えんHDがホテル参入 マンションの強みを生かせるか
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年07月02日 14:10

えんHDがホテル参入 マンションの強みを生かせるか

ホテルは自社運営

 10年以上にわたって福岡県内の分譲マンション販売戸数ナンバーワンを誇る、(株)えんホールディングスグループ(以下、えんHDグループ)。2000年1月に自社ブランド・エンクレスト1棟目となる地上10階建・総戸数56戸の「エンクレスト西公園」を供給。その後は右肩上がりで供給戸数を増やし、近年では年間500戸のペースで供給を続けてきた。

 管理戸数の増加にともなって賃貸・建物管理などの管理部門の重要性が高まり、収益面でもその存在感を増してきた。これまで販売から管理、流通まで一元的に運営してきたが、この管理部門の強みをさらに生かすべく、16年7月に会社分割によるグループ体制へ移行。

 商号を(株)えんホールディングスへ変更するとともに、(株)えん、(株)えん賃貸管理、(株)えん建物管理、(株)えんコーポレーション、(株)えんシステムなど、各事業部をそれぞれグループ会社にしていった。その後もグループ会社は増加し、学術集会や医学会などの企画立案から事後処理までを手がける(株)えんコンベンションサービス、資産管理会社の(株)えんインベストメントジャパンなどを相次いで設立。なかでも注目したいのが、18年7月に設立された(株)えんホテルトラッド。その名の通り、ホテルのオペレーションを手がけるグループ会社だ。

 そのホテル運営第1号となるのが、福岡市博多区住吉で開発中の「ホテルトラッド博多」。ホテル名に“高貴”や“伝統”といった意味をもつ「トラッド」を冠したこのホテルは、2020年6月の竣工と同年7月の開業を予定。建物は12階建てで、1階部分にはホテルフロントやオフィスのエントランスが設けられるほか、レストランやコンビニエンスストアが入居する予定。2~3階部分は、えんHDグループのオフィスとなり、えんHDを始めとしたグループ会社は、建物竣工後にオフィスを現在の福岡市中央区から移転する。4~12階部分がホテル客室フロアとなっており、ツイン121室を始めとした全209室を備える。

新規事業のメリット

 えんHDグループとして初となるマンション以外の開発プロジェクトについて、同社の金内常務は次のように意気込みを語る。

 「数フロアにまたがっている現在のオフィスをワンフロアにまとめ、社内の風通しの良さを継続発展させることを目的に、本社移転を決断しました。また、ホテルを開発することで、これまで得られなかった知見を積んでいることを実感しています。たとえば、建物に使われる建築資材や色味などは、これまでのようなマンション開発だけでは、知る機会もなかったでしょう。また、ホテルの運営も自社で手がけることになりますので、これまでのお客さまとはまた違った対応が求められます。この効果は得難い経験となり、マンション開発や販売・管理にも、必ず生きてくると確信しています」(金内常務)。

 えんHDグループの新オフィスは、これまでよりも広くなることを生かし、従業員への福利厚生の一環として、従業員同士の交流を深めるためのスペースなども設けられる。ホテルにおいては、自社運営としたことでホテル支配人候補の経験者をすでに採用。また、周辺住民やビジネスマンに向けてもホテル内のレストランでの朝食提供を企画するほか、20m2から50m2と広めの客室や、客室を隔てる壁の厚さ、博多駅からの無料バスの導入、エンクレスト以上に力を入れた植栽など、えんHDグループの“トラッド博多らしさ”のポイントが随所に見られるホテルになる予定だ。

 「壁を厚く、部屋を広くというのは、これまでのマンション開発から学んだ部分ですが、これは居心地の良い部屋に必要不可欠なポイントです。また、本社が同じ建物内にあるという緊張感を生かし、ホテルサービスも徹底していくつもりです。格安ホテルではありませんが、出張や旅行などで幅広い層の方にご利用いただきたいと思っていますし、泊まっていただいた方から『また泊まりたい』と思っていただけるようなホテルにしたいですね」(金内常務)。

