• このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年01月31日 07:00

鋼構造物の次代を見つめて日々品質向上を目指す 一樹百穫 

建築、土木、橋梁、鉄塔等の鋼構造物工事業
松井工業(株)

始まりはスチール家具の製作

代表取締役社長 松井隆明 氏
代表取締役社長 松井隆明 氏

 建築には欠かせないパーツである鉄骨の製作を手がける松井工業の始まりは意外にも家具製作からだった。1961年、松井スチール家具製作所として発足。鉄は鉄でも、イスやテーブルなど金物製品の製作がスタートだった。68年に松井工業(株)と改称し、現会長が入社したころから建築物の鋼構造物工事業に舵を切ることになる。

 高層ビルの柱や梁の部分に入る鉄骨。これを図面通りに組み上げるまでには、メーカーが販売する多種多様なパーツのなかから適切なものを仕入れ、裁断や組み立て、溶接、検査に塗装を経て出荷される段階がある。これを一括して請け負うのが、同社であり、その心臓部が宇美町の工場である。

 現在は主に関東から沖縄エリアを中心に、大型・超高層建築物の重量鉄骨の製造工事を手がけている。超高層になれば、同業者と連携して1棟のビル鉄骨を組み上げることになり、品質や安全の確保、納期厳守は絶対で気の抜けない仕事なのはいうまでもない。それだけに、納品を終えた後のやりがいや達成感は格別だ。現在は関東での仕事が大半を占めることから、福岡に居ながらにして都会の超高層建築に携われるという誇りを胸に、社員全員が団結している。

ロボット溶接
ロボット溶接
溶接作業の様子
溶接作業の様子

外国人材に刺激 9割は東京案件

 ベトナムにミャンマー。職場はまさに多国籍である。社員総勢80名ほどだが、外国人が約3分の1を占める。図面を作成するミャンマーのエンジニアと、加工を行うベトナムの技能実習生を合わせると、25名ほど。意欲的で勤勉だ。異国で頑張る外国人従業員と接することで、日本人の社員も大きな刺激を受けている。「風通しは良い」――社員間のコミュニケーションは図れている。営業・総務・設計・製造・品質管理・資材・工務。毎朝各部署が連携を取り合い、上司・部下の間でも意見交換できる環境が整っている。

 平均年齢は30代後半から40代。日本人、外国人問わずお互い趣味の合う社員同士が、遊びに行ったり、買い物に行ったり、食事に行ったりとプライベートでも付き合いは続いている。現在、仕事の9割以上が東京の案件だ。数年前から東京で営業活動を始め、シェアが高まっていった。これまでの工事実績を過去から振り返ると、目に見えて東京の現場が増えている。

「松井」にしかできない仕事を

 東京での営業開拓は成功している。建設業界は目まぐるしい勢いで技術が進歩し、それに対応しないと安定して仕事を受注することはできない。常に技術の向上を目指さねば、信頼を勝ち取ることは難しい。そのため、人手不足のなかで、機械化は避けられない。最新鋭の機械が業界に投入されれば、当然導入に動いていく。鉄骨業界には幾多の技術資格が存在するうえ、取得しても毎年更新せねばならないものも多い。その分、新しいノウハウを取り入れるチャンスだと考え、社員には積極的に資格取得や勉強を促している。

 建物デザインが複雑になれば、当然鉄骨も然りである。ただこれ以上工場を拡張し、事業規模を拡大しようとは考えていない。取引先のリクエストに応えるとともに、技術的に難しいものに果敢に挑戦し、他社にはできないものをできるようにするのが、信条だ。今後も外国人の割合は高まっていくと予想される。職場環境に満足する実習生も多く、3年過ぎた実習生からは雇用を延長してほしいと要望が出ている。今後は外国人にも資格取得を推奨する。

ゴールはない 誇らしさとともに

 東京での営業開拓が思わぬ波及効果を生んでいる。9割以上が東京の仕事である。住み慣れた福岡に居ながらにして、首都・東京の高層建築物の仕事に携わることができる。そういって、松井工業に就職を志望してきた若者もいる。東京本社の大手企業に就職できても、転勤を繰り返し、生活基盤が整わないまま、人生を歩むこともしばしば。そう考えれば、前述も若者の言い分にも納得ができる。

