わらび座ミュージカル「ジパング青春記」特設ページ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年06月02日 07:00

東京に進出して35年-時代に振りまわされず、やるべきことをするのみ~手島建築設計事務所(4)

何があっても後ろを振り返えらず前に進んできた

町田市成瀬コミュニティセンター外観

 (株)手島建築設計事務所が東京で仕事を始めて35年になるが、新しい場所で事業を始めたことを苦労と感じたことは一度もないと代表取締役会長・手島博士氏はいう。

 新しい場所で事業を始めると、勝手がわからず慣れないことの連続だから、軌道に乗せるまでには時間がかかるものだ。取り組んだことが成功するときも失敗するときもあるが、過去を引きずると人は前に進めなくなる。

 だから、何があっても後ろを振り返らずに、失敗も人生の糧と感じて手島会長は前に進んできた。いまできることは何かを考えて、前だけを見て誠意をもって仕事をしてきたところ、だんだん結果がついてきたという。

東京オリンピック後の建設業界の景気はどうなる?

 建設業界では、いまの東京の好景気はバブルに似ているともいわれていて、東京オリンピックにむけて新しい建物をつくる仕事が多く、どの企業も忙しくしているという。しかし、いまの建設業界の好景気はバブル期と同じようにみえて、実はかなり違うと手島会長は考えている。

 今回の東京オリンピックが終わるとつくられる建物の数は減るが、バブルが崩壊したときのように建設業界の需要が急激に減り、多くの会社が倒産するようなことは起こらないと手島会長は予想している。

 バブル期は、投資用のビルやマンションがたくさん建てられていたが、いまは企業の予算やコンプライアンスも厳しくなり、バブル期のように何でもつくれる時代ではない。投資用の物件よりも、ニーズがあるビルやマンションがつくられる割合が増えたため、東京オリンピック後も建設業界への影響はそれほど大きくないという。

 もちろん、好景気の建設業界のなかにあっても時代の波に流されることなく、手島建築設計事務所は着実な姿勢で歩みを進めている。手島会長は業界やまわりの状況をみて一喜一憂するよりも、自社でやるべきことを実行するのみだと考えているからだ。

建物には社会を大きく変える力がある

 人はもっている器で、これからの可能性が決まると手島会長は考えている。どんなオフィスで仕事をして、どんな家に住むかは、企業経営や人の暮らしの将来を左右するということだ。

 たとえばオフィスなら、大きなオフィスをつくるとスタッフが仕事するスペースを広く取れる。聞いただけでは不思議な話だが、これまで事務所を引っ越してオフィスを大きくしてきた経験から、オフィスを広げると空きスペースができて、そのスペースに合わせて人が増え、仕事も増えたという。事業が広がるスケールとオフィスの規模は同じということだ。

 だから、何かを始めるときは、まずその場所となる器を決めることが大切だと手島会長はいう。大きなオフィスをつくることは将来の可能性を信じることで、そのビジョンがあるからこそ、チャンスが生まれて可能性が現実のものになる。逆にいうと、自分が信じる可能性を限定してしまうと人はそれを越えることはできないため、オフィスの規模より大きな事業は生まれないともいえる。

 建物には、社会を大きく変える力があると実感しているため、使う人や住む人のためになる建物を設計し、暮らしやすい社会をつくることが設計事務所の使命だと手島会長は考えている。

言葉で教えるよりも、仕事を見て感覚で覚えることや経験が人を育てる

 手島建築設計事務所は現在、東京本社に約20名、全国で約50名の社員が仕事をしている。建物の設計は、建物をつくる技術や知識を身につける専門的な仕事だが、どのように人材を育てているのだろうか。

 新しく社員が入社したときは、言葉で伝えるよりも現場で仕事を見せて、自分の感覚を使って仕事を覚えてもらっていると手島会長はいう。設計は、建物の“かたち”を決める仕事だ。“かたち”は言葉で伝えきれるものではなく、目で見て自分の感覚で気づき、初めてわかるものだ。だから、言葉で教えることよりも、見せて伝えることを大切にしているのではないだろうか。

