• このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年01月13日 07:30

暮らしの基盤、社会インフラを支える高松産業グループ 一樹百穫 

エネルギー総合商社
高松産業(株)

地域に根差して80余年

 高松産業(株)は、北九州市を拠点に、九州圏内約3万軒のプロパンガス、そして約2,900軒の都市ガスユーザーを擁する地場老舗企業だ。1934年の創業以降、80年以上の長きにわたって、安心・安全な暮らしの基盤となる社会インフラ整備に尽力する「高松産業グループ」の中核企業としても知られる。

高松産業グループ 代表 住吉 弘徳 氏
高松産業グループ 代表 住吉 弘徳 氏

 同社は、独自の厳しい安全基準を徹底して守ることで、私たちの生活に欠かすことのできないエネルギーの安定供給に携わってきた。同社が提供するサービス水準の高さは、個人だけにとどまらず、九州電力や関西電力といった有力法人を取引先にもつことからもうかがい知れる。

 さらに、太陽光発電システムやエネファーム(家庭用燃料電池)など、環境に配慮した新時代のエネルギーシステムの提案も行うことで、地域においてはたせる自身の役割を広げている。こうした同社の積極的な事業展開は、過去、現在、そして未来、その時々における最適なエネルギーソリューションの提案につながっているのだ。

 多種多様な顧客との信頼関係を築き上げてきた同社の根底にあるもの、それはサービスの質向上に取り組むあくなき姿勢と、実行力である。

手厚いアフターフォロー

「博多久松」ブランドのおせちセット
「博多久松」ブランドのおせちセット

 同社はガスユーザーに向けてリフォーム・リノベーションを実施するほか、「博多久松」ブランドで人気を博すおせちセットを取り扱うなど、食料品の販売事業も手がけている。エネルギー供給を軸に、顧客の生活全般を支援していこうという試みであり、多様化する顧客ニーズを満たす、同社ならではの手厚いアフターフォローとなっている。

 また、「お客様バスツアー」や「わくわくクッキング」などのイベントの企画・開催も自社で手がけており、ユーザー間の交流を促進することで新たなコミュニティ形成にも一役買っている。

 人口減少による地域の過疎化が避けられないからこそ、同社の地域に根差したサービス展開は、今後ますます重要度を高めていく。高松産業は目標の1つとして「地域の賑わいづくり、地域の皆さまに喜んでいただける活動を積み重ねることによって、信頼ある企業へと成長していきます」を掲げている。エネルギーから心豊かな暮らしのサポートまで、築き上げてきた実績に裏付けされた同社に対する顧客の信頼は、決して揺らぐことはない。

高松産業グループとしての強み

社会インフラ整備に尽力
社会インフラ整備に尽力

 高松産業グループは、エネルギー総合商社の高松産業、総合建設業者の東洋建設工業(株)、ガス販売を主に手がける高松ガス(株)、宇島瓦斯(株)、不動産管理の(株)光陽、太陽光発電を始めとする再生可能エネルギーの提供に努める大鵬鉱産(株)で形成される。

 各社がそれぞれの分野に特化したスペシャリストであり、グループとしての総合力、課題解決能力は非常に高い。なかでも、土木工事や建築工事を通じて、住みよいまちづくりに貢献する東洋建設工業の施工能力は高く評価されており、グループにとってなくてはならない存在となっている。

 相応の知名度を有し、全体で130億円超の売上規模を誇る高松産業グループ。押しも押されもしない地場有力グループであるが、まったく悩みの種がないわけではない。人材の確保、そして定着は喫緊の課題である。少子高齢化が加速度的に進むなか、とくに若手の確保は、事業を次世代へと継承するためにも必要不可欠だ。

 「若い世代は私たち以上に知識も豊富で、学ばされることも少なくありません。しかし、すべてが考えた通りにスムーズに進むわけではありません。お客さまの期待に応えることを念頭に置き、本当に必要なこととそうでないことの線引きを行う。企業ですから、収益面に関しても厳しい目を向けなければなりません。理想と現実との調整能力を、実地での活動を通じて身に付けて欲しいですね。無論、成長を後押しするための環境は、しっかりと整備しています」(住吉代表)。

