• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年06月17日 12:47

シェールガス革命による化学業界のパラダイムシフト(前)

日韓ビジネスコンサルタント 劉 明鎬 氏

 世界屈指の化学企業は、われ先にと米国南部のテキサスに化学原料の工場建設を進めている。日本の三菱ケミカル、シンテック、三井化学をはじめ、台湾のフォルモサ石油化学、フランスのトタル、サウジアラビアのSABIC(サウジアラビア基礎産業公社)などは、米国にエチレンの生産拠点をつくっている。もちろん韓国のロッテケミカル、大林産業もご多分に漏れない。

 その理由として現在、米国ではシェールガス革命が進行中で、その結果、化学製品の原料コストが大幅にダウンし、各国の化学企業はその恩恵にあずかるため米国に生産拠点をつくっているわけである。現在、アメリカではシェールガスの生産拡大により、エネルギ―の自給問題を解決しただけでなく、米国の製造業の成長をけん引する最も強力なエンジンになろうとしている。

 製造業のなかでも、化学業界はシェールガス革命の影響を最も受けている産業の1つではないだろうか。化学業界以外にも、直接的にシェールガス拡大の影響を受けている産業は、掘削に必要な設備など、インフラと関連した産業である。

 米国で発生しているシェールガス開発の拡大は、結果的に天然ガス価格の下落をもたらし、それは最終的に化学原料の生産などをしている企業に大きなビジネスチャンスを生じさせている。まさにシェールガス発の第2の化学革命が2010年頃から米国で起きつつある。

 実は2000年代は米国の化学企業にとって、大変な時期であった。生産過剰の状況で、アジア企業の価格攻勢が加わり、米国の化学工場は閉鎖に追い込まれるような状況だった。そのような状況下、米国の一部の化学企業は工場を中東やアジアに移すことで、工場の閉鎖を何とか免れた。しかし、2008年に世界金融危機が発生し、市況の悪化に追い打ちをかけることとなり、米国の化学企業は崖っぷちに立たされるようになった。

 世界最大手の化学会社であるダウケミカルは、この時期に6つの工場を閉鎖し、5,000名の従業員を解雇することになる。しかし、シェールガス革命は、原料であるガス価格の低下をもたらし、それは結果的に製造コストの大幅なダウンと国際競争力の向上を実現させた。

 今回はシェールガス革命で原料価格が下落し、それによって、化学業界にどのようなパラダイムシフトが起きているのかについて取り上げてみよう。

 以前は採掘ができなかったが、技術開発が進むことによって採掘が可能になったシェールガスには、エタン、メタン、プロパンなどが含まれている。エタン、プロパンなどは化学製品の原料として利用されているが、エタンを分解すると、だいたい30%ほどのエチレンが生産される。多くの化学製品の原料となるエチレンを格安につくるために、米国では大規模なエチレン生産設備の建設計画が活発に進んでいる。米国に工場建設が進められるもう1つの理由としては、原料価格の低下以外にも、トランプ政権の法人税率の引き下げがある。35%だった法人税は21%に大幅に下げられているし、電気料金も徐々に下がっていて、米国での工場運営のメリットが増しているわけである。

(つづく)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年07月18日 09:49

山本太郎氏と石垣のりこ氏が消費税廃止で共闘~仙台NEW!

 「れいわ新選組」から参議院比例代表に立候補する山本太郎氏(44)が17日、立憲民主党公認で宮城選挙区から立候補する石垣のりこ(44)氏の応援に仙台市内に入り、「枝野...

2019年07月18日 09:11

トラブル頻発が表面化した産廃業者(4)契約単価をめぐる対立NEW!

 大分市の産廃処分場運営の(株)大分大和(同市片島、根本学代表)がここ数年間で過去の取引先を相手に訴訟を頻発させている。トラブルの要因を見ていくと、経営者の交代がその...

2019年07月18日 07:00

なぜグランドメゾンは福岡で圧倒的ブランドなのか(後)NEW!

 グランドメゾンの特徴はその外構にあるといっても過言ではない。植栽などで深く覆われた外観は、歩行者からは一見してマンションに見えない場合もあるほどだ。たとえば百道浜O...

2019年07月17日 18:05

廃棄物のグレーゾーン「アミシタ」はどこに消えているのか

 「多くの中間処理施設では、どうしてもアミシタが発生するが、実際に管理型処分場にもち込む業者は少ない。一体どこに消えているのか」――そう話すのは、福岡県内の産廃処理業...

2019年07月17日 17:43

異色の芸術家・中島淳一氏の魅惑のアクセサリー ~エドマッチョ 福岡PARCO本店

 福岡を拠点に、絵画や演劇など幅広い芸術活動を行っている異色の芸術家・中島淳一氏。同氏が描いた本物の絵画を樹脂でとじ込めた魅惑のアクセサリー「La Monus」が、福...

2019年07月17日 16:11

IR環境アセスメントへの無知 実行計画は大幅な遅れの可能性あり

 前回、長崎ハウステンボス(HTB)へのIR Project=カジノを含む統合型リゾート施設誘致に関連して、過去の巨額な投資での開業から、現在に至る度重なる崩壊の歴史...

2019年07月17日 14:33

スマホオーダー「スマホdeくら」導入開始 福岡は8月下旬から

 回転すしチェーン「無添くら寿司」を全国に展開するくら寿司(株)(本社:大阪府堺市、田中邦彦社長)は16日、スマートフォンを活用した新サービス「スマホdeくら」を「新...

2019年07月17日 12:05

北九州の台所・旦過市場 再整備でどう生まれ変わる?(前)

 「安い、新鮮、うまい」を合言葉に、100年にわたって北九州地元住民とともに歩み続けてきた旦過市場。2020年度の再整備事業着手に向け、市場関係者などによる詰めの議論...

2019年07月17日 12:00

まもなく町制施行100周年 次なる100年に向けた“子安のまちづくり”

 来たる100周年の記念事業としては、記念式典の開催や町史の編纂などを予定しております。町史については、実は前回編纂したのが1975年で、すでに40年以上が経過してし...

2019年07月17日 11:55

アイランドシティ 開発の現状を探る(前)

 1994年の埋立て開始から25年、いまだ開発が進むアイランドシティ。国が704億円、福岡市が2,591億円、博多港開発(株)が645億円を支出する総事業費3,940...

pagetop