わらび座ミュージカル「ジパング青春記」特設ページ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年12月07日 07:00

【事業継承の教訓】ザ・クイーンズヒルゴルフクラブ裁判から何を学ぶのか(中)

3:事業継承の成功例が急増

(1)建設会社は腹を括って不動産業に転じられる

 吉川工務店(福岡市)のオーナーが西部ガスに会社を売却する決断をした(巷の評価では12億円内外)。絶好調の建設会社の環境も永遠に続かない。いずれ企業存続をするかどうかの瀬戸際に立たされる時期がやってくる。「さぁ、どう選択するか!」過去とは状況が違う。この5年の我が世の春の満喫は、とてつもない内部留保をもたらした。

 だから「うちの息子に譲ったら会社の存続は可能か」とか「息子に苦労をかけたくない」などと案ずることはない。建設業の看板を下ろすことを決断すれば良い話である。要は家賃収入業=家主の選択をすることだ。そうすれば現経営者の代から孫までの3代までは飯が食えるだろう。技術スタッフが揃っている企業規模であれば、吉川工務店のように企業売却という選択肢もある。

(2)マンション業界も事業継承が容易になった

 マンション業界は自転車操業が宿命づけられている。次の商品=土地を仕込めなくなったら「アウト」である。だからこそ創業者の後を継いだ2代目の成功例が少なかったのだ。そこにようやく登場したのが新栄住宅(福岡市中央区)である。マンション用地の連続仕込みをしなくても企業運営ができる蓄えをもった。2代目社長は手堅く経営をしている。

 故人・學氏も業界の事業継承の困難さを知っているがゆえにタイミングを逸したのだろう(難病にかかったことが致命的だったが――)。

 ところが新栄住宅に続く同業者が現れ出した。まず「えん」(福岡市中央区)だ。同社は管理物件1万戸に王手をかけた。ここまで規模を拡大すれば、ストックビジネスで経営が成立する。新規の土地仕込みの宿命から解放されれば、次期後継者の経営の苦労が軽減し、多角的な展開も容易になる。新栄住宅に続くのは「『えん』なり」となるが、業態は「えん」が上回るようになった。

 その後を追うのが「西武ハウス」(福岡市中央区)である。豊福社長も土地仕込みの後手、後手に悩んだ経験が3回はあった。「もう終わりか」と覚悟を決めたこともあったという。そこから得た結論は「いかにストックビジネスで企業を存続させるか」だ。現在、香椎浜で580戸の大型マンションを売り出している。

 同業者間では「豊福社長はもう香椎浜みたいな大型物件の販売はしないだろう」と囁かれている。裏を返せば「不動産関連ビジネスで企業維持ができる」と判断しているという意味である。「この状態であれば息子も事業継承できる」という親の子に対する愛情の証なのかもしれない。

(3)意外と踏ん張る後継経営者を見かける

 2、3代目に気迫がなく、遊びほうけて会社を潰した例は過去にたくさんあった。

 たとえばコンクリートの2次製品会社のケース。せっかくコンサルが入って立て直しのメドをつけた(債務超過を一掃した)のに3年で元の木阿弥。3代目は他人さまの助言も聞かずに暴走気味。行き詰まりも時間の問題。コンサルも見放したのである。

 A社の場合は2代目社長が癌で亡くなった。当初の予想よりも3年ほど早い逝去だった。

 相続対策も後手になっており、多角化ビジネスでのトラブルによる民事訴訟も抱えていたが、兄弟(兄:社長、弟:専務)が結束して難局に立ち向かっている。現ビジネスも大きな曲がり角、岐路を迎えているが、着々と布石を打ってきたので、3代目の代をつつがなく過ごしていくだろう。

 B社の場合、創業者とは同じライオンズクラブで親密な付き合いをしていた。飲むと必ず「息子は何を考えているか、さっぱり不明。こんな奴を事業後継者にしたら必ず潰してしまう。娘婿に譲るつもりである」とくだを巻いていた。この創業者の経営能力は卓越したものがあった。強力なビジネスモデルを構築していたのだ。

