• このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年01月29日 07:00

トラック運送と倉庫の両輪で成長医薬品、住宅設備、食品、日用雑貨が4本柱 一樹百穫 

物流
(株)博運社

若者がワクワクする会社に

代表取締役社長 眞鍋 和弘 氏
代表取締役社長 眞鍋 和弘 氏

 「物流は経済の血液で、国民生活を支える社会的に意義のある仕事なのに正当な評価をされているとは言えない。物流の魅力を知ってもらい若い人をわくわくさせる会社にしたい」と話すのは(株)博運社の眞鍋和弘社長。

 博運社は約450台のトラックを保有し、年商109億円の九州を代表するトラック運送会社。運送だけでなく、商品を保管する倉庫を持ち、その総面積は約4万5,000坪(14万6,500m2)と九州最大規模を誇る。

 眞鍋社長の父・故眞鍋庸人氏が1957年創立した。トラック運送と倉庫が別々だった業界で、両事業を組み合わせることに着目。九州の主要拠点に倉庫を併設した営業所を設置していき、業績を飛躍的に伸ばした。今日では当たり前になったが、荷主の企業にとって保管と輸配送を1社に任せるだけで済む革新的なサービスだった。

医薬品は7割シェア

博運社本社
博運社本社

 同社が手がけるのは(1)医薬品、(2)住宅関連設備、(3)食品、(4)日用雑貨の4分野。このうち、医薬品は九州内の輸配送で7割という圧倒的なシェアを占める。

 医薬品は輸送中のわずかな温度変化でも品質が劣化し患者の生命に影響しかねない。約200台の医薬品専用車には庫内の温度が一定に保たれているかどうかを監視する装置が取り付けられている。本社の医薬品専用ターミナルと神戸市西区にある医薬品ターミナルは冷蔵5℃、冷蔵10℃、常温と3つの温度帯で定温管理され、管理薬剤師が常駐し品質管理に目を光らせる。メーカーから集荷し神戸市の医薬品ターミナルを経て本社ターミナルへ、そして各地の代理店・病院まで一貫した温度管理で運営されている。高いシェアを占めるに至ったのは、厳しい品質管理の賜物なのだ。

 住宅関連設備はメーカーに代わって在庫と入出庫を管理し、各地の代理店に送り出すのが主な業務。拠点である福岡県糟屋町の第3ターミナルでは約1万5,000品目の住宅資材を在庫する。近年増えているのが、代理店や建材店を経由せず直接マンションや戸建住宅の建築現場に運んで欲しいというニーズ。代理店の倉庫を経由すると時間がかかり、在庫がない場合は発注をかけねばならず、二度手間になるためだ。

 食品の業務は広範におよぶ。常温から冷蔵、冷凍と温度帯だけで3つあり、それぞれ専用の車両で店舗に配送する。物流施設での庫内作業は個人単位でのピッキングが増えるなど高度化・複雑化している。

 同社は日用雑貨における共同配送のパイオニアで、複数のメーカー製品を混載して代理店に届ける仕組みを九州でいち早く実現した。現在力を入れているのは情報システムの活用。専門のシステムエンジニアが物流センターでの情報をデータベース化し、たとえば商品別の在庫回転率や売れ筋情報などを荷主にフィードバックする。

 物流と一口にいっても奥は深く、知識集約型産業の要素が強いのだ。

医薬品定温輸送車
医薬品定温輸送車

時代先取りした福岡南流通センター

鳥栖JCT近くに立地する福岡南流通センター(小郡営業所)
鳥栖JCT近くに立地する福岡南流通センター(小郡営業所)

 1994年、鳥栖ジャンクション近くに建設した福岡南流通センター(現・小郡営業所)は延床面積3万m2を超え、当時物流新時代を先取りした画期的な施設と言われた。保管と在庫・入出庫の管理だけでなく、荷主の要望に応じ小分け、値札付け、梱包などの流通加工を行い、オンラインで情報を荷主とやりとりする。企業では物流を外部に委託するアウトソーシングの時代が始まっており、そうしたニーズに応えたものだった。

 その後、バブル崩壊とリーマンショックを経て国内の物流は伸び悩むようになった。人口減時代の到来もあって今後も医薬品を除くと物流需要の伸びは期待しにくい。

 眞鍋社長は「医薬品、住宅設備、食品、日用雑貨の4本柱は変わらないが、周辺分野を掘り起こすとともに新規事業を開拓する」と今後の成長戦略を示す。周辺分野の掘り起こしでは、ネット通販の配送を始めた。まだ、小規模の取り組みだが、物流では数少ない成長市場と目されている。食品と日用雑貨で培った多品種少量配送のノウハウを生かせるのが強みだ。

