• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年09月10日 07:00

許永中『海峡に立つ 泥と血の我が半生』を読む~セゾングループの堤清二に対する憤怒を赤裸々に綴る(後)

取引当日に、堤がドタキャン

 具体的な取引形態は、許と山崎社長が、福本事務所で取り決めた。買い占められた京都銀行株はアイチに一本化して、帝国ホテルの部屋でセゾンに引き渡されることが決まった。セゾンは現金で持参する。保有株は2,500万株、総額540億円。1億円のブロックが540個。現金売上輸送車やガードマンを確保した。

 事件は受け渡しの当日に起きた。

 一方的な通告は福本さんからもたらされた。

 「永中さん、堤が、今回の話はなかったことにしてくれと言ってきた!」

 「なんですって!まさか無茶な話!」

 「山崎君が来て、泣くようにそう言うんだ!」

 「いや、そういう問題やないでしょう。そんなことを認められるわけがない」

 「山崎君もそれは充分わかっている。本人も会社を辞めるとまで言っているんだ」

 「先生、(アイチの)森下さんが嫌がるなか、半分脅かして決めた話です。ご本人も300億円以上も金を出して、株を全て集めて待機しているのですよ!」

 「先生、私は『言ったことは必ず実行する。した約束も必ず守る』という信用だけで、ここまで来ている男です。こんな話、どう納得できるというのですか!先生、山崎社長はなぜここにいないんですか?人を馬鹿にしてるんじゃないですか?京都銀行に対しても、森下さんに対してもどう説明できるんですか!」

(中略)

 「先生、本当のところを教えて下さい。山崎社長から何か聞いているでしょう。なぜ、こんなことになったのか、はっきり言ってください」

 私のただならぬ気配に、隠しようがないと思ったのか、福本さんは苦々しい表情を浮かべながら、観念したように口を開いた。

 「本当に貴方には言いにくいことなんだが、原因は貴方なんだ」

 「私ですか?」

 「いや、貴方そのものがということじゃないんだが、貴方のことなんだ」

 許永中の在日という出自、フィクサーという生き方を堤が嫌ったということだ。許は「悲嘆と怒りに震えた」と書く。

 許が、セゾンのピサから絵画を買い上げて、セゾングループに入り込み、西武百貨店塚新店を絵画鑑定書偽造の舞台にしたのは、土壇場でドタキャンして恥をかかせた堤清二に「落とし前」をつけたのではなかったのか。

 堤清二が、許永中に食い物にされたピサ事件について沈黙を貫いたのは、約束を裏切ったことに対する弱みがあったからかもしれない。それが、許永中の自伝を読んだ読後感だ。

(文中敬称略、了)
【経営評論家・秋月 太郎】

 NetIB編集部では、先着5名様に『海峡に立つ 泥と血の我が半生』をプレゼントする。応募の詳細は下記。

海峡に立つ:泥と血の我が半生

■プレゼント『海峡に立つ 泥と血の我が半生』

 メール、もしくはFAXで、
1.氏名
2.郵便番号
3.住所
4.電話番号
5.年齢
6.職業(会社名、所属)
7.NetIBNewsの感想
をご記入のうえ、件名に『海峡に立つ 泥と血の我が半生』と明記し、
下記メールアドレスまたはFAXにてお送りください。

お申込み専用アドレス→ hensyu@data-max.co.jp
FAXの場合はこちら 092-262-3389(読者プレゼント係宛)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年02月17日 18:55

東京マラソン、一般参加の中止~参加予定ランナーの声NEW!

 3月1日開催の東京マラソンは、新型コロナウイルス拡大の影響を受け、一般ランナーの出場を取りやめ、招待選手などエリート選手のみで行われることが決まった。

2020年02月17日 16:39

【定点観測】東京・午前8:00~マスク着用率は…NEW!

 都内ではマスクを着用する人の姿が多く見られるようになった。下の写真は、今朝の通勤時(午前8時ごろ)のものである。地下鉄丸ノ内線・中野坂上駅を降りて改札に向かう乗客の...

2020年02月17日 15:25

下請業者に不当な減額や返品を要求~伊藤忠商事の子会社に下請法違反

 公正取引委員会は2月14日、伊藤忠商事の100%子会社で、婦人服ブランド「レリアン」「キャラ・オ・クルス」「ランバンコレクション」などのブランドを展開する(株)レリ...

2020年02月17日 14:47

(株)INS(旧・(株)ヰノセント)(東京)/婦人服販売

 INSは2月14日、東京地裁に特別清算の申請を行った。

2020年02月17日 14:30

これからのカードは指紋センサー搭載カードに(前)

 中国発の新型コロナウイルスは全世界に大きなショックを与えており、新型ウイルスのワクチンがない現在、さらなる感染拡大が心配されている。新型コロナウイルスは感染者と接触...

2020年02月17日 14:00

老舗企業のお手本となるマネジメント~(株)未来図建設

 地場総合建設業の(株)未来図建設は地元のまちづくりに貢献し続け、顧客および取引先などステークホルダーから高い評価を受け絶大な信用を得ている。同社代表取締役・菅原正道...

人災としてのコロナウイルス感染拡大

 想定された事態が発生している。日本全国で新型コロナウイルス感染者が確認され始めた。しかも、中国・湖北省から日本に移動した人、中国・湖北省を訪問した人ではない。そもそ...

2020年02月17日 13:30

神奈川県知事肝いりで推進!「人生100歳時代の設計図」(後)

 人生100歳時代では、リタイアしてからスムーズにセカンドキャリア、あるいは新たな生活ステージに移行できるかがポイントとなる。

2020年02月17日 11:52

【書評】有森隆著『創業家一族』を読む~かつて日本の創業者は起業家精神が旺盛だった!(前)

 永らく日本はベンチャー不毛の地と言われてきた。インターネットの勃興に合わせて、米国ではGAFA(グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾン)が、中国にはBAT(バ...

2020年02月17日 11:30

【シリーズ】生と死の境目における覚悟~第2章・肉親を「看取る」ということ(4)

 石田弘次郎(仮名)は、母の葬儀を、ひとりですべて準備・段取りして、取り仕切った。「母が亡くなってから葬儀までは、悲しんでいる暇などなく、葬儀の準備から会葬していただ...

pagetop