 しかし、肺気腫により永眠した。娘婿はさすがに社長のポストをいただこうという野心を表明しなかった。当然、創業者が罵倒していた息子が2代目を継いだ。しかし、不安視されていた2代目は経営能力をいかんなく発揮、企業の成長を成し遂げた。B社の例ではないが、我が子の能力をもう少し信頼して良かろう。加えること、やはりB社のように同業に抜きんでた事業スキームを築き、バトンタッチすることが重要である。

(つづく)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年01月22日 07:30

競争激化の調剤市場に新風 「未病予防」で新事業参入NEW!

 堤薬局は1989年に元製薬大手の協和発酵工業(株)(現・協和キリン(株))の社員だった堤滋久氏が佐賀県神埼郡で創業。神崎地区を中心に鳥栖エリアまでの調剤薬局事業を展...

2020年01月22日 07:00

お客さま第一主義で「技術」と「信頼」を獲得 人にやさしい快適住環境空間を創造NEW!

 中原工務店は、1964年1月に故・中原義人氏が創業、65年2月に設立した。93年3月に中原賢勝氏が2代目に就任。2013年1月には賢勝氏が代表取締役会長に就任、3代...

2020年01月22日 07:00

時代に合わせて変化&成長 社員の力を結集し、新たな事業への挑戦NEW!

 (株)ダックスは1995年の設立以来、まもなく四半世紀を迎える業歴のなかで、自社ブランド「パレストマンション」を始めとする新築分譲マンションの販売を中心に事業を展開...

2020年01月21日 17:35

協力業者の作業員が事故により死亡~明電舎に6週間の指名停止措置

 国土交通省関東地方整備局は1月20日、(株)明電舎(東京都品川区、三井田健代表)に対し、6週間の指名停止措置を下した。指名停止期間は、2020年1月20日から3月1...

2020年01月21日 17:14

「デフレ脱却のため政策転換を!」三橋貴明氏講演「2020年の日本経済の見通し」

 元自民党副総裁の山崎拓氏が主宰する政経フォーラム(第30回)が20日、福岡市中央区の「天神スカイホール」で開催され、作家・経済評論家の三橋貴明氏が特別講演の講師とし...

2020年01月21日 16:35

医者があきらめた疾病を完治~身体が本来もつ機能を高め、リウマチ患者の症状を改善

 リウマチは免疫の異常により関節を裏打ちしている骨膜という組織に炎症が生じる疾患だ。炎症が続くことで関節が徐々に破壊され、やがて変形したり固まったりして動かなくなる。...

2020年01月21日 16:30

天神ビッグバンで一体開発を検討 福岡地所と住友生命

 福岡市・天神2丁目の2棟のビルが一体開発される見通しであることがわかった。一体開発されるのは、福岡地所(福岡市)が所有する天神西通りビジネスセンター(旧・福岡天神第...

2020年01月21日 15:00

高まる労災の訴訟リスク 問われる企業の健康管理(前)

 電通の過労死事件の報道以来、企業の健康管理が注目されるようになった。多くの大手・中堅企業は、過労などの労働災害の訴訟リスクを抱えることに敏感になってきている。働く人...

2020年01月21日 14:30

中国経済新聞に学ぶ~中国産の米国テスラ車第1弾が引渡し

 米テスラ社の上海ギガファクトリーで12月30日午前、中国産テスラ車の第1弾が正式に引き渡された。テスラがこれまで中国公式サイトで予告していた引き渡し時期は2020年...

2020年01月21日 14:16

「いつも通り薄っぺらい」、山本太郎が施政方針演説を批判

 れいわ新選組の山本太郎代表は20日、安倍首相の施政方針演説について「いつも通り薄っぺらい」と表現し、7年かけてもデフレ脱却できない経済財政運営を酷評するとともに、障...

pagetop