• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年07月22日 09:56

アスクルとヤフー、個人向け通販「ロハコ」をめぐり対立 ソフトバンクの子会社化で「ヤフーが変わった」(前)

 オフィス用品大手アスクルと、同社株の45.13%を保有する筆頭株主であるIT大手ヤフーが、アスクルがもつ個人向けインターネット通販事業「LOHACO(ロハコ)」をめぐって対立している。8月2日に開催されるアスクルの株主総会で、ヤフーはアスクルの岩田彰一郞社長の退任を要求した。両社はどこでボタンを掛け間違えたのか。

ロハコの物流センターの大火災が躓きの石

 「アスクルの成長事業が乗っ取られる」。7月18日に開かれたアスクルの記者会見で、岩田彰一郞社長からは強烈な言葉が飛び出した。ヤフーにロハコ事業の譲渡と退陣を突き付けられた岩田社長は、ヤフーを強く批判した。

 岩田社長はアスクルの創業者だ。1950年8月生まれの68歳。慶應義塾大学商学部を卒業。ライオン油脂(現・ライオン)を経て86年に事務用品メーカーのプラスに転職。93年オフィス用品通販のアスクル事業部の開始にともない、アスクル事業部長。97年4月、プラスよりアスクル事業の営業譲渡を受け、アスクルを設立、岩田氏は社長に就いた。

 アスクルとヤフーは12年4月、資本・業務提携を結び、アスクルは個人向け通販「ロハコ事業」を始めた。アスクルはヤフーからの出資金などを基に200億円を注いだ東日本エリアの物流センターでつまずいた。両社の提携の象徴である埼玉県の物流センターが17年2月に火災を起こして、個人向け通販が一時中断に追い込まれた。

 アスクルは、オフィス向け通販「アスクル」と個人向け通販「ロハコ」が2本柱の通販会社。19年5月期連結決算は、売上高が3,874億円(前年同期比7.5%増)、営業利益が45億円(7.8%増)と増収増益。しかし、物流センターの減損損失などで、純利益は4億3,400万円(90.7%減)と大幅に低下した。中でもロハコ事業は14年5月期から赤字が続いており、19年5月期には92億円の赤字となった。

 19年1月、ヤフーがアスクルにロハコの事業譲渡を提案した。加えて、アスクルの11.63%をもつ2位株主で、同社を生み落としたプラスが、赤字のロハコ事業を切り離して、法人向けに特化することを求めた。だが、岩田氏は「個人向け事業は成長の柱になる」として、ロハコ事業のヤフーへの譲渡を拒否。そのため、筆頭株主のヤフーと2位のプラスが、株主総会で岩田氏の再任を拒否する騒動に発展した。

ヤフーの経営体制が変わった

 それにしても、良好な関係にあった両社が、どうして敵対するようになったのか。

〈「向こう(ヤフー)の経営が変わってから、関係が変わった」。岩田氏は、良好だったヤフーとの関係が悪化した経緯についてそう口にした。両社の提携はヤフーの宮坂学前社長のもとで始まった。岩田氏は「(宮坂氏と)会った瞬間に信頼できると思ったし、一緒にずっとやってこられた」と説明した。〉(朝日新聞7月19日付朝刊)

 18年6月、ヤフーの社長は宮坂氏から川辺健太郎氏に交代。さらに、今年6月に、ソフトバンクグループから通信子会社ソフトバンクに親会社が交代し、ヤフーの経営体制が大きく変わった。ヤフーに対するソフトバンクの影響力が強まった。

 〈岩田氏は、一連の事態にソフトバンク側の意向が働いているかと問われ、「正直わからないが、(取締役会にソフトバンクの出身者がいる)ヤフーのカバナンスの構造からいってもも、すべての意思決定を川辺さんがなさったのか」述べ、ヤフーだけの意向ではないとの見方をにじませた。〉(同上朝日新聞)

 この指摘は納得できる。ソフトバンクグループは、この半年余で劇的に変化したからだ。

(つづく)
【森村 和男】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年02月24日 07:00

日本発の「折紙工学」産業化に向けて離陸へ(4)NEW!

 萩原氏は1996年、東京工業大学教授に転じた。日産時代はアメリカの安全基準をクリアすることに精一杯だったが、「外に出てみて振り返って考えたときに、改めて衝突について...

2020年02月24日 07:00

【業界ウォッチ】第54回スーパーマーケット・トレードショー2020~Future Store “Now”NEW!

 幕張メッセにおいて2月12日~14日、スーパーマーケットを中心とする流通業界に最新情報を発信する商談展示会「第54回スーパーマーケット・トレードショー2020」が開...

2020年02月23日 07:00

日本発の「折紙工学」産業化に向けて離陸へ(3)

 こうした製品化への応用が進む折紙工学だが、萩原氏が折紙工学の研究に向かうきっかけは自動車の衝突対策であった。萩原氏は1972年、工学系の修士課程を終えて日産自動車(...

2020年02月23日 07:00

コンビニ業界大激変時代~月刊コンビニ 編集委員 梅澤 聡 氏(6)

 セブン-イレブンは、従業員の作業時間と作業量の削減を目的とした省人化の実験を19年7月「セブン-イレブン町田玉川学園5丁目店」(東京・町田市)でスタート、同年12月...

2020年02月22日 07:00

日本発の「折紙工学」産業化に向けて離陸へ(2)

 折紙工学を基に実用化された製品も登場してきている。萩原氏は、衛生用品の大手メーカー、ユニ・チャーム(株)と共同で、平面の紙を立体的に表現する「折紙工学」を応用してフ...

2020年02月22日 07:00

コンビニ業界大激変時代~月刊コンビニ 編集委員 梅澤 聡 氏(5)

 チェーン本部がいま最も腐心するのが、店舗運営におけるコスト削減である。納品時の検品レスやスライド棚による作業軽減、食器洗い機の導入、カウンターフーズのセルフ販売、発...

2020年02月21日 17:23

【熊本】動き始めた熊本空港アクセス鉄道~熊本地震が“追い風”

 熊本県で長年懸案になっていた熊本市街地と熊本空港を短時間で結ぶアクセス交通の整備計画が動き始めた。2016年4月の熊本地震への復興支援が“追い風”になり、定時輸送で...

2020年02月21日 16:56

『第10回日本山岳遺産サミット』に参加して

 「第10回日本山岳遺産サミット」が2月15日(土)、東京都千代田区一ツ橋にある一橋大学講堂で開催された。日本山岳遺産サミットとは、2019年度の日本山岳遺産認定地の...

2020年02月21日 16:28

通期予想、達成厳しいイズミ、MV九州、ナフコ~主要6社、1月末現在の売上高進捗状況

 2、3月期決算まで残すところ1~2カ月を切った。そこで月次売上増減率を公表している6社を対象に1月末現在の売上高の進捗状況を調べた。

2020年02月21日 15:00

厚生労働省公表の「ブラック企業」2月18日発表 福岡労働局分

 厚生労働省は17年5月から、労働基準関係法令に違反し書類送検された企業の一覧表をホームページに掲載している。

pagetop