• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年06月10日 07:00

【スーパーゼネコン18年度決算】オリンピック控え業績は最高水準(4)

中計・海外と非建設重視

 鹿島建設は売上高の約90%が建設事業、清水建設も同90%、大成建設は同92%、大林組は同95%、竹中工務店は同97%といずれも高い水準となっており、建設事業の付帯事業とはいえ、「非建設」のシェアを確立するのは簡単ではないだろう。

 しかし、とくに国内の建設市場は近い将来縮小し、ゼネコンは海外や非建設事業に舵を切らざるを得ない時期が来ることは間違いない。すでに大林組は4,675億円(19年3月期・海外建築、海外土木)、鹿島建設は4,559億円(同期・海外関係会社)の売上高を計上。鹿島建設は前期比272%の増益をはたし、大林組の海外事業も好調に推移。清水建設は上記2社にはおよばないが、555億円の海外完工高を同期に計上している。

 鹿島建設は「21年以降は非連続な経営環境」になることを予想しており、周辺事業や海外プロジェクトの増加などにより、国内建設事業以外の利益(当期利益)を中長期的には倍近くにまで高める方針をとった【鹿島グループ中期経営計画(中計)2018~2020】。

 大成建設についても、20年以降は海外市場の取り込みやM&Aにより事業規模2兆円を目指すとした【大成建設グループ中計2018~2020】。

 清水建設は23年までの5年間で不動産開発事業へ5,000億円を投じて、非建設事業の収益基盤を確立させていく戦略をとったほか、海外建設事業における収益力の強化も方針に掲げた【清水建設グループ中計2019~2023】。

 大林組は21年までの5年間で建設技術の研究開発や不動産賃貸事業(東京都心)、M&Aなどへ4,000億円を投資することを定めていた。創業130年を迎える同期の目標としていた売上高2兆円、営業利益1,500億円は19年3月期にすでに達成。開発事業や再生可能エネルギー事業など新領域事業を事業戦略に描いた【大林組グループ中計2015~2021】。

 竹中工務店も2025年を最終年とする【2025年の成長戦略】でステップ3の目標に「新たな事業領域にチャレンジし結果を出す」ことを据えた。中期経営計画では、5社とも「建設事業」以外に活路を見出そうとしていることが浮き彫りとなった。

 1兆円から2兆円の売上高を誇るスーパーゼネコンだが、売上高、利益ともに建設事業(完工高)がシェアの大半を占める。「我が世の春」を謳歌するスーパーゼネコンも現在はオリンピックを始め開発需要に支えられているが、基本路線としてはやはり海外市場に目を向ける以外に長期的な戦略は描きにくい。現状では大林組と鹿島建設が抜きん出ているとみられるものの、これからもアジアを中心に都市開発需要は高まっていくとみられる。成長市場のなかで、日本のスーパーゼネコンが頭角を現すことができるか、「我が世の春」だからこそ成長への布石が試されている。

(了)
【永上 隼人】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年08月15日 09:00

【8/15~31】福岡出身プロゴルファー小田孔明氏が豪雨災害復興チャリティー開催NEW!

 プロゴルファー小田孔明氏らは、令和2年7月豪雨の被災地のファンへの恩返し、復興支援の思いを込めて、チャリティーオークションを本日15日から31日までモバオクで開催す...

2020年08月15日 07:00

コロナ禍で苦境となったカプセルホテル、ナインアワーズが再生へ(後)NEW!

 ナインアワーズが再生を手がけるのは、東京、名古屋、大阪、福岡などの大都市圏で、かつターミナル駅徒歩数分の立地に限定している...

2020年08月15日 07:00

何が変わるのか?大阪市・水道管路更新コンセッション(後)NEW!

 市担当者は「受け皿となる民間事業者はある。ただ、業務量が膨大なため、単独の企業ではなく、複数企業から成るSPC(特別目的会社)を想定している」と話す...

2020年08月15日 07:00

「ウォーカブル」なまちづくりで神戸市は復活できるか?(4)NEW!

 神戸市の人口は、20年6月時点で151万人。阪神淡路大震災の影響により151万人から142万人まで減少したが、その後は回復を続け、2011年には154万人に達したも...

2020年08月14日 07:00

コロナ禍で苦境となったカプセルホテル、ナインアワーズが再生へ(前)

 「今年の春、カプセルホテルやビジネスホテル、民泊などの宿泊特化型施設の売上は昨年同月比で10%以下にとどまったところが多かった。ナインアワーズでは、カプセル内UV照...

2020年08月14日 07:00

何が変わるのか?大阪市・水道管路更新コンセッション(中)

 この状況を打破すべく、2017年から大阪市水道局は、当初の5年間で耐震性の低い鋳鉄管を集中的に更新した後、次の5年間でペースを倍化し、古いダクタイル鋳鉄管を更新する...

2020年08月14日 07:00

「ウォーカブル」なまちづくりで神戸市は復活できるか?(3)

 基本計画のもう1つの目玉が、都市再生事業(雲井通5丁目再開発)として進めるバスターミナルビルの建設だ...

2020年08月13日 07:00

何が変わるのか?大阪市・水道管路更新コンセッション(前)

 大阪市水道局は、配水管の耐震化促進のため、2018年12月に成立した改正水道法に基づく「コンセッション方式(※)」による管路更新(耐震管への取替え)事業を進めている...

2020年08月13日 07:00

「ウォーカブル」なまちづくりで神戸市は復活できるか?(2)

 15年、神戸市はようやく重い腰を上げた。同年、三宮駅周辺地区の再整備基本構想を策定し、18年には構想に基づいて『神戸三宮「えき≈まち空間」基本計画』をとりまとめ、駅...

2020年08月13日 07:00

オールラウンドなまち福岡・大橋~整備の歴史と今後の開発計画(4)

 今年5月末に「ダイキョーバリュー大橋店」が閉店したほか、6月10日には「ニューヨークストア大橋店」が閉店。エリア内から一気に2店のスーパーが姿を消した。その一方で...

pagetop