2022年06月29日( 水 )
by データ・マックス

西鉄史上最高級のラグジュアリーバスで行く、上質かつ特別なバスツアー「GRANDAYS」が今秋始動

 西日本鉄道(株)(以下、西鉄)では、新たに上質かつ特別なバスツアーブランド「GRANDAYS(グランデイズ)」を立ち上げ、今年10月からスタートする。

 「GRANDAYS」が掲げるコンセプトは「いまだかつてない壮大で優雅なバスの旅」で、グループ会社の西鉄旅行(株)を始め、(株)VISIT九州、IMD ALLIANCE(株)、イデアパートナーズ(株)の企業4社と提携。高級旅館への宿泊や趣向を凝らした料理だけでなく、九州・山口エリアの“知られざる”“特別な”“その地域ならでは”の体験ができる、通常では味わえない旅を企画していく。提供する各ツアーの詳細についてはまだ公開されていないが、日帰りツアーで3万円台からを予定している。

 「単なる高級ではなく、普段は立ち入ることのできないスポットからの絶景鑑賞や、ツアー限定の出張レストランでの食事などの“特別感”こそがこのツアーの一番の魅力」(西鉄・広報担当者)という。

 ツアーに使用するバスは“西鉄史上最高級のラグジュアリーバス”を謳い、「One-Seat HOTEL」をコンセプトに、既存の高速バス車両を約6,000万円かけて改造したもの。1台に12席(2名掛けシート×6裂)を設け、壁面・収納スペースには大川家具、座席には高級本革を使用したドイツ直輸入のシートを採用し、ホテルのようにくつろげる上質な空間を演出する。

 「GRANDAYS」のホームページは今年8月に開設予定で、各ツアーの詳細が決定次第、順次公開および予約を受け付けていく。

【坂田 憲治】

関連キーワード

関連記事