わらび座ミュージカル「ジパング青春記」特設ページ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年11月21日 07:00

誰もが「自分の未病の医者」になれる 未病メソッドを提唱し、未病産業を振興(3)

(一社)日本未病総合研究所 代表理事 福生 吉裕 氏

「未病産業コンソーシアム」をつくる

 以上の目標に向かって未病の啓発とともに重要になるのが、未病状態をケアする具体策です。未病総研は、医療に携わる人、健康産業に関わる人、そういう人たちと未病の考え方を共有しながら未病産業を後押ししていくことも大きな課題だと捉えています。幸いにして未病総研は、日本未病システム学会と日本薬科大学と連携していますので、未病ケアに役立つ製品・サービスの研究開発をサポートできる体制にあります。日本未病システム学会には、薬剤師、臨床検査技師、管理栄養士、看護師、医師など、さまざまな医療職種が会員となっています。

 私が所長を務める(一財)博慈会老人病研究所では、「未病と抗老化」という学術誌を発刊していますが、そこには約100名の研究者が登録されています。また、私が主宰する研究会に「21世紀医療課題委員会」というのがあり、毎回テーマごとに企業の方と情報交換、勉強会を開いています。

 こうしたネットワークを活用しながら、未病総研の主旨に賛同する企業と連携して「未病総研コンソーシアム」を活性化していければと考えております。マクロ未病学とミクロ未病学が出会うことで、融合化が図れます。それぞれの得意とする分野を生かし、グループで未病の分野を共有し、5G世代へ向けて未病を発信していきます。

 ここでミクロ未病学について解説をしておきます。現代未病の概念は、ミクロ未病学としては大きく2つに分けられます。1つは、「自覚症状はないが、検査で異常所見が見られる状態」です。たとえば、血圧が高い、血糖値が高い、でも自覚症状がない。これを西洋医学的未病と言います。

 もう1つは、「自覚症状があっても検査で異常がない状態」。肩がこる、冷え性などがこれに該当します。これを東洋医学的未病と呼んでいます。そして、未病期が健康と病気の間のどの状態にあるかを判別すると、セルフメディケーションや保健指導で改善できる状態の「未病1期(自立支援)」と、受診勧奨が必要な状態である「未病2期(治療支援)」の2段階に分けられます。未病総研が主に担うのは「未病1」の状態の人です。この「未病1」の改善だけでも、試算では2兆円の医療費の削除が可能です。

※クリックで拡大

未病の概念は東アジア共通の資源

 未病総研のもう1つの仕事として、海外との交流活動にも力を入れております。とりわけ漢字文化圏である東アジア諸国は、未病の考え方は受け入れやすい土壌があります。そして、迫り来る少子高齢社会が抱える問題も、東アジア各国で共通する深刻な課題です。

 とくに人口が14億人の中国では、60歳以上はすでに約2.2億人に達しており、2011年から2015年までは年間600万人ずつ増え続けています。これは80年より始まった一人っ子政策が影響していますが、今後は日本より少子高齢化の率が急カーブで上昇し、その深刻さは日本以上になってくるでしょう。

 私は2016年5月に中国長春を訪れ、長春中医薬大学の方々とフォーラムを交え、両国間に迫っている社会保障制度や医療制度の問題の対策を議論してきました。そこで確信したのは、両国間で理解されている未病の有効活用がこの問題を解決する大きな資源になることでした。すでに2015年には、長春中医薬大学の付属病院に「治未病センター」が開設されておりました。その背景には、2005年当時に国務院の呉儀副総理が来日し、その折に日本での未病医学の現状に関心をもたれたことがあります。

 その2年後の2007年には中国各地に200程の施設「治未病センター」があっという間に建設されました。この未病センターでは、疲労、睡眠不足、肩こり、むくみ、のぼせ、動悸、虚弱、食欲不良など高齢者の軽症状態に対応するなど、最前線の診療所として活動しています。さらに中医問診を行い中医学的治療については医療保険も適用されているのです。早くも中国では、介護保険ができる前に未病ケア政策を打ち出しています。

