わらび座ミュージカル「ジパング青春記」特設ページ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年12月12日 15:06

中国経済新聞に学ぶ~習近平主席 日中関係に関する八つの論断

 中国国家主席習近平氏は11月25日、第一回中日ハイレベル人的・文化交流対話の東京での開催に書簡で祝辞を寄せた。習主席は「現在、中日関係は持続的に改善されつつある。中日双方が共同でこのメカニズムをしっかり活用させ、人的・文化的交流を推進し、民心の交流を促進することで、新時代の要求に適した中日関係の構築と発展のための人的・文化的サポートを提供することを望んでいる」と強調した。

 人民日報は「習主席は中日関係を非常に重視し、中日関係について重要な論述を数度している。近年、中日関係は正常な軌道に戻り、前向きな発展の勢いを示している」と評価しながら、中日関係の発展に関して、習主席の八つの論断をまとめた。

(一)中日両国共通の利益と懸念が増えている

 現在世界情勢には過去百年間なかった大きな変動が起きている。クローバル・ガバナンス体制は深く再構築され、国際構造の変化が加速している。中日両国共通の利益と懸念が増えている。われわれは新時代の要求に適した中日関係を構築し、中日関係を世界平和維持、共同発展促進の重要でプラスな要素とすべく共に努力する必要がある。

・2019年6月27日、安倍晋三首相と大阪で会談した際に強調

(二)中日関係の長期的で健全かつ安定的な発展は、両国国民の根本的利益に合致

 中国と日本は隣国であり、両国の利益は高度に融合している。世界の主要エコノミーとして、また重要な影響力をもつ国家として、中日関係の長期的で健全かつ安定的な発展は、両国国民の根本的利益に合致するものであり、アジア地域と国際社会がともに期待するところでもある。

・2018年10月26日、釣魚台迎賓館で安倍晋三首相と会談した際に指摘

(三)平和、友好、協力が双方にとって唯一の正しい選択

 平和、友好、協力が双方にとって唯一の正しい選択であり、両国国民及び国際社会の一致した期待でもあることは歴史が証明している。我々は両国関係の改善プロセスを妨害する問題の根本的原因について深く考え、有効な措置を講じてこれを転換させるべきだ。

・2017年5月16日、釣魚台迎賓館で自民党の二階俊博幹事長と会談した際に強調

(四)中日は国際的責任を共に担うべき

 現在国際情勢には深刻で複雑な変化が生じ、不安定化要因と不確定要因が増えている。世界の主要エコノミー及び地域の重要国である中日は共同で責任を担い、世界と地域の平和・安定維持及び発展・繁栄のために建設的役割を果たすべきだ。

・2018年9月12日、ウラジオストクで安倍晋三首相と会談した際に指摘

(五)両国関係の政治的基礎に関わる重大な問題においては、いかなる妥協も、少しでも後退してはならない

 政治的基礎をしっかりと維持することは中日関係の健全な発展の前提だ。国交正常化以降、中日双方は四つの政治文書と四つの原則的共通認識に相次いで達成し、歴史問題や台湾問題など諸問題の適切な処理について原則を確立した。こうした両国関係の政治的基礎に関わる重大な問題においては、いかなる妥協もしてはならない、少しでも後退してはならない。そうして初めて、中日関係は軌道を外れず、ペースを鈍化させることもなくなる。日本が信義を重んじ約束を守り、ルールに基づいて物事に対処することを希望する。

・2017年7月8日、ハンブルクで安倍晋三首相と会談した際に強調

(六)互恵協力は中日関係の前向きな発展の原動力

 互恵協力は中日関係の前向きな発展の原動力だ。新たな情勢の下、双方は二国間の実務協力の水準を高め、地域経済の統合を積極的に推進し、「一帯一路」の枠組での協力の早期実行を後押しするべきだ。

