• このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年01月29日 07:00

116年の伝統を守りながら常に挑戦を続ける 新業態を開発し、「ワクワク」を提供 一樹百穫 

食肉、惣菜などの販売、飲食店経営
橋本食品(株)

専属の料理人「シェフ」を配属したユニークな店「シェフのいる肉屋」
専属の料理人「シェフ」を配属したユニークな店「シェフのいる肉屋」

福岡を中心に17店舗を展開

 弊社は食肉、惣菜・弁当の販売を始め、飲食店を福岡、山口、広島に展開しており、全17店舗を運営しております。

 精肉部は福岡、山口に5店舗展開しており、「お肉のプロ」として100年以上培ったノウハウで、徹底した鮮度管理と豊富な品ぞろえを行い地域の皆さまのご要望にお応えしてきました。また、お客さまとのコミュニケーションを大切にしながら地域に密着した販売を行うことを常に心がけています。

 惣菜部は、いわゆるスーパーに展開している「フル惣菜」のお店が5店舗とショッピングセンターに展開している「お持ち帰りの焼鳥屋」をコンセプトにしたお店が6店舗の計11店舗、2業態を展開しています。季節ごとに旬な食材を取り入れながら、来店頻度の高いお客さまでも飽きを感じさせないよう工夫した商品のご提案に努めています。

 飲食部は現在福岡に1店舗を展開しており、福岡随一の部位を取りそろえたジンギスカン専門店です。厳選されたラム肉にオリジナルの味付けを施すことで、ラム肉が苦手なお客さまにも食べていただけるよう工夫しています。また空間づくりにもこだわっており、カジュアルにラム肉を楽しめる場を提供しております。

「持ち帰りの焼鳥屋」がコンセプトの「とっぽ家」
「お持ち帰りの焼鳥屋」がコンセプトの「とっぽ家」
ジンギスカン専門店「羊狼館」

人間的成長を促す職場

 弊社は100年にわたり地域の人々に高品質でおいしい食肉と惣菜をお届けし、いまや地場における中堅優良企業としての地位を築いております。競合他社が多いなか、真に「お客さまのために」を常に考え続け、実績と伝統を基盤に、変革し続けています。

 地域を代表する企業の1社として、社員全員が思い切り実力を発揮することができ、やりがいを感じ、家族を幸せにできる企業風土を築いてまいりました。

 社員が店の経営者として、お客さまのためにできることはなにか、いかにすればお客さまに満足していただけるか、またパートナーであるパートやアルバイトの皆さまにいかに厳しさと優しさで信頼を得ることができるか、など経営を通じて人間的に成長することができる職場環境づくりに力を入れています。

「ワクワク」提供企業へ

 少子高齢化で今後ますます人口が減少していくなかで、いかにお客さまにご来店いただくか、弊社の商品を手に取っていただくかが重要になってきます。このためには、企業自体も新たなビジネスモデルを構築し成長し続けなければなりません。

 そこで、今後は精肉部、惣菜部、飲食部をもつ弊社だからこそ可能な食の提案ができる店舗づくりや、新業態の開発を進めていきたいと考えています。

 昨今、求められている効率化だけでは得ることのできない「こだわり」や「楽しさ」を、食を通じてお客さまに感じていただける店づくりを目指します。具体的には今秋ごろより、小さなお子さまがいらっしゃるファミリー層をメインターゲットにしたステーキ店を展開します。子育て世代のファミリーが「ワクワク」を感じ、楽しみながら食事ができる空間づくりをコンセプトに、親子のコミュニケーション、育児のコミュニケーションの場として、こだわりの肉、野菜を提供し、「食べる」ことから「ワクワク」を発信できる店を目指します。このロードサイド店の出店を皮切りに、フードコートへの出店、さらにはワークショップ開催も将来的に行い、肉や野菜の魅力を食育の観点から皆さまにお伝えできればと思います。

