• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年11月11日 10:11

孫正義氏は「裸の王様」になったのか?~「投資判断がまずかった」と懺悔(前)

 「『ソフトバンクはもう倒産するのではないか』という報道があった。市場がそのように見ているのなら、ある意味では正しいと思う」。孫正義氏は、米シェアハウス大手ウィーワークの投資に失敗し、信用不安が拡大していることを認めた。非常事態だ。どこでボタンを掛けまちがえたのか。

ウィーワークに2兆円注ぎ込む

 「今回の決算、ボロボロだ。真っ赤っかの大赤字。まさに大嵐という状況だ」。

 ソフトバンクグループ(SBG)の孫正義会長兼社長は、2019年9月期中間決算で、155億円の営業赤字(前年同期は1兆4,207億円の黒字)に転落したことを謝罪した。15年ぶりの営業赤字だ。

 投資先のシェアオフィス大手、ウィーワークが経営不振に陥り、ファンド事業で約5,700億円の損失を計上した。さらに、同社に総額約1兆円の支援を計画しており、再建が難航すれば損失は膨らむ。市場では「倒産説」が流れた。

 孫氏は「私の投資判断がまずかったと大いに反省している」と述べた。ウィーワークの投資については、「良い点を見過ぎていた」という。

 数々の投資を成功させてきた孫氏に目の曇りがあったのだろうか。

 孫氏には強烈な成功体験がある。中国のインターネット通販最大手アリババグループは2014年、ニューヨーク証券取引所に上場した。同社株の約3割をもつ筆頭株主のソフトバンクは約8兆円の含み益を得た。孫氏は、アリババの創業者のジャック・マー氏と面会して、5分で投資を決め、2000年に20億円を投資した。14年で4000倍のリターンだ。

 携帯電話事業を切り離し、投資に特化しているSBGは10兆円ファンドを通じて、「ユニコーン(一角獣)」と呼ばれる海外の新興企業に投資し、第2のアリババにすることを狙った。しかし、その投資モデルが暗転した。

 米シェアオフィス「ウィーワーク」を運営するウィーカンパニーの創業者、アダム・ニューマン氏に孫氏が惚れ込み、SBG全体ですでに約1兆円を投じていた。しかし、ウィー社の乱脈経営が問題視され、上場計画が頓挫。上場させて持ち株を売却して利益を得る算段が狂った。引くに引けなくなり、SBGは追加で約1兆円を投じる羽目になった。

「趣味的」と批判された投資手法

 孫氏が後継者として招いたニケシュ・アローラ副社長は、孫氏の投資手法を「趣味的」と批判した。リターンを得ることを投資と心得ているアローラ氏にとって、惚れ込んだ相手に資金を湯水のように注ぎ込む投資手法は、理解を超えるものがあったようだ。夢を追う孫氏に付き合いきれず、2016年に去っていった。

 孫氏のウィー社への投資は「趣味的」手法の最たるものだ。ウィー社の創業者に惚れ込んだからだ。読みが当たれば莫大なリターンが期待できる半面、外れれば底なし沼のリスクを背負い込むことにもなる。

 孫氏の持ち味は、アクセルを全力で踏み続けることにある。しかし、アローラ氏という相棒を失い、ブレーキが利かなくなった。

 これまでソフトバンクの発展段階ごとに、孫氏にはビジネスパートナーがいた。軍師、参謀、指南役といってよい。いまの孫氏には軍師がいない。これが最大の問題だ。

軍師第1号は大森康彦氏

 1981年3月、孫正義氏はアルバイトの社員2人を雇って、ソフトバンクの前身である企画会社ユニソン・ワールドを興した。福岡市の南部、雑餉隈の雑居ビルの2階で行った最初の朝礼で、みかん箱の上に立った孫氏は「30年後のわが社を見よ」と1時間にわたってぶち上げた。

