• このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年01月13日 07:30

暮らしの基盤、社会インフラを支える高松産業グループ 一樹百穫 

エネルギー総合商社
高松産業(株)

地域に根差して80余年

 高松産業(株)は、北九州市を拠点に、九州圏内約3万軒のプロパンガス、そして約2,900軒の都市ガスユーザーを擁する地場老舗企業だ。1934年の創業以降、80年以上の長きにわたって、安心・安全な暮らしの基盤となる社会インフラ整備に尽力する「高松産業グループ」の中核企業としても知られる。

高松産業グループ 代表 住吉 弘徳 氏
高松産業グループ 代表 住吉 弘徳 氏

 同社は、独自の厳しい安全基準を徹底して守ることで、私たちの生活に欠かすことのできないエネルギーの安定供給に携わってきた。同社が提供するサービス水準の高さは、個人だけにとどまらず、九州電力や関西電力といった有力法人を取引先にもつことからもうかがい知れる。

 さらに、太陽光発電システムやエネファーム(家庭用燃料電池)など、環境に配慮した新時代のエネルギーシステムの提案も行うことで、地域においてはたせる自身の役割を広げている。こうした同社の積極的な事業展開は、過去、現在、そして未来、その時々における最適なエネルギーソリューションの提案につながっているのだ。

 多種多様な顧客との信頼関係を築き上げてきた同社の根底にあるもの、それはサービスの質向上に取り組むあくなき姿勢と、実行力である。

手厚いアフターフォロー

「博多久松」ブランドのおせちセット
「博多久松」ブランドのおせちセット

 同社はガスユーザーに向けてリフォーム・リノベーションを実施するほか、「博多久松」ブランドで人気を博すおせちセットを取り扱うなど、食料品の販売事業も手がけている。エネルギー供給を軸に、顧客の生活全般を支援していこうという試みであり、多様化する顧客ニーズを満たす、同社ならではの手厚いアフターフォローとなっている。

 また、「お客様バスツアー」や「わくわくクッキング」などのイベントの企画・開催も自社で手がけており、ユーザー間の交流を促進することで新たなコミュニティ形成にも一役買っている。

 人口減少による地域の過疎化が避けられないからこそ、同社の地域に根差したサービス展開は、今後ますます重要度を高めていく。高松産業は目標の1つとして「地域の賑わいづくり、地域の皆さまに喜んでいただける活動を積み重ねることによって、信頼ある企業へと成長していきます」を掲げている。エネルギーから心豊かな暮らしのサポートまで、築き上げてきた実績に裏付けされた同社に対する顧客の信頼は、決して揺らぐことはない。

高松産業グループとしての強み

社会インフラ整備に尽力
社会インフラ整備に尽力

 高松産業グループは、エネルギー総合商社の高松産業、総合建設業者の東洋建設工業(株)、ガス販売を主に手がける高松ガス(株)、宇島瓦斯(株)、不動産管理の(株)光陽、太陽光発電を始めとする再生可能エネルギーの提供に努める大鵬鉱産(株)で形成される。

 各社がそれぞれの分野に特化したスペシャリストであり、グループとしての総合力、課題解決能力は非常に高い。なかでも、土木工事や建築工事を通じて、住みよいまちづくりに貢献する東洋建設工業の施工能力は高く評価されており、グループにとってなくてはならない存在となっている。

 相応の知名度を有し、全体で130億円超の売上規模を誇る高松産業グループ。押しも押されもしない地場有力グループであるが、まったく悩みの種がないわけではない。人材の確保、そして定着は喫緊の課題である。少子高齢化が加速度的に進むなか、とくに若手の確保は、事業を次世代へと継承するためにも必要不可欠だ。

 「若い世代は私たち以上に知識も豊富で、学ばされることも少なくありません。しかし、すべてが考えた通りにスムーズに進むわけではありません。お客さまの期待に応えることを念頭に置き、本当に必要なこととそうでないことの線引きを行う。企業ですから、収益面に関しても厳しい目を向けなければなりません。理想と現実との調整能力を、実地での活動を通じて身に付けて欲しいですね。無論、成長を後押しするための環境は、しっかりと整備しています」(住吉代表)。

 エネルギー供給から快適な住環境整備まで、幅広くまちづくりに関われる高松産業グループ。各企業間での人材交流など、グループを形成しているからこそ、その分だけスキルアップの機会も多い。意欲ある人材にとって、充実した環境といえる。