「想採や」。幅広い品目の惣菜を「手づくり」で提供する
「想菜や」。幅広い品目の惣菜を「手づくり」で提供する

失敗を恐れず価値を創造

 弊社は1903(明治36)年の創業から116年、地域のお客さま、お取引先さまのご愛顧とご支援をいただきながら事業を継続してまいりました。「あなたは私たちの家族です。どんな嬉しいことも、どんな苦しいこともともに分かち合い、ともに取り組もう」という経営理念のもと、常に社員とともに考え、さまざまなことにチャレンジしてまいりました。

 その結果、2018年には新たな業態であるジンギスカン専門店に挑戦し、味はもちろん、常識にとらわれない発想でお客さまにおいしさだけではない「ワクワク」感を提供し、大変好評を得ております。新業態として開発したステーキ店でも、さらに「ワクワク」感を提供してまいります。

 お客さまが本当に求めているものは何かを考え抜き、新しい価値を提案できるチームを目指すとともに、変化・失敗を恐れないチャレンジを今後も行ってまいります。

<COMPANY INFORMATION>
代 表:兒玉 斉
所在地:北九州市門司区栄町9-23
創 業:1903年4月 設 立:1961年1月
資本金: 4,000万円
TEL:093-331-0298
URL:http://www.hashimoto-foods.sakura.ne.jp

25周年記念出版雑誌 『一樹百穫』 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年06月03日 14:40

“ウィズコロナ”の世界で不動産テックは根付くのか(前)NEW!

 新型コロナウイルス(以下、コロナ)の世界的な感染拡大によって、働き方に変革が求められている。なかでも、ウイルス感染を回避しつつ仕事に取り組める手段として、テレワーク...

2020年06月03日 14:00

熊本副知事・小野泰輔氏が来月投開票の東京都知事選に出馬表明~ホリエモンの出馬は?NEW!

 2日、熊本県副知事・小野泰輔(おの・たいすけ)氏が7月5日投開票の東京都知事選に出馬すると表明した。小野氏は今年46歳...

2020年06月03日 13:16

九州地銀の20年3月期決算を検証する(4)NEW!

  【表1】を見ていただきたい。九州地銀(18行)の20年3月期の純資産残高順位表である。 ~この表から見えるもの~ <1位~9位> ◆1位は福岡銀行...

2020年06月03日 12:04

経産省、コロナ消毒で使う次亜塩素酸水に「有効性の確認なし」NEW!

 経済産業省は、5月29日時点において、消毒に使われる次亜塩素酸水(次亜塩素酸を主成分とする液体)について、新型コロナウイルス(COVID-19)への有効性は5月29...

2020年06月03日 11:21

視界不良の2020年消費~流通大手イオンはどう動くか(前)NEW!

 スーパーやドラッグストア、SC(ショッピングセンター)開発・運営、金融などさまざまな事業を展開する同社では低収益事業の改革が目下の経営課題だ。2021年2月期は業績...

コロナ下で実施される最重要二大選挙NEW!

 安倍内閣の支持率が朝日、毎日の世論調査で30%を下回った。コロナウイルスの感染が拡大したが東アジア地域では相対的に被害が抑制されている。最重要の指標といえる人口あた...

2020年06月03日 10:21

岩田屋、福岡三越~顧客へのメッセージNEW!

 先日、岩田屋と福岡三越を運営する(株)岩田屋三越より弊社代表の児玉直宛に手紙が送られてきた。手紙の内容は...

2020年06月03日 09:30

四国新幹線「ないのがおかしい」(中)NEW!

 国土交通省鉄道局は3月31日、JR四国に対し、国土交通大臣名で「経営自立(最終的には株式の上場)」に向けた経営改善を求める文書を手渡した...

2020年06月03日 07:00

AIやビッグデータで激変するまちづくり~内閣府スーパーシティ構想の行方(後)

 「何もかもインターネットでできると、オンラインでの交流は活発になる一方で、人の動きが消えて、人通りのない閑散としたまちになるでしょう...

2020年06月03日 07:00

「スーパーシティ」構想で再注目 九大・箱崎キャンパス跡地のポテンシャル(後)

 周辺エリアも合わせると約50haもの広大な敷地をもつ箱崎キャンパス跡地の再開発をめぐっては、統合移転プロジェクトの進行中から注目が集まっており、これまで段階的に協議...

pagetop