わらび座ミュージカル「ジパング青春記」特設ページ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年08月20日 11:43

「地主は承諾」虚偽情報用い、テナント退去迫るJ社~柳橋連合市場

 「博多の台所」と呼ばれる柳橋連合市場(福岡市中央区春吉1丁目)において、同市場内に福岡支店を置き不動産開発を手がける「(株)ジョイフルコーポレーション」(東京都町田市)が市場内のテナントに対し、立ち退きに合意させるため虚偽情報を流布するなど不適切な行為を繰り返していたことが関係者への取材で判明した。

 同社はテナントの店主らに対し、「地権者(A社)から土地売買の承諾を得ている」「A社から土地を取得することになった」というニセの話をしながら、立ち退きを要求したうえで、店主らの許可なく店舗に入り込み、建物の測量を行っていたことも確認された。また、店主らに退去を約束する合意書にサインするよう迫ったという。

 しかしA社関係者によると、「ジョイフル社に土地を譲渡したこともなく、その予定もない。売買の承諾をした事実もない」とジョイフル社の発言を完全に否定している。

 ジョイフル社から立ち退きの説明を受けたというテナントは「後で地主からジョイフル社の発言が虚偽であるという説明を受けた。こういうやり方はよろしくないと思う。追い込んで交渉を有利に進めるためだろうが、不動産に関して我々は素人。言いなりになっていた」と話している。

※合意書添付(クリックで拡大)

 テナントが大家(地権者)に事実確認をして、虚偽情報と判明。ジョイフル社の行為実態を把握したA社は、6月に各テナントに対し、「ジョイフル社の発言に惑わされることのないように」との注意喚起の文書を送付していた。

※注意喚起文書添付(クリックで拡大)

 「テナントとの信頼関係が傷つけられた」――事態を重くみたA社は7月、弁護士を通じジョイフル社に対し、判明した一連の行為をやめるように警告文を通知。警告を無視した場合、法的措置を取るとしている。

 取材に応じたA社関係者は「テナントから苦情や問い合わせが相次ぎ、業務に支障が出ている。今後もジョイフル社と土地譲渡に関する協議を進めるつもりはない」とコメント。

 同社はすでに市場内に建設中のマンション開発や来年1月着工が予定されている「(仮)渡辺通りホテルPRJ」建設にも関与しているが、今回発覚した地上げ行為は第2ホテルの開発にむけてのものとみられる。前述の「(仮)渡辺通りホテルPRJ」建築主である(株)大京はジョイフル社の一連の行為について、「第2ホテルの事業は聞いているが、指摘されるような内容の行為は聞いていない。第2ホテルでは、当社は関与していない」と話している。

【東城 洋平】

▼関連リンク
柳橋ホテル計画 看板から事業者の名前消える
柳橋連合市場の新築ホテル計画、概要判明

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年01月20日 10:19

筑邦銀行がSBIホールディングスと資本業務提携(前)NEW!

 第一地銀の筑邦銀行(福岡県久留米市)は1月17日、、ネットで証券・銀行・保険業務を幅広く手がけているSBIホールディングス(以下、SBIHD)と、地方創生を目的とし...

2020年01月20日 08:53

オフィスランドが「第2回大文具まつり」~3月20、21日北九州市小倉北区でNEW!

 大平紙業グループの文具専門店、オフィスランドは3月20日(金)~21日(土)、北九州市小倉北区の西日本展示場で「第2回大文具まつり」を開く。

2020年01月20日 07:00

多くの大手ハウスメーカーとスクラムを組み月間1,000棟を手がける九州トップの足場会社NEW!

 「BIKE MEN style」(ビケメンスタイル)。筋骨隆々の若者が表紙を飾るどこかのマニアックな情報誌かと思えば、それは意外にも(株)ダイワが制作した雑誌スタイ...

2020年01月20日 07:00

愛され続けて36年 不動産のプロとして顧客をサポートNEW!

 イタリア由来のデザイン、最新の住設備を取り入れた自社ブランドマンション「モントーレ」シリーズで好評を得ている西武ハウス(株)。その始まりは1983年8月に現代表の豊...

2020年01月20日 07:00

汗を流して挑戦し、短期間で急成長 アジアの物流網を駆使し事業領域拡大へNEW!

 福岡ロジテム(株)は2005年、東京の上場物流企業である日本ロジテム(株)と福岡のコバヤシライン(株)が九州エリアの強化を目的に共同で設立した。代表取締役社長を務め...

2020年01月19日 07:30

博多の食文化を次代に伝える役割を担い魚の熟成で新たな調理法の確立に挑む

 福岡の食文化に多大な貢献をはたしてきた「日本料理 てら岡」の会長・寺岡直彦氏が博多で創業したのは1976年9月、43年前のことである。わずか27坪で始めた店は、玄界...

2020年01月19日 07:00

顧客の要望に応え続けて事業領域を拡大 自律型社員を育成し、さらなる成長を目指す

 ソリューションは2000年2月、社名のごとく「お客さまの課題や問題の解決をすること」を事業目的に掲げ創業、来年で20周年を迎える。当初は、ビジネスフォンや複合機、電...

2020年01月19日 07:00

地域活性化を支える企画力と実行力

 志水建設は、北九州市を中心に、福岡県全域と山口県を営業エリアとして活動を展開している総合建設業者だ。拠点を北九州市の中心区である小倉北区と、福岡市屈指の商業地域であ...

2020年01月18日 07:00

理念と価値観を共感する仲間とともに 「街と人が輝く社会」を目指す

 一般電気工事から交通信号機設置工事、空調設備工事、電気通信工事まで幅広い事業を手がける第一電建(株)は2020年に50期目を迎える。同社は1971年6月に住宅、ビル...

2020年01月18日 07:00

地場で一番きれいな工事現場で地域活性化に貢献する

 スエナガは、2015年1月に設立された総合建設会社である。同社の代表取締役・出口洋一氏は、34年間、地場建設業の(株)末永工務店に勤務。一貫して技術畑を歩み、常務取...

pagetop