 先輩社員もこう語る。「この仕事にゴールはありません。次々に新しい案件が入り、1つとして同じものはなく、奥行きの深い仕事です」「手に職をつけるということは生きていくうえで大きな強みです。自分がつくったものが建築物として見られるのも大きな魅力。近くを通るたびに誇らしい気持ちになります」。

大きなミスの許されない仕事だが、松井隆明社長は「社員には『楽しい』を見つけながら、働きやすい環境を提供したい」と明言する。その基軸となるのは「安全、品質、納期厳守」のキーワードだ。決して目立つ仕事ではないが、建物を支え、人を支える。松井工業は鉄と人で未来をつくる職人集団である。

工場全景
工場全景

<COMPANY INFORMATION>
代 表:松井 隆明
所在地:福岡県糟屋郡宇美町大字宇美字猫石2447-16
設 立:1961年10月
資本金:5,000万円
TEL:092-932-3191
URL:http://matsui-kougyou.co.jp

25周年記念出版雑誌 『一樹百穫』 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年09月23日 07:00

BIS第170回例会~ワシントンDC、ローマを結ぶオンライン開催(10)NEW!

 中川氏は「米中貿易戦争」に関して、ソ連や日本が経験した「トゥキディデスの罠」に言及した...

2020年09月23日 07:00

独自性を高める事業構築NEW!

 2015年1月に設立された総合建設業(株)スエナガ。同社は設立して5年の新鋭企業である。同社の企業スローガンとして『土地に夢を、建物に想いを』を掲げ、賃貸マンション...

2020年09月22日 07:00

BIS第170回例会~ワシントンDC、ローマを結ぶオンライン開催(9)

 最後に、中川十郎BISJ会長は「新型コロナ騒動」のなかで密かに進行している国際政治に目を向け、「一帯一路と米中貿易戦争」について発表した...

2020年09月22日 07:00

健康・安全意識の高まりに乗って、オールミネラル化システムにブレイクの兆し

 独創的な水処理システム『ミネラルクリスター』を製造・販売する(株)クリスター。雨が山の地層を通過し、豊富なミネラルを含んだ名水となって地下から湧き出る―そんな自然の...

2020年09月21日 07:00

BIS第170回例会~ワシントンDC、ローマを結ぶオンライン開催(8)

 井出氏は、新型コロナウイルス感染拡大で世界が求められていることは(1)感染経路の究明、(2)感染防止のための諸国民の努力、(3)専門家、医療関係者への期待・要請...

2020年09月21日 07:00

ご縁と絆を大切にして、堅実な事業を構築し続ける

 (株)隆工務店は1965年1月創業、67年7月設立の建設会社だ。現代表取締役・田原昇氏は、長年“番頭”として先代を陰で支え続け、2016年7月に3代目の同社代表取締...

2020年09月20日 07:00

実直・謙虚な姿勢で快適さを提供する

 創業64年の社歴をもつ地場有数の老舗である山本設備工業(株)。地場業界のなかでも老舗に入る企業を率いるのは、3代目代表取締役社長・山本慎一氏。今年で就任15年目に入...

2020年09月20日 07:00

【凡学一生のやさしい法律学】香港で起きていること~国家統治の基本となる三権分立(後)

 上述の9月1日付『産経新聞』の記事では、香港政府は高校教科書から「三権分立」の記述を削除させた、と最後に小さく記述されていた...

2020年09月19日 07:00

WITHコロナで柔軟対応戦略を展開

 「コロナ襲来でこんなに社会活動が規制されることを想像したこともなかった」と諸藤敏一社長が溜息をつく。しかし、立ち止まることはない...

2020年09月19日 07:00

【凡学一生のやさしい法律学】香港で起きていること~国家統治の基本となる三権分立(前)

 国の政治状況には、騒乱期と安定期がある。騒乱期には政治的争点は直ちに露見され、騒乱を激化させる。一方で、安定期には本来であれば政治的争点となる「不都合な真実」を支配...

pagetop