• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年12月06日 13:00

【事業継承の教訓】ザ・クイーンズヒルゴルフクラブ裁判から何を学ぶのか(前)

1:秘密裏に行われた田原氏の葬儀

 マンション業界のドンであった田原學氏が難病ALS(筋萎縮性側索硬化症)を患い、長い闘病生活を経てこの世を去った。2017年3月7日のことである。この偉人の訃報が届いたのは3月28日のことで、故人の死からすでに3週間が過ぎていた。関係者に聞いてみたところ、「どうも田原さんが亡くなったのは事実のようである」と口をそろえる。

 ところが誰1人として「通夜に行った」とか「葬儀に立ちあった」という証言が得られなかった。「偉大な功績を残した田原氏の葬儀を家族葬にするとは何事か!」と怒りの念が込みあげてきた。関係者の証言を総合すると「長男・司氏がひっそりと家族葬を強行した」ということになる。故人からお世話になった方々はごまんといるというのに――。

 積善社福岡斎場で葬儀を行えば1,000人以上が参列していただろう。「司は何をやっているのか!オヤジさんに恩義を返す機会(葬儀でのお別れ)を取り上げやがって!」と怒り心頭に発する人を数多く目にした。

 そこで2017年7月27日「Net IB News」(「親不孝の典型・ふたりの息子」)で下記のように報じた。

 「親の名に泥を塗る息子」というはどの時代にもいるものである。第一の例は「息子」。中洲のとある有名店の子息が韓国内で詐欺の容疑をかけられ、帰国できない状況にあるようだ。自動車販売業を営むこの子息は、福岡市内の本店の家賃不払いでトラブルになったこともある、いわばトラブルメーカ――。今回の意見を聞いて「ヤレヤレ」とあきれる向きも多いという。

故人の逝去前からゴルフ場経営権をめぐって裁判していた

 次に挙げる「息子」田原司氏は、業界を牽引してきた(株)ソロンの故・田原學氏の長男。ここで問題にするのは(株)ザ・クイーンヒルズゴルフ場の処理の件である。故人・田原氏が逝去されて4カ月が過ぎようとしているが、いまだに田原學氏が取締役にとどまっているのだ。

 4カ月もの間、故人が取締役として登記され続けているの例を見たことがない。本来は長男・司氏が対策に奔走するのが筋であるだが、まったくの放置状態であった。生前贈与で巨額な資産を継承したといわれるが、「司さんよ!そんな親不孝な振る舞いをしていては、オヤジさんが草葉の陰で泣いているぞ!」

 筆者は「よく學氏からお世話になった人たちの心痛を察して代弁できた」と当時は自画自賛していたが、今となっては赤面の思いである。2017年3月に故人が亡くなっていた際、司氏はザ・クイーンズヒルゴルフ場経営陣と経営権をめぐる裁判を起こしていたのである。

 司氏にとってゴルフ場の経営権を取り返すことが最大の重要案件だった。「オヤジの葬儀を公然と行えば、裁判で不利な事態を招くかもしれないと考えて、學氏氏の死去を公にしなかった」と、司氏の判断を記事に付加すべきだったと反省している(もちろん、実父・學氏を心から供養する気持ちは薄いとみるが)

2:ゴルフ場経営陣は株権移行の変遷の実体を調査すべし

 この項目の主体は『事業継承の教訓』である。だから脱線はしたくない。ただこれだけは補足しておく。故・學氏が生前に司氏へゴルフ場の経営権を譲るとは考えにくい。これはゴルフ場経営陣にとっては周知のことである。お互いの憎しみが半端なものではなかったことが幾度も目撃されているはずだから…。

 第2審の結審が迫っているなかでの証拠固めは難しいかもしれない。だが、司氏がまったく動きが不自由になった故人を手玉に取ることは容易で、ゴルフ場の株権を取り上げることは簡単なことだった。ゴルフ場経営陣および弁護団は迅速に株の移転の不明瞭さを突くための証拠固めをやるべきだった。

(つづく)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年08月06日 16:53

メモリードのリゾートホテル「ガーデンテラス福岡ホテル&リゾート」が小戸に誕生

 メモリードグループは2020年8月、福岡市西区のシーサイド、小戸にリゾートホテル「ガーデンテラス福岡ホテル&リゾート」をオープンした...

2020年08月06日 15:30

(株)アクアマリン(東京)/人気アニメキャラクターのフィギュア製作

 同社は8月3日、東京地裁に破産手続きの開始を申請し、同4日、同地裁より破産手続開始決定を受けた...

2020年08月06日 15:27

(株)rs(旧・シロカ(株))(東京)/家電・雑貨販売ほか

 同社は7月21日、東京地裁に特別清算を申請し、8月3日に特別清算開始決定を受けた...

2020年08月06日 15:04

【イベント】長崎大学の学生が研究発表「宇久島の未来」 UCバークレーの学生も参加

 長崎大学環境科学部の国際交流委員会は8月17日に、「20年後の宇久島」をテーマとした研究発表会を行う。国際交流プログラムの一環として行うもの...

2020年08月06日 14:30

ニューヨークは必ず再起する(前)

 ついこの間まで世界コロナ都市と呼ばれてもおかしくないぐらい、新規感染者や死者が多かったニューヨーク。普段より長い冬のなか、狭いアパートで何カ月も監禁されたことをすっ...

2020年08月06日 13:57

【横田一の現場レポート】コロナ禍で需要落ち込みでもリニア建設に固執~背景に守旧派土建政治連合(後)

 アフターコロナ時代に突入してもなお、コロナ前のリニア推進論を口にするだけの〈維新コンビ〉と対照的なのが、JR東海や国交省、さらに自民党国会議員らと対等に渡りあう川勝...

2020年08月06日 13:00

「新型コロナ」後の世界~大学の本来あるべき姿を考察する!(4)

 「この本は2019年の春に私がオックスフォード大学に行き、苅谷教授の研究室で行った対談をまとめたものです。苅谷先生との対談をやってみたいと考えるようになったのは...

2020年08月06日 11:30

ポストコロナ時代の新世界秩序と東アジアの安全保障(4)

 南シナ海での米中対立と連動するかのように、台湾や香港をめぐる米中両国の政治・軍事面での駆け引きもエスカレートしている...

2020年08月06日 11:00

元総合商社駐在員・中川十郎氏の履歴書(8)インドの友人の思い出

 ニューデリーの国営アショカホテルで、インドシルク、民芸品、骨董品、宝石を扱う3つの店舗を経営していたサテイパル社長とは、今も付き合いを続けている...

2020年08月06日 10:47

タカラレーベンが天神5丁目でタワマン開発へ

 「レーベン」シリーズの分譲マンションを開発してきたタカラレーベン(東証一部)が、福岡市・天神でタワーマンションを計画していることがわかった...

pagetop