・2017年11月11日、ベトナム・ダナンで安倍晋三首相と会談した際に指摘

(七)経済・貿易分野で中日の実務協力には大きな潜在力

 新たな情勢の下、中日関係の発展は以前にも増して有利な条件を備えている。経済・貿易分野で中日の実務協力には大きな潜在力がある。我々は日本側が引き続き中国の改革開放プロセスに参加し、中国発展の新たなチャンスを共有することを歓迎する。双方は強みによる相互補完を十分に発揮し、協力の幅を広げ、深みを増す必要がある。

・2018年11月30日、ブエノスアイレスで安倍晋三首相と会談した際に強調

(八)両国友好の基礎は民間にあり

 中日は一衣帯水の隣国であり、両国友好の基礎は民間にあり、両国民友好の未来は若い世代に希望が託されている。中日両国の青年が交流と相互参考を強化し、相互理解を増進し、長期的な友情を発展させ、両国関係のさらに素晴らしい明日を切り開くために積極的に貢献することを希望する。

・2019年6月、「Panda杯」作文コンクールで受賞した日本の青年への返書で指摘


中国経済新聞を読もう

<連絡先>
■(株)アジア通信社
所在地:107-0052 東京都港区赤坂9-1-7
TEL:03-5413-7010
FAX:03-5413-0308
E-mail:china@asiahp.net
URL:http://china-keizai-shinbun.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年01月18日 07:00

理念と価値観を共感する仲間とともに 「街と人が輝く社会」を目指す

 一般電気工事から交通信号機設置工事、空調設備工事、電気通信工事まで幅広い事業を手がける第一電建(株)は2020年に50期目を迎える。同社は1971年6月に住宅、ビル...

2020年01月18日 07:00

地場で一番きれいな工事現場で地域活性化に貢献する

 スエナガは、2015年1月に設立された総合建設会社である。同社の代表取締役・出口洋一氏は、34年間、地場建設業の(株)末永工務店に勤務。一貫して技術畑を歩み、常務取...

2020年01月18日 07:00

TRGほか新サービスで解決目指す プレイヤーだからわかる業界の不便

 トリビュートは創業以来、「不動産再生」に主眼を置いてきた。不動産再生とは、「空室が目立つ」「用途が立地に合っていない」「土地が狭小、不整形地」などの課題を解決するこ...

2020年01月17日 15:00

厚生労働省公表の「ブラック企業」1月16日発表 福岡労働局分

 厚生労働省は17年5月から、労働基準関係法令に違反し書類送検された企業の一覧表をホームページに掲載している。

2020年01月17日 12:59

デラックス得丼お試し価格19日まで Hotto Motto(ほっともっと)

 プレナス(本社:福岡市博多区、塩井辰男社長)は10日、同社が展開する持ち帰り弁当店「Hotto Motto(ほっともっと)」の全店舗で「デラックス得丼」を発売した。

2020年01月17日 12:59

原点回帰で収益改善を急ぐほっともっと 20年2月期第3四半期

 持ち帰り弁当店「Hotto Motto(ほっともっと)」を展開する(株)プレナス(本社:福岡市博多区、塩井辰男社長)が14日に発表した20年2月期第3四半期の決算短...

2020年01月17日 12:35

OCHIホールディングス(株)創業の礎を守り進化させる胆力

 2010年10月1日に越智産業(株)の単独株式移転により、持株会社として設立されたOCHIホールディングス(株)。直近の2019年3月期で1,000億円の売上高を突...

2020年01月17日 11:54

【2/3開催】福岡県企業立地セミナーin東京

 福岡県は2月3日、東京都内の会場で、「福岡県企業立地セミナーin東京」を開催する。セミナーでは小川洋・福岡県知事のほか、昨年2月、福岡県久留米市に国内外向け化粧品の...

2020年01月17日 11:26

JADMA、福岡で賀詞交歓会開催

 日本通信販売協会(JADMA)は16日、福岡市内で賀詞交換会を開催。協会会員および関係者95名が出席した。

2020年01月17日 10:45

まちかど風景・中央区~旧大名小跡地側に商業ビル

 福岡市中央区大名エリアでは「アパホテル福岡天神西(2020年5月開業予定)」や、「旧大名小学校跡地活用事業(ザ・リッツ・カールトン福岡など)」の工事が進んでいる。福...

pagetop