 エネルギー供給から快適な住環境整備まで、幅広くまちづくりに関われる高松産業グループ。各企業間での人材交流など、グループを形成しているからこそ、その分だけスキルアップの機会も多い。意欲ある人材にとって、充実した環境といえる。

持続可能な豊かな生活を

 私たちが日常生活を送るうえで欠かすことのできないエネルギー。高松産業、そして高松産業グループは、創業以来「なくてはならないもの」をお届けしたいという強い想いをもち、事業に取り組んでいる。日々、目まぐるしく変化する現代において、顧客の要求に柔軟に対応し続けることは困難を極める。しかし、同社は時勢を読み、率先して社内体制や事業展開を変化させ続けてきた。だからこそ、困難な状況を打破し、時代に即した新しい地域づくり、まちづくり、そして、そのために必要なエネルギーや生活関連サービスを提供し続けることが可能だ。

 高松産業グループは、これまでも、そしてこれからも、地域への想いを質の高いサービスに変えて、そこに暮らすすべての人々の豊かで安心・安全な生活を支えていく。

※クリックで拡大

<COMPANY INFORMATION>
代 表:住吉 弘徳
所在地:北九州市八幡西区南鷹見町15-20
設 立:1954年3月
資本金:5,000万円
T E L :093-693-5250
U R L :http://www.takamatsu-group.co.jp

25周年記念出版雑誌 『一樹百穫』 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年06月01日 14:00

ふくや、アイスキャンデーに大腸菌検出で自主回収NEW!

 (株)ふくやは29日、同社が販売する「アルプスアイスキャンデー ミルク味」の一部商品に微量の大腸菌群が検出されたとして、対象商品牡の自主回収を行うと発表した...

2020年06月01日 13:18

福岡の中学校、高校 新型コロナウイルスの影響による修学旅行の見通しNEW!

 今年度の修学旅行実施の見通しについて、福岡市立中学、福岡県立高校、県内の私立高校の担当者に聞いた...

トランプ安倍政治を終焉させられるかNEW!

 米国中西部のミネソタ州ミネアポリスで5月25日、丸腰の黒人男性が白人警官にひざで首を組み敷かれた末に死亡する事件が発生した...

2020年06月01日 11:14

飲食店のコロナ対策!大胆に「新しい生活様式」に沿った「新しい経営戦略」へNEW!

 飲食店においては、緊急事態宣言が全面解除されても多くの店舗で客足が戻らず、厳しい経営を余儀なくされている...

2020年06月01日 09:00

NTTとトヨタ自動車の業務資本提携で動き出す「スマートシティプラットフォーム」NEW!

 3月24日、NTTとトヨタ自動車(株)との業務資本提携の締結が発表された。両社は「スマートシティ構想」の実現のため、プラットフォームを共同で構築・運営する方針だとい...

2020年06月01日 07:00

どうなるこれからの新幹線 計画から50年で開業は半分(後)

 新幹線を所管する国土交通省鉄道局は、「現時点で、整備新幹線のスキームを見直すことは検討していない」という。新幹線整備にともなう地元負担をめぐっては、過去にもいろいろ...

2020年06月01日 07:00

最先端技術による“まるごと未来都市” 内閣府の「スーパーシティ」構想とは(後)

 福岡市においては高島宗一郎市長が19年4月の市長会見で、スーパーシティ構想への意欲を示している。

2020年05月31日 07:00

ストラテジーブレティン(252号)~「コロナパンデミック中間総括」(後)

 コロナ以前から3つの歴史的趨勢が起きていた。1. ビジネス、生活、金融、政治のすべてを覆いつくすIT・ネット・デジタル化、2. 財政と金融の肥大化による大きな政府の...

2020年05月30日 07:00

危機に直面し、自らをイエス・キリストにたとえる孫正義の自信と勝負魂(4)

 このインドネシア事業については、日本ではまったく報道されないが、他にもソフトバンクの進めるアジアビジネスは広範囲におよんでいる。とくに、「アジア電力網構想」は...

2020年05月30日 07:00

どうなるこれからの新幹線 計画から50年で開業は半分(中)

 自由民主党所属の参議院議員で、与党整備新幹線建設推進プロジェクトチームのメンバーでもある西田昌司氏は、新幹線整備の経緯について次のように分析する。

pagetop