わらび座ミュージカル「ジパング青春記」特設ページ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年12月06日 13:00

【事業継承の教訓】ザ・クイーンズヒルゴルフクラブ裁判から何を学ぶのか(前)

1:秘密裏に行われた田原氏の葬儀

 マンション業界のドンであった田原學氏が難病ALS(筋萎縮性側索硬化症)を患い、長い闘病生活を経てこの世を去った。2017年3月7日のことである。この偉人の訃報が届いたのは3月28日のことで、故人の死からすでに3週間が過ぎていた。関係者に聞いてみたところ、「どうも田原さんが亡くなったのは事実のようである」と口をそろえる。

 ところが誰1人として「通夜に行った」とか「葬儀に立ちあった」という証言が得られなかった。「偉大な功績を残した田原氏の葬儀を家族葬にするとは何事か!」と怒りの念が込みあげてきた。関係者の証言を総合すると「長男・司氏がひっそりと家族葬を強行した」ということになる。故人からお世話になった方々はごまんといるというのに――。

 積善社福岡斎場で葬儀を行えば1,000人以上が参列していただろう。「司は何をやっているのか!オヤジさんに恩義を返す機会(葬儀でのお別れ)を取り上げやがって!」と怒り心頭に発する人を数多く目にした。

 そこで2017年7月27日「Net IB News」(「親不孝の典型・ふたりの息子」)で下記のように報じた。

 「親の名に泥を塗る息子」というはどの時代にもいるものである。第一の例は「息子」。中洲のとある有名店の子息が韓国内で詐欺の容疑をかけられ、帰国できない状況にあるようだ。自動車販売業を営むこの子息は、福岡市内の本店の家賃不払いでトラブルになったこともある、いわばトラブルメーカ――。今回の意見を聞いて「ヤレヤレ」とあきれる向きも多いという。

故人の逝去前からゴルフ場経営権をめぐって裁判していた

 次に挙げる「息子」田原司氏は、業界を牽引してきた(株)ソロンの故・田原學氏の長男。ここで問題にするのは(株)ザ・クイーンヒルズゴルフ場の処理の件である。故人・田原氏が逝去されて4カ月が過ぎようとしているが、いまだに田原學氏が取締役にとどまっているのだ。

 4カ月もの間、故人が取締役として登記され続けているの例を見たことがない。本来は長男・司氏が対策に奔走するのが筋であるだが、まったくの放置状態であった。生前贈与で巨額な資産を継承したといわれるが、「司さんよ!そんな親不孝な振る舞いをしていては、オヤジさんが草葉の陰で泣いているぞ!」

 筆者は「よく學氏からお世話になった人たちの心痛を察して代弁できた」と当時は自画自賛していたが、今となっては赤面の思いである。2017年3月に故人が亡くなっていた際、司氏はザ・クイーンズヒルゴルフ場経営陣と経営権をめぐる裁判を起こしていたのである。

 司氏にとってゴルフ場の経営権を取り返すことが最大の重要案件だった。「オヤジの葬儀を公然と行えば、裁判で不利な事態を招くかもしれないと考えて、學氏氏の死去を公にしなかった」と、司氏の判断を記事に付加すべきだったと反省している(もちろん、実父・學氏を心から供養する気持ちは薄いとみるが)

2:ゴルフ場経営陣は株権移行の変遷の実体を調査すべし

 この項目の主体は『事業継承の教訓』である。だから脱線はしたくない。ただこれだけは補足しておく。故・學氏が生前に司氏へゴルフ場の経営権を譲るとは考えにくい。これはゴルフ場経営陣にとっては周知のことである。お互いの憎しみが半端なものではなかったことが幾度も目撃されているはずだから…。

 第2審の結審が迫っているなかでの証拠固めは難しいかもしれない。だが、司氏がまったく動きが不自由になった故人を手玉に取ることは容易で、ゴルフ場の株権を取り上げることは簡単なことだった。ゴルフ場経営陣および弁護団は迅速に株の移転の不明瞭さを突くための証拠固めをやるべきだった。

(つづく)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年01月22日 09:30

【検証】「ゴーン国外脱出」~明白な陰謀の証拠(後)NEW!

 ゴーンの主張する陰謀の本丸は2つの司法取引の闇の奥にある。陰謀者らはゴーンを貶めるための証拠の捏造をはかると同時に、その陰謀の痕跡を残さないように証拠隠滅もはからな...

2020年01月22日 07:30

競争激化の調剤市場に新風 「未病予防」で新事業参入NEW!

 堤薬局は1989年に元製薬大手の協和発酵工業(株)(現・協和キリン(株))の社員だった堤滋久氏が佐賀県神埼郡で創業。神崎地区を中心に鳥栖エリアまでの調剤薬局事業を展...

2020年01月22日 07:00

お客さま第一主義で「技術」と「信頼」を獲得 人にやさしい快適住環境空間を創造NEW!

 中原工務店は、1964年1月に故・中原義人氏が創業、65年2月に設立した。93年3月に中原賢勝氏が2代目に就任。2013年1月には賢勝氏が代表取締役会長に就任、3代...

2020年01月22日 07:00

時代に合わせて変化&成長 社員の力を結集し、新たな事業への挑戦NEW!

 (株)ダックスは1995年の設立以来、まもなく四半世紀を迎える業歴のなかで、自社ブランド「パレストマンション」を始めとする新築分譲マンションの販売を中心に事業を展開...

2020年01月21日 17:35

協力業者の作業員が事故により死亡~明電舎に6週間の指名停止措置

 国土交通省関東地方整備局は1月20日、(株)明電舎(東京都品川区、三井田健代表)に対し、6週間の指名停止措置を下した。指名停止期間は、2020年1月20日から3月1...

2020年01月21日 17:14

「デフレ脱却のため政策転換を!」三橋貴明氏講演「2020年の日本経済の見通し」

 元自民党副総裁の山崎拓氏が主宰する政経フォーラム(第30回)が20日、福岡市中央区の「天神スカイホール」で開催され、作家・経済評論家の三橋貴明氏が特別講演の講師とし...

2020年01月21日 16:35

医者があきらめた疾病を完治~身体が本来もつ機能を高め、リウマチ患者の症状を改善

 リウマチは免疫の異常により関節を裏打ちしている骨膜という組織に炎症が生じる疾患だ。炎症が続くことで関節が徐々に破壊され、やがて変形したり固まったりして動かなくなる。...

2020年01月21日 16:30

天神ビッグバンで一体開発を検討 福岡地所と住友生命

 福岡市・天神2丁目の2棟のビルが一体開発される見通しであることがわかった。一体開発されるのは、福岡地所(福岡市)が所有する天神西通りビジネスセンター(旧・福岡天神第...

2020年01月21日 15:00

高まる労災の訴訟リスク 問われる企業の健康管理(前)

 電通の過労死事件の報道以来、企業の健康管理が注目されるようになった。多くの大手・中堅企業は、過労などの労働災害の訴訟リスクを抱えることに敏感になってきている。働く人...

2020年01月21日 14:30

中国経済新聞に学ぶ~中国産の米国テスラ車第1弾が引渡し

 米テスラ社の上海ギガファクトリーで12月30日午前、中国産テスラ車の第1弾が正式に引き渡された。テスラがこれまで中国公式サイトで予告していた引き渡し時期は2020年...

pagetop