• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年12月03日 09:00

人工知能(AI)はこれからが本来の意味での発展に向かう!(2)

慶応義塾大学理工学部 教授 栗原 聡 氏

AIを使った機器も電卓と同じ人間がつくりだした技術・道具

 現在のAIは、IT技術の延長線上にある「技術」あるいは「道具」と捉えた方がその実体に則しています。道具だからダメだと言っているわけではありません。基本的にテクノロジーというのは私たちをより豊かに、楽に、快適にする技術・道具なのです。

 私たちは自分の耳で100m先とか、地球の裏側の声は聞けません。しかし電話を使えばそれが可能になります。電話は耳の能力を拡張する技術・道具です。また、テレビカメラを使えば、私たちはその場にいなくても、国内外の現地模様を見ることができます。テレビカメラは目の能力を拡張する技術・道具です。

 私たちは数字を計算することができます。しかし、電卓はその何倍もの速さで、より正確に計算することができます。電卓は計算能力を拡張する技術・道具です。同じように、空港で瞬時に顔を識別するAI(ディープラーニング技術)を使った機器も、人間の認識能力を再現するための有効な技術・道具なのです。しかし、そのようなAIであっても、その起源ははるか遡れば「電卓」といえるのです。

 AIが人の職業を奪うという懸念が多く指摘されておりますが、18世紀後半頃の産業革命から現在まで、新しい技術・道具が生み出され、効率化が促進される度に、そこで働いている人が必要なくなることが繰り返し起こってきました。AIに限ったことではありません。事実、自動車工場はオートメーション化されて、人はほとんどいなくなっています。 

 ところが、AIに関してだけは「人間ならではの知的能力がAIに置き換えられるのは脅威である」というような漠然としたネガティブな考えが蔓延しているのです。

 現在のAI(低汎用型)がIT技術の延長線上にあることは間違いありません。しかし、研究開発は、とどまることなく、絶えず未来へ向かっています。そして、今まさに、AIがIT技術の延長線上から飛び出て、自律性・能動性を持つ高汎用型AIに向かいつつあります。つまりAI研究開発は今後、自動から自律に移っていきます。

 自律とは、取得したデータを基に推論し、判断し、自ら動きに移せることを意味します。ただし、現在は基礎研究の段階であり、自律性をもち、人のような高い汎用性をもつAIが登場するには、まだかなりの年数が必要なのです。

我々の行動を決めているのは、顕在意識ではなく潜在意識

 ――なるほど今ちょうど過渡期なのですね。次に、AIと「意識」について教えてください。

 栗原 まず、意識は顕在意識と潜在意識の2つのタイプに分けられ、一般に我々が意識と表現する時、それは顕在意識のことを指しています。次に、私は講演などの後のQ&Aで「将来は人工知能も自我や意識をもつようになるのですか?」とよく聞かれます。私の回答は「Yes」です。しかし、それは人が脳において顕在意識を生み出す仕組みを工学的に正確に再構成できる、という意味ではありません。

 意識や自我、そして意図があると思えるような感覚を我々が抱くことができるAIは実現が可能であるという意味です。そして、将来的に、自律性をもつAI(高汎用型人工知能)が実現できれば、我々はAIに対して、意識をもつような感覚を抱くに違いないと考えています。

 重要なのは、我々の柔軟な判断力や多様な情報からの直接的な行動を生み出しているのは「潜在意識」であるということです。

 我々の行動を管理し決めているのは「顕在意識」ではなく、意識化されない「潜在意識」の方なのです。たとえば車を運転中「危ないからブレーキを踏まなければ!」と顕在意識にて意識する前には、すでに潜在意識による脳から足の筋肉への指令が出ているのです。その直後、顕在意識は潜在意識から「危ないからブレーキを踏んだよ」という事後報告を受けるのですが、顕在意識はあたかも自分の意志でブレーキを踏んだと錯覚するのです。

