• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年11月24日 07:00

続々・鹿児島の歴史(6)~江戸・明治初期と大隅~

 薩摩藩の外城制度、門割制度(前述)について、少し付け加えます。

 外城制度は領内を鹿児島城下と113の外城に分けたものですが、外城の内訳は地頭所(藩直轄)92外城、私領(重臣の一門・一所持支配)21外城です。私領21は薩摩に13、大隅は種子島(種子島氏)を含めて7、日向国諸県郡は1(都城島津家)です。戦国時代に大隅の中心一族だった肝付氏と禰寝氏も薩摩に領地替え(前述)です。本土の大隅6私領はほとんど鹿児島湾沿いです。

 門割制度について。1664年、琉球を除く領内は652村あり、内訳は薩摩258、大隅230、諸県郡164です。税として、門単位の高掛(たかかかり)賦課と農民個々に対する人別賦課がありました。前者は年貢で、高1石(薩摩藩は籾9斗6升)に対し米3斗5升(籾7斗)、後者は年間12日間の労役または1日5分の代銀で、ほかに人別出銀や織木綿(女子)がありました。他藩に比べ、著しく負担が重かったわけではないと考えられていますが、「潰れ門」という言葉もあり、厳しいことに変わりはありませんでした。「門」を維持するためにとられたのが「人配(にんべ)」です。必要に応じて強制的に移住させるものですが、代表的なものが、不適地まで耕作していた西目(薩摩半島)から未開墾地の多かった東目(大隅半島)への移住です。江戸初期から明治末まで続き、大隅の1/3は移住者の子孫といわれます。地名や名字等になごりがあります。 

 なお、門割制度の関係から、大地主=豪農は発生しませんでした。明治6年の小作地率は、佐賀26%、山口24%、高知22%に対し、鹿児島は4%です。その後の地租改正とデフレーション政策で、同20年に30.2%で東北諸県並みです。福岡・佐賀は40%以上でしたが、逆に大島郡はわずか1.4%です。小作地率のピークは大正13年で、小作争議も全国的には大正期から発生しますが、鹿児島は昭和初期まで数件でした。

 農業の特徴的なものとして、農民が豊作を祈ってつくった石像の田の神様(たのかんさあ)があります。領内のみで、1800以上現存し、1705年のものが最古です。盗まれることを好み、盗んでまつると豊作という風習がありますが、薩摩では地蔵や大日如来をイメージした仏像型、大隅では衣冠束帯に笏を持つ神像型が多いです。

 薩摩藩の支藩である佐土原藩について。島津氏が秀吉に降伏した時、義久の末弟家久は、いち早く投降したため日向国佐土原を安堵され、独立した大名となります。翌月家久が病死(毒殺の説あり)すると、甥の豊久が跡を継ぎます。豊久が関ヶ原の戦いで義弘の身代わりとなり戦死すると、佐土原は没収されます。1603年返還されると、義久の従兄弟の以久(もちひさ)が日向佐土原2万7000石を与えられ初代藩主となります。なお、清宮(すがのみや)貴子内親王と結婚した島津久永氏は、この佐土原家です。

 明治初期の県名について。明治4年の廃藩置県で、薩摩・大隅・日向3国は当初鹿児島・飫肥・佐土原・高鍋・延岡・人吉・日田の7県となり、同年鹿児島(薩摩一国と離島と琉球国)・都城・美々津の3県となります。5年には都城県の姶良・菱刈2郡が鹿児島県となり、琉球国分離です。6年には美々津・都城2県が廃止され、日向一円を宮崎県へ、大隅は鹿児島県です。9年には宮崎県を廃止し、3国一円を鹿児島県です(この時一向宗解禁は前述)。16年には宮崎県を分置し、諸県郡を南北に分け、南諸県郡(志布志・大崎)は鹿児島県です。29年、南諸県郡廃止で現在の鹿児島県確定です。

(つづく)

<プロフィール>
麓 純雄(ふもと・すみお)

 1957年生。鹿児島大学教育学部卒、兵庫教育大学大学院修士課程社会系コース修了。元公立小学校長。著書に『奄美の歴史入門』(2011)『谷山の歴史入門』(2014)『鹿児島市の歴史入門』(2016 以上、南方新社)。監修・共著に『都道府県別日本の地理データマップ〈第3版〉九州・沖縄地方7』(2017 小峰書店)。ほか「たけしの新世界七不思議大百科 古代文明ミステリー」(テレビ東京 2017.1.13放送)で、谷山の秀頼伝説の解説などに携わる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年09月21日 07:00

BIS第170回例会~ワシントンDC、ローマを結ぶオンライン開催(8)NEW!

 井出氏は、新型コロナウイルス感染拡大で世界が求められていることは(1)感染経路の究明、(2)感染防止のための諸国民の努力、(3)専門家、医療関係者への期待・要請...

2020年09月21日 07:00

ご縁と絆を大切にして、堅実な事業を構築し続けるNEW!

 (株)隆工務店は1965年1月創業、67年7月設立の建設会社だ。現代表取締役・田原昇氏は、長年“番頭”として先代を陰で支え続け、2016年7月に3代目の同社代表取締...

2020年09月20日 07:00

実直・謙虚な姿勢で快適さを提供する

 創業64年の社歴をもつ地場有数の老舗である山本設備工業(株)。地場業界のなかでも老舗に入る企業を率いるのは、3代目代表取締役社長・山本慎一氏。今年で就任15年目に入...

2020年09月20日 07:00

【凡学一生のやさしい法律学】香港で起きていること~国家統治の基本となる三権分立(後)

 上述の9月1日付『産経新聞』の記事では、香港政府は高校教科書から「三権分立」の記述を削除させた、と最後に小さく記述されていた...

2020年09月19日 07:00

WITHコロナで柔軟対応戦略を展開

 「コロナ襲来でこんなに社会活動が規制されることを想像したこともなかった」と諸藤敏一社長が溜息をつく。しかし、立ち止まることはない...

2020年09月19日 07:00

【凡学一生のやさしい法律学】香港で起きていること~国家統治の基本となる三権分立(前)

 国の政治状況には、騒乱期と安定期がある。騒乱期には政治的争点は直ちに露見され、騒乱を激化させる。一方で、安定期には本来であれば政治的争点となる「不都合な真実」を支配...

2020年09月18日 17:48

【9/18~30】カイタックスクエアガーデンがスイーツなどのポップアップショップをオープン 新たなカルチャー発信を目指す

 「カイタックスクエアガーデン」は本日から、ポップアップショップやプロモーション拠点などとして利用できる「ワスクポケットショップ」をオープンさせた。

2020年09月18日 17:22

小田孔明選手らが豪雨被災地に義援金~復興への願い込めアスリートが数百点のグッズを無償提供

 九州出身のプロゴルファーの小田孔明選手らは、7月の豪雨で甚大な被害を受けた九州の3都市(福岡県大牟田市、熊本県人吉市、鹿児島県鹿屋市)に義援金を届けた。被災地が悲惨...

2020年09月18日 17:15

【書評】岡田勢聿の『自立論』~自らのチカラで生き抜く思考法

 青少年の自立支援を行う(一社)自立研究会は、コロナ禍で安定雇用の崩壊が深刻化するなか、いかにして自らのチカラで生き抜くのかということを主題にして、実業家・岡田勢聿氏...

2020年09月18日 17:07

医者の診断を断って、AI診断へ切り替えよう

 肺がんに罹患している友人A氏の証言を紹介しよう...

pagetop