 「わが社は30年後には豆腐のように1兆(丁)、2兆(丁)と数えるぞ。1,000億円、500億円はものの数ではない。1兆円、2兆円と数えて、初めて本物だ!」

 あまりの大言壮語ぶりに、アルバイトの2人は「この人はおかしいのではないか」とあきれ返り、2週間もしないうちに辞めてしまった。だから、孫氏1人での起業となった。

 孫氏が講演会でよく口にする起業当時のエピソードである。

 福岡で立ち上げた企画会社で、将来性のありそうな事業をピックアップ。そのなかから選んだのが、パソコンソフトを流通させるビジネスである。

やるからには、東京で起業すべきだ。

 1981年9月、東京・千代田区に日本ソフトバンク(後にソフトバンクに改称)を設立した。机2つだけの、ささやかなスタートだった。孫氏24歳の時である。

 だが、不運がつきまとった。創業2年の83年春に、重いB型肝炎に感染していることが判明した。当時、B型肝炎は不治の病といわれていた。およそ3年間、入退院を繰り返した。社員も取引先も去った。資金難が知れ渡り、広告掲載を拒否されるなど苦難が続いた。

 孫氏は日本警備保障(現・セコム)の副社長だった大森康彦氏を社長に招き、自身は会長職に退いた。大森氏は、それまで大学のサークルの延長のようだった経営をしっかり組織された企業へとかえた。

 孫氏は療養後の86年2月、社長に復帰した。大森氏は孫氏の軍師第1号だった。

 孫氏は病床で考えた。「どうせ1回しかない人生。悔いを残さないようにガンガンやろうじゃないか。そのほうがずっと面白い」

(つづく)
【森村 和男】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年02月24日 07:00

日本発の「折紙工学」産業化に向けて離陸へ(4)NEW!

 萩原氏は1996年、東京工業大学教授に転じた。日産時代はアメリカの安全基準をクリアすることに精一杯だったが、「外に出てみて振り返って考えたときに、改めて衝突について...

2020年02月24日 07:00

【業界ウォッチ】第54回スーパーマーケット・トレードショー2020~Future Store “Now”NEW!

 幕張メッセにおいて2月12日~14日、スーパーマーケットを中心とする流通業界に最新情報を発信する商談展示会「第54回スーパーマーケット・トレードショー2020」が開...

2020年02月23日 07:00

日本発の「折紙工学」産業化に向けて離陸へ(3)

 こうした製品化への応用が進む折紙工学だが、萩原氏が折紙工学の研究に向かうきっかけは自動車の衝突対策であった。萩原氏は1972年、工学系の修士課程を終えて日産自動車(...

2020年02月23日 07:00

コンビニ業界大激変時代~月刊コンビニ 編集委員 梅澤 聡 氏(6)

 セブン-イレブンは、従業員の作業時間と作業量の削減を目的とした省人化の実験を19年7月「セブン-イレブン町田玉川学園5丁目店」(東京・町田市)でスタート、同年12月...

2020年02月22日 07:00

日本発の「折紙工学」産業化に向けて離陸へ(2)

 折紙工学を基に実用化された製品も登場してきている。萩原氏は、衛生用品の大手メーカー、ユニ・チャーム(株)と共同で、平面の紙を立体的に表現する「折紙工学」を応用してフ...

2020年02月22日 07:00

コンビニ業界大激変時代~月刊コンビニ 編集委員 梅澤 聡 氏(5)

 チェーン本部がいま最も腐心するのが、店舗運営におけるコスト削減である。納品時の検品レスやスライド棚による作業軽減、食器洗い機の導入、カウンターフーズのセルフ販売、発...

2020年02月21日 17:23

【熊本】動き始めた熊本空港アクセス鉄道~熊本地震が“追い風”

 熊本県で長年懸案になっていた熊本市街地と熊本空港を短時間で結ぶアクセス交通の整備計画が動き始めた。2016年4月の熊本地震への復興支援が“追い風”になり、定時輸送で...

2020年02月21日 16:56

『第10回日本山岳遺産サミット』に参加して

 「第10回日本山岳遺産サミット」が2月15日(土)、東京都千代田区一ツ橋にある一橋大学講堂で開催された。日本山岳遺産サミットとは、2019年度の日本山岳遺産認定地の...

2020年02月21日 16:28

通期予想、達成厳しいイズミ、MV九州、ナフコ~主要6社、1月末現在の売上高進捗状況

 2、3月期決算まで残すところ1~2カ月を切った。そこで月次売上増減率を公表している6社を対象に1月末現在の売上高の進捗状況を調べた。

2020年02月21日 15:00

厚生労働省公表の「ブラック企業」2月18日発表 福岡労働局分

 厚生労働省は17年5月から、労働基準関係法令に違反し書類送検された企業の一覧表をホームページに掲載している。

pagetop