 そして経験を積んで一人前の建築士になったら、1つのプロジクトを1人のスタッフに任せるようにしている。建物のプランを考える段階から、完成するまで、設計事務所の仕事のすべてを1人で担当するということだ。自分のプロジェクトをもつことで前向きに課題に取り組み、建築士として責任をもって仕事をする姿勢を身につけてほしいからだ。また、設計の仕事は、建物の部分的なデザインを決めることだけではなく、建物全体を見渡せる広い視点も必要だ。プロジェクトを1人で担当することで、それぞれの仕事のつながりが見えるようになり、建物全体としての設計のバランスがわかるようになると考えられる。

 設計の仕事は、本人のやる気次第で専門技術や知識をどれだけ自分のものにできるかが決まるという。プロジェクトの責任者として実際に自身で設計するという経験を通して、多くの技術やデザインのアイデアを学んでほしいと手島会長は考えている。

(つづく)
【取材・文・構成:石井 ゆかり】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

美談の裏で─ライオンズクラブ337-A地区と朝倉災害支援─(16)

 ライオンズクラブ(以下LC)337-A地区からの朝倉市立松末小学校体育館床改修工事の寄贈を巡って、これまで15回当サイトで連載してきた。

2019年12月07日 07:00

DEVNET INTERNATIONAL 世界本部 総裁に明川文保氏が就任!(2)

 ECOSOCは14の国連専門機関、機能委員会、そして5つの地域委員会の経済、社会および関連業務を調整する主要機関です。ECOSOC設立に関する、国連憲章の第10章第...

2019年12月07日 07:00

【事業継承の教訓】ザ・クイーンズヒルゴルフクラブ裁判から何を学ぶのか(中)

 吉川工務店(福岡市)のオーナーが西部ガスに会社を売却する決断をした(巷の評価では12億円内外)。絶好調の建設会社の環境も永遠に続かない。いずれ企業存続をするかどうか...

2019年12月06日 18:17

代表逮捕のガイナックスは生き残れるか

   アニメをはじめとする映像作品の企画から製作・販売までを手がける(株)ガイナックス。同社代表取締役の巻智博氏(50)が、5日、少女に対するわいせつ容疑で逮捕された...

2019年12月06日 17:05

たった10円の時給アップが大赤字を生む

 深刻な人手不足のなか、どの業界も人が集まらず、悲鳴をあげている。きつい仕事は敬遠され、「いかに楽をして稼ぐか」を仕事選びの条件にしている求職者が多いのも事実だ。

2019年12月06日 16:31

DEVNET INTERNATIONAL 世界本部 総裁に明川文保氏が就任!(1)

 国際連合主要機関の1つである国連経済社会理事会(ECOSOC)がカテゴリー1に認定するDEVNET INTERNATIONAL世界本部の総裁に、明川文保氏の就任が決...

2019年12月06日 15:00

厚生労働省公表の「ブラック企業」 11月29日発表 九州地区(福岡を除く)

 厚生労働省は17年5月から、労働基準関係法令に違反し書類送検された企業の一覧表をホームページに掲載している。

美談の裏で─ライオンズクラブ337-A地区と朝倉災害支援(15)~嘘が罷り通ることを許してよいのか!

 ライオンズクラブ(以下LC)337-A地区からの朝倉市立松末小学校体育館床改修工事の寄贈をめぐる疑問点の1つに、当時2017-18期のLC-337A地区と地区内に設...

2019年12月06日 13:32

【凡学一生のやさしい法律学】さくら疑獄事件(4)

 「総理大臣の犯罪」。この言葉で日本国民誰もが思い出すのが田中角栄元首相のロッキード事件だろう。いまだに理解に苦しむことは、事件の端緒がアメリカ議会公聴会での証言を基...

2019年12月06日 13:00

【事業継承の教訓】ザ・クイーンズヒルゴルフクラブ裁判から何を学ぶのか(前)

 マンション業界のドンであった田原學氏が難病ALS(筋萎縮性側索硬化症)を患い、長い闘病生活を経てこの世を去った。2017年3月7日のことである。この偉人の訃報が届い...

pagetop