わらび座ミュージカル「ジパング青春記」特設ページ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年12月02日 15:08

人工知能(AI)はこれからが本来の意味での発展に向かう!(1)

 今1冊の本『AI兵器と未来社会』(朝日新書)が大きく注目されている。人工知能(AI)第3次ブームのバブルは2018年後半を境に陰りを見せ始めた。現在のAIの実体がIT技術の延長線上にあり、ターミネーターのような人の知能レベルに近い本来の人工知能の到来がまだ先であることの認識が広まりつつあるからだ。しかし、今こそ、一過性の狂騒曲で一喜一憂することなく、悪戯な脅威論や万能論でもなく、その本質を捉える議論ができる。著者である栗原聡・慶応義塾大学理工学部教授に聞いた。

慶応義塾大学理工学部 教授 栗原 聡 氏

人工知能(AI)について正しく理解してもらう必要を感じた

 ――『AI兵器と未来社会』(朝日新書)が注目されています。本書をお書きになった動機から教えていただけますか。

 栗原 聡氏(以下、栗原) 現在の人工知能(AI)に関する出版物を見ていると大きく2つにわかれます。1つはAI研究者が書く技術書です。技術書なのでもちろん我々研究者にとってはとても役に立ちますが、数字や記号が多く、とてもテクニカルで、一般向けの書籍からは乖離があります。

一方、AI研究者でないアナリストなどの方々が書く一般向けの読み物も多くあります。AIに精通された方もおられますが、その多くはわかり易さを優先、面白さを狙い、本来的なAIの実態をミスリードさせる危険性を感じさせるものも散見されます。そこで、少しブームが落ち着き始めた今こそ、広く一般向けにAIを正しく理解してもらう必要性を感じました。

知能とは生物が生き抜くために環境に適応する能力のこと

 ――まずは、AIと「知能」に関して教えてください。

 栗原 AIという言葉が、時にはハリウッド映画の「ターミネーター」、時には日本漫画の「鉄腕アトム」「ドラえもん」などと、実態と大きく異なるものを想像させ、1人歩きしています。また「AIに仕事が奪われる」などの人間と人工知能(AI)を対比させるマスメディア報道もその流れに拍車をかけています。

 人工ダイヤモンド、人工心肺、人工降雪機などと「人工」が付く言葉はたくさんあります。人工とは人がつくることを意味します。人がつくるのであれば、その対象がどういうものであるかが明確にわかっている必要があります。

 たとえばダイヤモンドとは「炭素の同素体の1つであり、実験でたしかめられているなかでは天然で最も硬い物質である。結晶構造は多くが八面体で、十二面体や六面体もある。宝石や研磨材として利用されている。ダイヤモンドの結晶の原子に不対電子が存在しないため、電気を通さない」などとわかっているので、人工ダイヤモンドをつくることができます。

 では、「知能」とはどのようなものでしょうか?以外と思われるかもしれませんが、知能には今のところ明確な定義はありません。いろいろな定義があり過ぎて定まっていないと申し上げた方がよいのかも知れません。

 私は知能とは「生き抜くために環境に適応する能力」と考えています。また「生物が等しく持つ必須な能力」というイメージをもっています。そして、生物はもっていますが、現在の人工知能搭載ロボット(低汎用型)がもっていないものが、「生きる目的」と「その目的を達成させる自律性や能動性」です。

(つづく)
【金木 亮憲】

<プロフィール>
栗原 聡氏(くりはら・さとし)

 慶応義塾大学大学院理工学研究科修了。NTT基礎研究所、大阪大学産業科学研究所、電気通信大学大学院情報理工学研究科などを経て、2018年から慶応義塾大学理工学部教授。博士(工学)。電気通信大学人工知能先端研究センター特任教授。大阪大学産業科学研究所招聘教授、人工知能学会倫理委員会アドバイザーなどを兼任。人工知学会理事・編集長などを歴任。人工知能、ネットワーク科学等の研究に従事。著書として、『社会基盤としての情報通信』(共立出版)、『AI兵器と未来社会』(朝日新書)、翻訳『群知能とデータマイニング』、『スモールワールド』(東京電機大学出版)など多数。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年12月15日 07:00

【記者座談会】消費増税、反動減長期化か~2019回顧と展望(3)

 祐徳自動車の食品スーパー(SM)事業からの撤退。5店舗のうち1店を閉鎖し残る4店をアスタラビスタに譲渡した。祐徳は本業のバス・タクシーなどの運輸事業以外にホームセン...

2019年12月14日 15:34

福岡市東区和白で火災

 福岡市東区和白5丁目付近で火災が発生している。現地は立花高等学校から600メートル程の住宅地で出火元は民家とみられる。林に隣接しており、延焼が心配される状況。

2019年12月14日 07:00

【記者座談会】消費増税、反動減長期化か~2019回顧と展望(2)

 人口の少ない地方都市では百貨店が成り立たなくなったことを象徴する。閉鎖・縮小は経営判断としては当然と思う。政令指定都市の北九州でも3店は多すぎた。黒崎店は家賃の引き...

2019年12月14日 07:00

中国経済新聞に学ぶ~ローソンの中国デリバリー売上7%に(後)

 外資系コンビニブランドは商品の供給チェーンなどでしっかりした基礎を打ち立てたが、中国人の味覚に合った飲食の現地化イノベーション(革新)では、地元コンビニの挑戦に直面...

2019年12月13日 16:51

ゲイツ1階で厳選和牛の焼肉を

 福岡市博多区中洲のランドマークの1つでもある大型商業施設「Gate’s(ゲイツ)」1階に、12月18日(水)、『和牛焼肉食べ放題 焼肉 巻次郎(以下、巻次郎)』がオ...

2019年12月13日 16:34

今年の漢字は「令」に決定~3万427票を獲得

 日本漢字能力検定協会は12日、世相を漢字一字で表す「今年の漢字」を京都市の清水寺で発表。21万6,325票の応募のなかから選ばれたのは新元号の「令和」にも使われた「...

(株)熊本清掃社(熊本)/産業廃棄物処理

 熊本清掃社は、12月10日、東京地裁に破産手続きの開始を申請し、同13日、同地裁より破産手続開始決定を受けた。

2019年12月13日 15:50

【記者座談会】消費増税、反動減長期化か~2019回顧と展望(1)

 2019年は消費増税対策で始まり、増税後の反動減対策で終わろうとしている。企業買収や統合・合併などの再編の動きは少なかった。担当記者に九州流通業界の5大ニュースを中...

2019年12月13日 15:13

小郡母子殺害事件、被告に死刑判決

 福岡地裁は13日、福岡県小郡市で殺人罪に問われていた元福岡県警巡査部長に死刑判決を言い渡した。

2019年12月13日 15:00

ホワイトマーク 8月、9月は新たに2社が認定

 安全衛生優良企業認定(ホワイトマーク認定)は、労働者の安全や健康確保対策に積極的に取り組み、高い安全衛生水準を維持・改善しているとして、厚生労働省が企業を認定する制...

pagetop