 さらに、潜在意識から顕在意識には、極少数の重要な事後報告しか通達されないのです。その証拠に我々は自分の脳がどのようにして無数の筋肉を制御し、ほかの臓器と連携して体を維持しているか、思えば驚くほどまったく意識することができません。親が自分の娘・息子に自転車の乗り方を教えることが容易ではないのがそのよい例です。潜在意識は自転車に乗るために体のさまざまな筋肉を動かしているものの、顕在意識にはそのうちのほんの少しの情報しか伝達されないのです。

(つづく)
【金木 亮憲】

<プロフィール>
栗原 聡氏(くりはら・さとし)

 慶応義塾大学大学院理工学研究科修了。NTT基礎研究所、大阪大学産業科学研究所、電気通信大学大学院情報理工学研究科などを経て、2018年から慶応義塾大学理工学部教授。博士(工学)。電気通信大学人工知能先端研究センター特任教授。大阪大学産業科学研究所招聘教授、人工知能学会倫理委員会アドバイザーなどを兼任。人工知学会理事・編集長などを歴任。人工知能、ネットワーク科学等の研究に従事。著書として、『社会基盤としての情報通信』(共立出版)、『AI兵器と未来社会』(朝日新書)、翻訳『群知能とデータマイニング』、『スモールワールド』(東京電機大学出版)など多数。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年05月27日 16:30

Zoomが中国で利用規制~新規の無料ユーザー登録が不可に

 ここ数日、中国において、「Zoom」の無料ユーザーがログインできない事態が生じている。24日、記者が日本、中国、香港の友人たちとZoomで会話をしようとしたところ、...

2020年05月27日 16:10

緊急事態宣言全面解除 「新しい生活様式」46ヶ条の総まとめ

 「新しい生活様式」とは何か! すでに実践済みとは思いますが、改めて政府が唱える46項目の「新しい生活様式」を掲載します

名ライオンズマン・和田耕司氏のライオンズクラブ「惜別の辞」

 和田耕司ライオンより、ライオンズクラブ脱会にあたっての「惜別の辞」が送られてきた...

2020年05月27日 13:36

【BIS論壇No.322】コロナ後の日本、世界経済予測

 今回のコロナパンデミックは2003年のサーズに比べ、グローバル化の加速もあいまって、伝染病が短期間に世界に蔓延。世界の経済活動にかつてない深刻な影響を与えている...

宇都宮健児都知事誕生の可能性

 新型コロナウイルスの人口あたり死者数のデータを見ると地域差が歴然としている...

2020年05月27日 11:26

春日市温水プール大規模改修、中野建設JVが3.5億円で落札

 春日市発注の、「春日市温水プール大規模改修工事(建築工事)」を、中野建設・キムラJVが3億5,850万円(税別)で落札した...

2020年05月27日 10:56

危機に直面し、自らをイエス・キリストにたとえる孫正義の自信と勝負魂(1)

 日本では緊急事態宣言が解除されたが、先行きに対する不安は残ったままだ。そのため、政治家はいうにおよばず、ビジネスの世界でも冒険心や挑戦の気概を失い、立ち止まってしま...

2020年05月27日 10:18

「徒歩の調査」から見た福島第一原発事故 被曝地からの報告(中)

 放射線の話になると、さまざまな単位が出てくるため、以下に簡単に説明しておきたい。原発事故の記事が出ると、多くの読者はこれで訳がわからなくなる...

2020年05月27日 07:00

【書評】『やる気を引き出す言氣の心理学――働き方か生き方改革か』柳平彬著(ぱるす出版)

 著者の柳平氏は、昨今議論されている働き方改革について、より大事なことは1人ひとりの「生き方改革」ではないかと主張する。その理由は人の潜在的な能力を引き出すには...

2020年05月27日 07:00

博多阪急3月期、売上高4.7%減 インバウンド、コロナ禍響く

 エイチ・ツー・オー・リテイリングの発表した2020年3月期決算によると、博多阪急の売上高は...

pagetop