持続可能な豊かな生活を

 私たちが日常生活を送るうえで欠かすことのできないエネルギー。高松産業、そして高松産業グループは、創業以来「なくてはならないもの」をお届けしたいという強い想いをもち、事業に取り組んでいる。日々、目まぐるしく変化する現代において、顧客の要求に柔軟に対応し続けることは困難を極める。しかし、同社は時勢を読み、率先して社内体制や事業展開を変化させ続けてきた。だからこそ、困難な状況を打破し、時代に即した新しい地域づくり、まちづくり、そして、そのために必要なエネルギーや生活関連サービスを提供し続けることが可能だ。

 高松産業グループは、これまでも、そしてこれからも、地域への想いを質の高いサービスに変えて、そこに暮らすすべての人々の豊かで安心・安全な生活を支えていく。

※クリックで拡大

<COMPANY INFORMATION>
代 表:住吉 弘徳
所在地:北九州市八幡西区南鷹見町15-20
設 立:1954年3月
資本金:5,000万円
T E L :093-693-5250
U R L :http://www.takamatsu-group.co.jp

25周年記念出版雑誌 『一樹百穫』 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年02月20日 14:00

インターネット時代における言論人の使命・責任とは何か!(2)NEW!

 2つの基調講演が行われた。1つ目は、クリフォード・スターンズ米国前下院議員、2つ目は、申宰元・現代自動車副社長である。クリフォード前議員は、今言論人を取り巻く環境は...

2020年02月20日 13:30

アベノミクスがもたらす「資本栄えて民滅ぶ」国の未来(3)NEW!

 かつて株価は経済を映す鏡と言われた。株価上昇は景気回復の先行指標であり、株価下落は景気後退の先行指標だった。しかし、この関係が崩壊している。第2次安倍内閣が発足して...

2020年02月20日 12:57

糸島市、福吉地区活性化計画を策定NEW!

 糸島市は、農山漁村の活性化を目的として、国や地元福吉の産直市場「福ふくの里」と協議を進めていた「福吉地区活性化計画」を策定した。

2020年02月20日 11:30

生活より景観が優先された「鞆の浦」「ポニョ」の舞台も人口減と高齢化、観光も低迷(前)NEW!

 鞆の浦の路線バスは通常のバスより小さいが、道路沿いの家に触れそうなほど車体を近接させて通行していた。これでは有事の際、消防車や救急車が到着するのに通常以上の時間を要...

2020年02月20日 11:24

新型コロナウイルス、輸入建材関係の調達にも影響NEW!

 新型コロナウイルス感染拡大の影響が、建設業界にも出始めているという。福岡県内の戸建事業者は、戸建住宅用の資材は主に輸入建材を使用いるが、今回のコロナウイルス感染拡大...

2020年02月20日 11:00

コンビニ業界大激変時代~月刊コンビニ 編集委員 梅澤 聡 氏(3)NEW!

 再び成長の階段を上がるには既存店の売上を上げないと、新規の加盟者を募ることも既存店オーナーの多店舗化も難しい。

2020年02月20日 10:30

新型コロナウイルスの蔓延と米中貿易「第一段階」合意の行方(2)NEW!

 これまで、アメリカはことあるごとに、中国の不公正な貿易慣習や国営企業の優遇政策を問題視してきた。何もトランプ大統領になってから始まったわけではない。過去20年にわた...

2020年02月20日 10:25

天神エリア最大規模の複合商業施設誕生へNEW!

 (株)カイタックホールディングスは、2020年4月28日(火)、福岡市屈指の商業集積地天神エリアに、複合商業施設「CAITAC SQUARE GARDEN(カイタッ...

2020年02月20日 10:00

「検察崩壊元年」ゴーンの反撃(11)NEW!

 法の悪用は、実際は「解釈」による悪用である。とくに悪用されるのが、「何々のおそれ」のかたちで規定された法規である。これを最終的に判断するのは裁判官であるから、結局、...

2020年02月20日 09:30

【働き方改革はブラック企業を漂白できるか】「何を言うか」より「何をしたか」で評価される企業へ(後)NEW!

 「ブラック社員」についてはまだ決まった定義はありませんが、「会社に不平不満をもち、他者にネガティブな情報を吹聴し、労働者の権利のみを主張し、組織を混乱させる悪質な存...

pagetop