 もう1つの挑戦は「物流人材派遣業」とも言うべきもの。もともと、深刻な人手不足に対応するため、ベトナム人学生を採用したことから始まった。2017年ベトナム・ホーチミン市に窓口となる現地法人「博運社ベトナム」を設立、18年4月に第1陣として4人、秋に第2陣11人を受け入れた。全員大学を卒業したばかりの若者で、来日前に日本語教育を行い一定の基準をパスすることが条件。ベトナムは高学歴の若者の就職の場が少なく、日本で働きたいという人が多いという。

日本とベトナム結び新規事業

 国内では日本語学校で学ぶかたわら、同社の倉庫で庫内作業に従事する。待遇は日本人従業員と同じで、住居も同社が用意する。19年末までに第3陣が到着する。

 2年の勤務期間を終えた後は希望者にベトナムの日系企業への就職を斡旋することを計画している。中国から拠点を移転する企業が増加しており、日本語を話す若者へのニーズは強い。物流要員への需要も今後急増が見込まれる。現地法人は人材紹介会社の役割を果たす。日本国内での人手確保と新規事業育成の一石二鳥になる。

 眞鍋社長がとりわけ力を入れているのが人材育成。「物流は肉体労働のイメージが強いが、実はそうではなくITなどの高度な知識を求められる情報産業に変わりつつある」。庫内作業などの肉体労働はパート化し、頭脳部門を担う人材に積極投資する。といっても現場を軽視するのではなく、トラック乗務員は高卒新卒者を採用し長期的に育成する。

 眞鍋社長自ら、九州の学生サークルの会合に足を運び、飲み会に顔を出すことも。学生が物流と博運社をどう見ているか探るためで、結果的に同社に入社してくれればそれで良い。

 社名は「博愛の心を持って運ぶことを使命とする」という創業理念から取ったもの。「この原点を忘れてはならない」と同社長は言う。

<COMPANY INFORMATION>
代 表:眞鍋 和弘
所在地:福岡県糟屋郡志免町別府北3-4-1
設 立:1957年1月
資本金:約8,918万円
TEL:092-621-8831
URL:http://www.hus.co.jp/saiyo

25周年記念出版雑誌 『一樹百穫』 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年09月23日 07:00

BIS第170回例会~ワシントンDC、ローマを結ぶオンライン開催(10)NEW!

 中川氏は「米中貿易戦争」に関して、ソ連や日本が経験した「トゥキディデスの罠」に言及した...

2020年09月23日 07:00

独自性を高める事業構築NEW!

 2015年1月に設立された総合建設業(株)スエナガ。同社は設立して5年の新鋭企業である。同社の企業スローガンとして『土地に夢を、建物に想いを』を掲げ、賃貸マンション...

2020年09月22日 07:00

BIS第170回例会~ワシントンDC、ローマを結ぶオンライン開催(9)

 最後に、中川十郎BISJ会長は「新型コロナ騒動」のなかで密かに進行している国際政治に目を向け、「一帯一路と米中貿易戦争」について発表した...

2020年09月22日 07:00

健康・安全意識の高まりに乗って、オールミネラル化システムにブレイクの兆し

 独創的な水処理システム『ミネラルクリスター』を製造・販売する(株)クリスター。雨が山の地層を通過し、豊富なミネラルを含んだ名水となって地下から湧き出る―そんな自然の...

2020年09月21日 07:00

BIS第170回例会~ワシントンDC、ローマを結ぶオンライン開催(8)

 井出氏は、新型コロナウイルス感染拡大で世界が求められていることは(1)感染経路の究明、(2)感染防止のための諸国民の努力、(3)専門家、医療関係者への期待・要請...

2020年09月21日 07:00

ご縁と絆を大切にして、堅実な事業を構築し続ける

 (株)隆工務店は1965年1月創業、67年7月設立の建設会社だ。現代表取締役・田原昇氏は、長年“番頭”として先代を陰で支え続け、2016年7月に3代目の同社代表取締...

2020年09月20日 07:00

実直・謙虚な姿勢で快適さを提供する

 創業64年の社歴をもつ地場有数の老舗である山本設備工業(株)。地場業界のなかでも老舗に入る企業を率いるのは、3代目代表取締役社長・山本慎一氏。今年で就任15年目に入...

2020年09月20日 07:00

【凡学一生のやさしい法律学】香港で起きていること~国家統治の基本となる三権分立(後)

 上述の9月1日付『産経新聞』の記事では、香港政府は高校教科書から「三権分立」の記述を削除させた、と最後に小さく記述されていた...

2020年09月19日 07:00

WITHコロナで柔軟対応戦略を展開

 「コロナ襲来でこんなに社会活動が規制されることを想像したこともなかった」と諸藤敏一社長が溜息をつく。しかし、立ち止まることはない...

2020年09月19日 07:00

【凡学一生のやさしい法律学】香港で起きていること~国家統治の基本となる三権分立(前)

 国の政治状況には、騒乱期と安定期がある。騒乱期には政治的争点は直ちに露見され、騒乱を激化させる。一方で、安定期には本来であれば政治的争点となる「不都合な真実」を支配...

pagetop