• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年08月21日 21:19

【ホークス速報】継投失敗、序盤のリードを守れず大量失点

ホークス4-14オリックス

 福岡ソフトバンクホークスは21日、オリックス・バファローズと対戦し、4-14で敗れた。待ち望んだ柳田の復帰戦を勝利で飾りたいホークスだったが、投手陣が総崩れとなり期待に応えることができなかった。

 4月7日のロッテ戦の「左半膜様筋腱(けん)損傷」から約4カ月ぶりに1軍復帰した柳田は2番・指名打者で出場。復帰初打席はレフト前ヒットを放ち、復帰を心待ちにしていたホークスファンの期待に応えた。続く内川が柳田の復帰を祝う2ランホームランを放つなど初回に3点を先制したホークス打線。

 ホークス先発・高橋礼はランナーを抱えながらも5回2失点だったが、6回に4番ロメロ、5番モヤにセンター前にヒットを打たれ、続く6番後藤の送りバントにより1死2、3塁のピンチを招き降板する。高橋礼に代わり登板した嘉弥真は代打・中川をショートゴロに抑えたが、その後ホークス投手陣営は大きく崩れる。嘉弥真に代わった松田遼が8番・安達に同点タイムリーツーベース、続く若月から逆転タイムリーを打たれ4-5。

 その後も後続・高橋純が7回に7番・小田から3ランホームランを打たれるなど4失点、その後も8回に奥村が4失点、さらに今季初登板となった岩嵜が9回に1失点し4-14で敗れた。

【麓 由哉】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

pagetop