する仕事そのものだけを見て取り組んできたからこそ、手島会長は信じる道を進むことができ、その結果が、いまにつながっているのだろう。ここでも手島会長ならではの前向きな姿勢が生きている。

売上を追わず、お客さまの思いをかたちにすることに価値がある

 設計の仕事で指名があるということは、顧客の信頼があってのことだ。だから、手島会長は依頼してくれた顧客の気持ちに応えたいと考えており、指名があった仕事はすべて引き受けて、断わらないという。仕事の依頼があることに心から感謝しているため、利益や世間的な評価で仕事を選ばず、いつも謙虚な気持ちで仕事に取り組んでいる。

 手島建築設計事務所は現在、福岡、東京、大阪、名古屋の4拠点に展開しているが、手を抜くことなく、いい仕事をしていれば、どこに行っても仕事はたくさんあると手島会長は実感してきた。そして、顧客に満足してもらえる仕事をしていれば、業績を上げようとしなくても利益は出てくる。仕事でのもうけを考えることより、設計を依頼したお客さまの気持ちに応えることが大切だと手島会長は話す。

 高度経済成長期やバブル期が過ぎ、多くの企業が業績を伸ばすのが難しくなったいま、売上至上主義や利益率を高めることだけを事業目的にしている企業がますます増えていると感じる。そんななか、売上や利益を追い求めすぎることなく、顧客の気持ちに応えて手を抜かずに仕事をすることに最も価値を置く手島建築設計事務所のような存在は貴重だ。

 また、企業は社会のニーズを解決して、世の中の役に立つことで成り立っているため、顧客の思いに応えることを大切にする手島建築設計事務所の姿勢は、企業のあり方として本質をついているのではないだろうか。手島建築設計事務所が順調に業績を伸ばし続けているのも、この独自の経営を実現していることが大きいのではないかと考えられる。

「手を抜かず、人をだまさない」姿勢から信頼が生まれている

 設計の仕事は、「当たり前のことを当たり前にすること」と手島会長は話す。人はだれもが自分が常識と思っていることに基づき行動しているものだ。だから、何を「当たり前」と感じているかで仕事のやり方が変わる。人をだますことなく、手を抜かずに誠意をもって仕事をすることが常識と考えている手島会長だからこそ、その姿勢が事業にも反映されているのではないだろうか。

 たとえば建物をつくる仕事では、建物が完成してしまうと建物の構造や土台のつくりなど外から見えないところについての完成度は、つくった人以外、実際にはどうなっているかわからない。また、設計の専門知識がないとできない仕事のため、専門家ではない依頼者からは実体がつかめないことも多い。

 そのため、外から見えない部分まで、手を抜かずにどこまで正確に作業するかは、会社の姿勢に大きく左右されると考えられる。そして、表からは見えないところも正確につくることで、耐久性があり、安心して使い続けられる建物ができる。依頼者から目に見えない箇所が多い設計の仕事だからこそ、手を抜かずに人をだましたりせずに仕事をするという「当たり前」の姿勢が、手島建築設計事務所の信頼につながっていると感じる。

(つづく)
【取材・文・構成:石井 ゆかり】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年07月09日 11:02

お仏壇のはせがわ、再生なるか(2)NEW!

 超高齢化社会に突入し、年間約100万人以上が亡くなっていることから葬儀ビジネスに追従するように伸びていくとみられていた仏壇・仏具市場。しかし...

2020年07月09日 10:12

「芸術は道楽か?」NEW!

 福岡を拠点に、絵画や演劇など幅広い芸術活動を行う芸術家・中島淳一氏。同氏による日本と欧州の芸術に対する姿勢についての論評を以下に紹介する...

2020年07月09日 07:00

「プラネスト」シリーズを核に、求められる企業へ~トラストライフ(株)NEW!

 トラストライフ(株)は、大牟田市を拠点に、幅広い地域で自社オリジナルブランドマンション「プラネスト」シリーズを供給している...

2020年07月09日 07:00

住宅需要は福間駅周辺がダントツ 福岡都市圏北部のJR沿線(前)NEW!

 JR福間駅の周辺は、近年とくに人気が高いエリアだ。もともと駅周辺では、駅北側から県道97号にかけてのエリアで商業地と住宅地が混在するほか、JR線路沿いの光陽台などで...

2020年07月09日 07:00

働く場所への脱皮を図る唐津市~「唐津コスメティック構想」実現に向けて(後)NEW!

 唐津市は、仏コスメティックバレーの在り方を学ぶにあたり、コスメティックバレーの設立時から運営に携わるアルバン・ミュラー氏を招聘...

2020年07月09日 07:00

変貌しつつある大阪港~アフターコロナ時代の万博を 実現できるか?(2)NEW!

 大阪港には、夢洲のほか、舞洲、咲洲などの人工島がある。面積約220haの舞洲には、スポーツアイランド、障がい者スポーツセンター、ごみ焼却工場などが立地している...

2020年07月09日 07:00

【PR/子育てのまちに住む】みやき町で分譲開始 福岡技建工業NEW!

 福岡技建工業(本社:福岡市博多区、迫野譲二社長)が、佐賀県三養基郡みやき町で分譲地の販売を開始した。JR長崎本線「中原駅」から徒歩13分、学区は中原小学校・中原中学...

2020年07月08日 17:06

(株)ウィンコーポレーション(東京)/フードプロバイダー

 同社は7月3日、東京地裁より破産手続開始決定を受けた。

2020年07月08日 16:54

球磨川水害現地から 前代未聞の降水量~(株)味岡社長・味岡和國氏が水害と地域の本質を語る

 九州豪雨による死者が7日の時点で56名に達した。熊本県の球磨川およびその支流域で被害が深刻であり、人吉市18名、球磨村17名、芦北町10名、八代市4名、津奈木町1名...

2020年07月08日 16:44

【コロナ禍】文化芸術こそ「社会と生存の必需品」~劇団わらび座・山川社長大いに吠える

 新型コロナウイルスの感染がなかなか収束に向かわないなか、「劇団わらび座」が依然として苦境に立たされている。代表取締役・山川龍巳氏からメッセージ転載する...

pagetop