 来年6月には、7月のオープンに向けた試泊が始まる。マンション販売で県下ナンバーワンをキープし続けてきたえんHDグループの新たなチャレンジが、いよいよ幕を開けようとしている。

「ホテルトラッド博多」(ビル名:えん博多ビル)計画概要
構造:鉄骨造12階建て
1F:オフィスエントランス、ホテルエントランス、フロント、
ロビー、レストラン、コンビニエンスストア
2~3F:オフィス 2,529.07m2(共用465.07m2・専用2,064m2
4~12F:ホテル客室 209室(W77室、T121室、Tr8室、DT3室)
駐車場:42台(機械式40台・平置き2台)
駐輪場:41台
建物竣工予定:2020年6月末
オフィス移転:2020年5月初旬(予定)
ホテル開業予定:2020年7月
延床面積:1万1,355.35m2
建築面積:1,480.82m2
敷地面積:2,315.59m2
建築主:(株)えんホールディングス
設計者:(株)梓設計九州支社
施工者:(株)福田組九州支店

<Company Information>
(株)えんホールディングス

代表:原田透
所在地:福岡市中央区大名2-8-22天神偕成ビル6F
設立:1989年11月
資本金:1億円
TEL:092-751-8522
URL:https://www.en-hd.jp

キーワードタグ:えんHD  ※記事へのご意見はこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年11月26日 13:23

ダイナム、パチンコ事業は287億円の減収NEW!

 (株)ダイナムジャパンホールディングスは、25日、2021年3月期の中間決算を発表した。当期のパチンコ事業収入は、前年同期比で287億1,500万円の減収となる45...

2020年11月26日 13:10

未回収となった工事代金5.7億円をめぐり、JR九州子会社が前社長を提訴NEW!

 JR九州(東証一部)の子会社・JR九州住宅(株)が、前社長・松尾純一氏を訴えていたことがわかった。発端となったのは、エステート・ワン(株)からの工事受注...

2020年11月26日 12:12

アメリカ大統領選挙後の世界秩序を模索する!(2)NEW!

 下記2名が「岡倉天心記念賞」の受賞者として選出された...

2020年11月26日 10:30

【企業研究】ロイヤルホールディングス~コロナ禍で飛行機が飛ばず、創業事業の機内食事業が壊滅的な打撃!(3)NEW!

 ロイヤルHDは、何ごとも業界に先駈けて実施してきた。それは、創業者の(故)江頭匡一(えがしら・きょういち)氏の遺伝子である。江頭氏は1923年3月25日、福岡県三潴...

2020年11月26日 10:00

【凡学一生のやさしい法律学】詭弁の論理学(1)NEW!

 日本社会は崩壊の危機に瀕している。しかし一見すると、高度の科学や文芸をもち、大量消費生活を謳歌する大多数の国民は、日本の文明が崩壊の危機に瀕しているなど夢にも思って...

2020年11月26日 09:46

2020年マックス忘年会~万全の感染対策を講じて開催NEW!

 データ・マックスは11月24日、ホテルオークラ福岡で「2020年マックス忘年会」を開催した...

2020年11月26日 08:59

オンライン結婚式という選択、ディライトの取り組みNEW!

 奈良を拠点に、結婚式場やレストランの運営などを手がけるディライト(株)。同社は、コロナ禍で求められる「ニューノーマル」に対応したサービスとして、『オンライン結婚式』...

孤独と向き合い、撃退するための文化芸術

 「良い意味での宗教と文化芸術でしか、もう人間は救えないのかもしれない」とおっしゃるドクターに出会ったのが30歳のころでした。「人間にとって最大の病は何ですか?」と質...

グローバリズムの次のステージに コロナで激変・移行する世界

 現在、新型コロナ蔓延による影響で、国内外のさまざまな動きがストップ、もしくは停滞しているような状況です。そうしたなかで我々建築家が今何をすべきかを考えたとき...

2020年11月25日 16:42

【凡学一生の優しい法律学】熊本典道元裁判官の死

 筆者は幼少のころ、たびたび小銭を握って闇米買いの小使いをさせられた。その度「闇米などの違法な米を食することはできない」として餓死した裁判官の話を父から聞かされた...

pagetop