• このエントリーをはてなブックマークに追加
2013年09月25日 14:07

スイスの徴兵制存続に見る日本人との国防意識の違い(後) 濱口和久「本気の安保論」 

拓殖大学客員教授 濱口 和久

<平和ボケ日本の現状>
 一方、日本はどうかというと。日本は高速道路の設計コンセプトからして、スイスとは大きな発想の違いがある。日本では高速道路というのは、大きく曲がったり、あるいは小さく曲がったりするような高速道路が多い。有事を想定した場合には、高速道路はひたすら真っすぐのほうがよいはずだが、国土交通省は真っすぐにしない理由を次のように説明をしている。

 「真っすぐの高速道路にすると、居眠りが多くなり、事故が増える。だから大きくカーブを描いたり、小さくカーブを描いたりという変化をつけている」。

 たしかに平時はそれでいいかもしれないが、有事の場合、高速道路は戦闘機の滑走路としても利用することを考えれば、一定の距離の真っすぐな高速道路は必要である。他にも日本の平和ボケの事例として、原子力発電所の警備がある。海外の原子力発電所では、武器を携行した軍隊がほぼ100パーセント警備を担当している。

 ところが、日本の原子力発電所では、民間の警備会社が何も武器を持たず、警備をやっているケースがほとんどである。日本では原子力発電所にテロ組織などが侵入してくるような想定をしてこなかったからである。そのために民間の警備会社が武器も持たずに警備をするという体制が長年続けられてきた。これは世界から見たら、非常におかしなことであり危険なことだ。まさに世界の常識は日本の非常識といったような状態になっているのである。

<日本はスイス人の国防意識(覚悟)を見習うべき>
switzerland スイス人は、誰一人として、非武装中立で平和が守れると思っていない。スイスの国民が自分たちの国を守るためのバイブル本がある。スイス政府編『民間防衛』だ。スイスでは約260万部が発行され、各家庭に無償配付されている。日本でも翻訳されて原書房から発売され、約15万部が売れている。

 戦後、日本では「徴兵制=軍国主義=戦争への道」という風潮が広がった。一方、スイスでは今回の国民投票でも徴兵制の維持を選択した。日本では今後も徴兵制を導入するような動きにはならないだろうが、日本人はスイス人の国防意識(覚悟)を見習うべきである。なぜなら、スイスよりも日本の置かれた地政学的環境(東アジア情勢)のほうが厳しいからだ。

(了)

 

<プロフィール>
hamaguti_p濱口 和久 (はまぐち かずひさ)
昭和43年熊本県菊池市生まれ。防衛大学校材料物性工学科卒業。陸上自衛隊、舛添政治経済研究所、民主党本部幹事長室副部長、栃木市首席政策監などを経て、テイケイ株式会社常務取締役、国際地政学研究所研究員、日本政策研究センター研究員、日本文化チャンネル桜「防人の道 今日の自衛隊」キャスター、拓殖大学客員教授を務める。平成16年3月に竹島に本籍を移す。今年3月31日付でテイケイ株式会社を退職し、日本防災士機構認証研修機関の株式会社防災士研修センター常務取締役に就任した。『思城居(おもしろい)』(東京コラボ)、『祖国を誇りに思う心』(ハーベスト出版)などの著書のほかに、安全保障、領土・領海問題、日本の城郭についての論文多数。5月31日に新刊「だれが日本の領土を守るのか?」(たちばな出版、現在第4版)が発売された。 公式HPはコチラ

 

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年07月17日 18:05

廃棄物のグレーゾーン「アミシタ」はどこに消えているのかNEW!

 「多くの中間処理施設では、どうしてもアミシタが発生するが、実際に管理型処分場にもち込む業者は少ない。一体どこに消えているのか」――そう話すのは、福岡県内の産廃処理業...

2019年07月17日 17:43

異色の芸術家・中島淳一氏の魅惑のアクセサリー ~エドマッチョ 福岡PARCO本店NEW!

 福岡を拠点に、絵画や演劇など幅広い芸術活動を行っている異色の芸術家・中島淳一氏。同氏が描いた本物の絵画を樹脂でとじ込めた魅惑のアクセサリー「La Monus」が、福...

2019年07月17日 16:11

IR環境アセスメントへの無知 実行計画は大幅な遅れの可能性ありNEW!

 前回、長崎ハウステンボス(HTB)へのIR Project=カジノを含む統合型リゾート施設誘致に関連して、過去の巨額な投資での開業から、現在に至る度重なる崩壊の歴史...

2019年07月17日 14:33

スマホオーダー「スマホdeくら」導入開始 福岡は8月下旬から

 回転すしチェーン「無添くら寿司」を全国に展開するくら寿司(株)(本社:大阪府堺市、田中邦彦社長)は16日、スマートフォンを活用した新サービス「スマホdeくら」を「新...

2019年07月17日 12:05

北九州の台所・旦過市場 再整備でどう生まれ変わる?(前)

 「安い、新鮮、うまい」を合言葉に、100年にわたって北九州地元住民とともに歩み続けてきた旦過市場。2020年度の再整備事業着手に向け、市場関係者などによる詰めの議論...

2019年07月17日 12:00

まもなく町制施行100周年 次なる100年に向けた“子安のまちづくり”

 来たる100周年の記念事業としては、記念式典の開催や町史の編纂などを予定しております。町史については、実は前回編纂したのが1975年で、すでに40年以上が経過してし...

2019年07月17日 11:55

アイランドシティ 開発の現状を探る(前)

 1994年の埋立て開始から25年、いまだ開発が進むアイランドシティ。国が704億円、福岡市が2,591億円、博多港開発(株)が645億円を支出する総事業費3,940...

2019年07月17日 11:35

アビスパ、FW石津大介が手術~6日のFC岐阜戦で負傷

 アビスパ福岡(株)は17日、6日のFC岐阜戦で石津大介選手が全治8カ月の負傷をし、手術を受けることを発表した。

2019年07月17日 11:20

京楽産業.、アニメの企画・プロデュース事業に本格参入

 パチンコメーカー大手、京楽産業.(株)は、KYORAKUグループ内において、アニメ作品の企画・プロデュースを手がける新事業部門「MAGNET」を起ち上げた。MAGN...

2019年07月17日 11:09

令和新時代と太宰府

 新年号令和ゆかりの地・太宰府。令和は730年(天平2年)太宰府で行われた万葉集「梅花の宴」に由来する。本年4月1日の新年号発表以来、伝・大伴旅人邸宅跡坂本八幡宮には...

pagetop