(つづく)
【吉村 敏】

<プロフィール>
福生吉裕(ふくお・よしひろ)
 
医学博士。1947年生まれ。日本医科大学卒。三重県出身。
日本医科大学連携教授。(一財)博慈会老人病研究所所長。(一社)日本未病システム学会前理事長。

 1995年第1回 東京未病研究会創設会長。1997年、日本未病システム学会を設立、常任理事。2003年、第7回アジアオセアニア国際老年学会においてMibyouシンポジウムを開催。博慈会老人病研究所紀要「未病と抗老化」編集長。2013年、第20回日本未病システム学会会長。2014年日本未病システム学会理事長。2019年、(一社)日本未病総合研究所代表理事。
資格/日本未病システム学会認定未病医、日本内科学会認定内科医、日本動脈硬化学会評議員・功労会員、日本老年医学学会指導医・評議員。中国長春中医薬大学客員教授。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年01月18日 07:00

理念と価値観を共感する仲間とともに 「街と人が輝く社会」を目指す

 一般電気工事から交通信号機設置工事、空調設備工事、電気通信工事まで幅広い事業を手がける第一電建(株)は2020年に50期目を迎える。同社は1971年6月に住宅、ビル...

2020年01月18日 07:00

地場で一番きれいな工事現場で地域活性化に貢献する

 スエナガは、2015年1月に設立された総合建設会社である。同社の代表取締役・出口洋一氏は、34年間、地場建設業の(株)末永工務店に勤務。一貫して技術畑を歩み、常務取...

2020年01月18日 07:00

TRGほか新サービスで解決目指す プレイヤーだからわかる業界の不便

 トリビュートは創業以来、「不動産再生」に主眼を置いてきた。不動産再生とは、「空室が目立つ」「用途が立地に合っていない」「土地が狭小、不整形地」などの課題を解決するこ...

2020年01月17日 15:00

厚生労働省公表の「ブラック企業」1月16日発表 福岡労働局分

 厚生労働省は17年5月から、労働基準関係法令に違反し書類送検された企業の一覧表をホームページに掲載している。

2020年01月17日 12:59

デラックス得丼お試し価格19日まで Hotto Motto(ほっともっと)

 プレナス(本社:福岡市博多区、塩井辰男社長)は10日、同社が展開する持ち帰り弁当店「Hotto Motto(ほっともっと)」の全店舗で「デラックス得丼」を発売した。

2020年01月17日 12:59

原点回帰で収益改善を急ぐほっともっと 20年2月期第3四半期

 持ち帰り弁当店「Hotto Motto(ほっともっと)」を展開する(株)プレナス(本社:福岡市博多区、塩井辰男社長)が14日に発表した20年2月期第3四半期の決算短...

2020年01月17日 12:35

OCHIホールディングス(株)創業の礎を守り進化させる胆力

 2010年10月1日に越智産業(株)の単独株式移転により、持株会社として設立されたOCHIホールディングス(株)。直近の2019年3月期で1,000億円の売上高を突...

2020年01月17日 11:54

【2/3開催】福岡県企業立地セミナーin東京

 福岡県は2月3日、東京都内の会場で、「福岡県企業立地セミナーin東京」を開催する。セミナーでは小川洋・福岡県知事のほか、昨年2月、福岡県久留米市に国内外向け化粧品の...

2020年01月17日 11:26

JADMA、福岡で賀詞交歓会開催

 日本通信販売協会(JADMA)は16日、福岡市内で賀詞交換会を開催。協会会員および関係者95名が出席した。

2020年01月17日 10:45

まちかど風景・中央区~旧大名小跡地側に商業ビル

 福岡市中央区大名エリアでは「アパホテル福岡天神西(2020年5月開業予定)」や、「旧大名小学校跡地活用事業(ザ・リッツ・カールトン福岡など)」の工事が進んでいる。福...

pagetop