• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年09月06日 18:00

【日韓問題・インバウンドへの影響】市内繁華街周辺 観光地柳川市の今(後)

福岡県柳川市~例年同時期と比べ約半分に

 柳川市の観光課観光推進係の担当職員は、「2018年度はおよそ23万人の外国人観光客が訪れました。このうち韓国人観光客の割合は50.9%(約11万7,000人)と半分以上を占めています。3年前くらいまでは圧倒的に台湾人観光客が多かったのですが、ここ2年で韓国人観光客の割合が急激に伸びていました」と話す。

 今年度については「まだ情報収集の段階である」としたうえで、この時期に訪れる韓国人観光客については、日韓関係悪化にともない、「例年の同時期と比べると利用は約半分に減っている」と話した。減少の傾向が見られたのは7月ごろ、日韓関係悪化が顕在化し、頻繁に報道が出始めたころとしている。

 市内観光業界への影響については、「市内で宿泊する観光客があまり見受けられないため、観光消費額全体でみると大幅な落ち込みはない」としつつ、「韓国人観光客がこれまで団体ツアーを利用して柳川市を訪れる場合、川下り後に近隣店舗で食事をして次の場所に移動するという『通過型』あるいは『日帰り型』がメインでしたが、ツアー客自体が減っていることから、川下りの利用も当然落ち込んでいると思います」と述べた。

 市は現在、韓国以外のアジア諸国へのPR、近日中に開催が予定されているラグビーワールドカップを前に、欧米諸国へのアプローチを強化しようとしているとのことだ。

団体ツアー客の利用は“ほぼゼロ”

 記者は週末を利用して福岡県柳川市を訪れたが、土日であるにもかかわらず、やや閑散としている印象を受けた。市内随一の観光スポットである「柳川藩主立花邸 御花」周辺の人通りはまばら。取材中、韓国人と思われる人に出会ったのは10人にも満たなかった。

 観光案内所の職員によると、「例年この時期、国内外問わず観光客は少なくなる傾向にある」とのことだが、韓国からの観光客は確実に減っているという。

 市内で川下りを行っている主要な会社のうち、最も古くから川下りを行っているというY社は、「例年この時期(夏期)は1年のなかでも利用客が減る傾向にあります」と前置きをしたうえで、「当社の場合、もともと個人で利用されるお客さまが多いので、今のところ大きな影響は出ておりませんが、それでも韓国人を見かける機会は減った気がします」と答えた。

 D社は、「うちの場合はツアー客がメイン。30分のショートコースがあり、海外のツアー客が利用されるのですが、韓国人観光客の利用は、ほぼ“ゼロ”。日韓関係が悪化する前の予約はぽつぽつありますが、それ以降の予約はありません」と答えた。S社は個人、団体双方の利用があるとのことだが、「個人での利用はあるが団体の利用はほぼゼロ」と答え、J社は、「利用もそうですが、市内を歩く韓国人はほとんど見かけなくなりましたね」と答えた。

 D社のような団体客をメインに受け入れる会社の場合、多い時には土日祝日に20~30人乗りの貸切バスが15台程度訪れ、船頭が1日当たり4、5回程度川下りを周るとのこと。しかし今は韓国人の団体ツアー客が訪れなくなり、川下りは多くて1日1、2回程度、それも中国や台湾など、韓国以外のアジア諸国からの観光客だという。

 現地で乗船の案内をしているD社の従業員は、「例年この時期は売上が落ち込むなか、今年はもともと多かった韓国人旅行客が減り、さらに厳しいと思います。会社も厳しいと思いますが、現場で舟を漕ぐ船頭の場合は、給与が乗船1回あたりいくらという日当で支給されるため、今は彼らにとっても生計的に厳しいといえるでしょう」と答えてくれた。

(了)
【長谷川 大輔】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年08月11日 07:00

「他社がやらないことをやる」~芝浦グループ、新本社ビル建設へ(前)NEW!

 芝浦グループを統括する芝浦GHDと、新本社ビル建設を担うグループの中核企業・芝浦建設(株)のそれぞれのトップに話を聞いた...

2020年08月11日 07:00

オールラウンドなまち福岡・大橋~整備の歴史と今後の開発計画(2)NEW!

 戦後の大橋は、福岡市の人口が急増して都心部などで開発が進むにつれて、天神に近いという立地と、西鉄大牟田線や複数の主要幹線道路が通る交通利便性の高さから、急速に市街化...

2020年08月11日 07:00

官民共同事業で存在感、北九州の住宅団体・北住協(後)NEW!

 現在、北九州市では、少子高齢化による人口減少が顕著となっている。そのため市は、開発よりも福祉へと大きく舵を切っており、その影響もあって、市と北住協との共同事業も、2...

2020年08月10日 07:00

地場総合建設業としての使命

 創業118年の老舗企業(株)未来図建設。同社は地場総合建設業として、中高層ビル・マンションをはじめ、医療・福祉関連・物流・商業および公共施設、ガソリンスタンド、戸建...

2020年08月10日 07:00

増収企業5割超す~2019年度九州流通企業決算

 データ・マックスが集計した九州主要流通企業の2019年度決算によると、前年度との比較可能な42社中、増収は22社で減収の20社を上回った...

2020年08月09日 07:00

相次ぐマンションの設計偽装

 構造設計一級建築士の仲盛昭二氏は、発覚が相次ぐ耐震偽装マンションに関し、マンション販売会社・設計事務所・行政に対して質問書を送付した。なぜ、この時期に仲盛氏が耐震偽...

2020年08月09日 07:00

復活の道が見えない日産自動車の研究(2)

 指名委員会の次なる仕事は、代表執行役の選任。指名委員会は2019年10月8日、西川氏の後任の社長兼CEOに内田誠・専務執行役員を起用すると発表した...

2020年08月09日 07:00

2019年度九州流通企業売上高ベスト10~4位までの順位は昨年度と変わらず

 2019年度の九州流通企業売上高ベスト10が決まった...

2020年08月08日 07:00

経営者が考えておくべきハラスメント対策とは

 新型コロナウイルス関連の報道に埋もれた感じがありますが、今年6月からいわゆる「パワハラ防止法」(労働施策総合推進法の改正)が施行されました...

2020年08月08日 07:00

生まれ変わった交流拠点、糸島ファームハウス「UOVO」(後)

 UOVOではファミリー層向けに、子どもが遊べるようにと芝生スペースも整備中。日射しの強い夏は、散水用のスプリンクラーがそのまま“涼”を感じられるアイテムになる...

pagetop