わらび座ミュージカル「ジパング青春記」特設ページ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年09月25日 12:15

【ラグビーW杯】日本代表、次がヤマ場

ラグビーワールドカップ2019日本大会が開幕した

 ラグビーワールドカップ2019日本大会が9月20日に開幕し、オープニングゲームで日本代表はロシア代表に30-10で見事勝利した。試合内容などについては、各メディアですでに論評されているので割愛する。

 各方面から多様な意見や分析などが報道を含めて飛び交っているが、何はともあれ、初戦、かつ開幕戦での勝利は、日本代表にとってすばらしい結果だった。

 どのカテゴリー・レベルでも共通していえるのは、キックオフからの約10分は、超一流選手でも心身ともに最も苦しい時間帯で、心身の緊張で思い通りのパフォーマンスを発揮できないケースが多々ある。しかし、現在の日本代表は、この時間帯に得点され、そのままズルズル失点を重ねるような実力ではない。日本代表の31名は、自分を見つめて、冷静沈着に戦える選手たちである。

 次戦は28日、小笠山総合運動公園エコパスタジアム(静岡県)でアイルランド代表と対戦する。アイルランドは現在、世界ランキング2位である。日本代表は、プール戦における最大のヤマ場を迎えることとなる。

 「10月13日のスコットランド代表との対戦にピークをもっていくべき」という意見もある。それを決して否定はしないが、私見ではそれだとベスト8進出が極めて苦しくなると推察する。

 アイルランド代表との試合後に対戦するサモア代表、そしてスコットランド代表は、かなりの強豪である。「直近でサモアに勝利しているから大丈夫」という胸算用はまったく通用しない。

 通常のテストマッチとW杯では、各選手やスタッフのモチベーションや重圧は比較できない。筆者はW杯に出た経験はないが、以前出場経験がある選手やスタッフの話を総括すると前述のような心理状態で、どの代表も全身全霊で戦いに挑んでくる。胸算用通りに進むほど、W杯が甘くないことは断言できる。

 では、日本代表がアイルランドに勝利できるかどうか?当然可能性はある。スポーツでは何が起こるか誰もわからない。しかし、日本代表がアイルランド代表に勝利する確率は、10%程度だろう。アイルランド代表が優勢であるのは、明白である。

 アイルランド代表は初戦でスコットランド代表と対戦した。結果は、27-3でアイルランド代表が勝利。得点27点、4トライでボーナスポイントを獲得して勝ち点5。

 注目すべきはスコットランド代表をノートライに封じたアイルランド代表のディフェンス力だ。ワールドラグビーが発信するデータによると、アイルランドのタックル成功率は94%(スコットランド代表は91%)で、この数値は極めて高水準である。

 諸説あるが、国際レベルの試合でのタックル成功率の平均は、85〜90%で優秀だと評価される。この平均値を超えたアイルランド代表のディフェンス力が、ランキング2位の原動力といえよう。

 また、アイルランド代表の自陣でのターンオーバー(タックル・ブレイクダウン時に相手ボールを獲得するプレイ)数は8で、こちらも優れた数値だ。アイルランド代表のディフェンスは鉄壁・堅守であり、そのディフェンスからアタックに転じて、各人のストレートランとタックルされても簡単に倒れないボールキャリー能力など、奇をてらうことなく基本に忠実な戦法で、得点を重ねていく。キックおよびパントもテリトリー占有率とボール獲得において効果的に駆使し、緻密に計算された戦法だ。世界で誰もが認める知将ジョー・シュミット氏のマネジメント力は秀逸である。

 日本代表にとって難攻不落ではないものの、勝利するのが簡単でないことは明らかである。日本代表が勝利するためには、ロシア戦ではタックルの失敗が21回あったので、これを少なくとも10回は減らし、タックル成功率を86%から90%以上に引き上げることだ。またボールポゼッション(支配率)を50%から少なくとも70%に引き上げることも必要だろう。 

 それには、キックよりパスでのアタックを実践し、ボールキープ率を上げることである。あとは、アイルランド代表のバックスリー(左右WTB、FB)のタックル成功率がやや劣る(80%を下回っている)ので、そのポジションにアタックを仕掛ける戦法が有効になる。たとえば日本代表のマイボールのセットプレイ(スクラム・ラインアウト)で、ブラインドサイドをアタックするというオプションの多用も作戦の1つだろう。日本代表の大一番に注目したい。

【河原 清明】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年01月19日 07:30

博多の食文化を次代に伝える役割を担い魚の熟成で新たな調理法の確立に挑む

 福岡の食文化に多大な貢献をはたしてきた「日本料理 てら岡」の会長・寺岡直彦氏が博多で創業したのは1976年9月、43年前のことである。わずか27坪で始めた店は、玄界...

2020年01月19日 07:00

顧客の要望に応え続けて事業領域を拡大 自律型社員を育成し、さらなる成長を目指す

 ソリューションは2000年2月、社名のごとく「お客さまの課題や問題の解決をすること」を事業目的に掲げ創業、来年で20周年を迎える。当初は、ビジネスフォンや複合機、電...

2020年01月19日 07:00

地域活性化を支える企画力と実行力

 志水建設は、北九州市を中心に、福岡県全域と山口県を営業エリアとして活動を展開している総合建設業者だ。拠点を北九州市の中心区である小倉北区と、福岡市屈指の商業地域であ...

2020年01月18日 07:00

理念と価値観を共感する仲間とともに 「街と人が輝く社会」を目指す

 一般電気工事から交通信号機設置工事、空調設備工事、電気通信工事まで幅広い事業を手がける第一電建(株)は2020年に50期目を迎える。同社は1971年6月に住宅、ビル...

2020年01月18日 07:00

地場で一番きれいな工事現場で地域活性化に貢献する

 スエナガは、2015年1月に設立された総合建設会社である。同社の代表取締役・出口洋一氏は、34年間、地場建設業の(株)末永工務店に勤務。一貫して技術畑を歩み、常務取...

2020年01月18日 07:00

TRGほか新サービスで解決目指す プレイヤーだからわかる業界の不便

 トリビュートは創業以来、「不動産再生」に主眼を置いてきた。不動産再生とは、「空室が目立つ」「用途が立地に合っていない」「土地が狭小、不整形地」などの課題を解決するこ...

2020年01月17日 15:00

厚生労働省公表の「ブラック企業」1月16日発表 福岡労働局分

 厚生労働省は17年5月から、労働基準関係法令に違反し書類送検された企業の一覧表をホームページに掲載している。

2020年01月17日 12:59

デラックス得丼お試し価格19日まで Hotto Motto(ほっともっと)

 プレナス(本社:福岡市博多区、塩井辰男社長)は10日、同社が展開する持ち帰り弁当店「Hotto Motto(ほっともっと)」の全店舗で「デラックス得丼」を発売した。

2020年01月17日 12:59

原点回帰で収益改善を急ぐほっともっと 20年2月期第3四半期

 持ち帰り弁当店「Hotto Motto(ほっともっと)」を展開する(株)プレナス(本社:福岡市博多区、塩井辰男社長)が14日に発表した20年2月期第3四半期の決算短...

2020年01月17日 12:35

OCHIホールディングス(株)創業の礎を守り進化させる胆力

 2010年10月1日に越智産業(株)の単独株式移転により、持株会社として設立されたOCHIホールディングス(株)。直近の2019年3月期で1,000億円の売上高を突...

pagetop