• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年12月25日 07:00

コクヨはなぜ、ぺんてるの買収に失敗したのか~強者の「驕りのオウンゴール」で自滅(後)

1通の密告書が熱戦に火をつけた

 コクヨの黒田英邦社長は11月15日、緊急記者会見を開き、ぺんてるの買収を決断するに至った経緯をマスコミに公表した。10月にぺんてる経営陣がほかの企業との提携を模索しているという情報が寄せられ「青天のへきれきで、にわかに信じがたかった」と黒田社長。

 真偽を確認したところ、ぺんてるは否定せず、逆に「コクヨ以外との提携を検討することも排除しない」といった趣旨の返事が届いた。ほかの企業に先を越されるよりはと、子会社化を決断したという。

 『週刊東洋経済』オンライン(19年11月20日付)が、「密告書」をスクープした。

 〈文書に記されてあるのは、コクヨの支配力を弱めるにはどうすればよいか、の策だ。「K社による子会社化を防ぐ」ためとして、プラス社が、コクヨの持分比率を上回る「40%」を保有する案が挙がっている。40%という数字は、コクヨが持つ約38%よりは多く、かつ、ぺんてるを子会社化する過半数には満たない、そのような数字だ〉

 〈文書には作成者のクレジットとして、ASPASIO(東京都中央区、田中康之社長)という名が記されている。ASPASIOはファイナンシャルアドバイザリー業務を主とする会社で、長年、ぺんてるの財務コンサルを担ってきた〉

『週刊東洋経済』オンライン(19年11月20日付)

 ぺんてるの上層部しか知りえない文書を、コクヨに送付していた。この文書は、ぺんてる上層部の何者かによる、内部告発書である。

ぺんてるはプラス派とコクヨ派に割れる

 コクヨが、株を買い増してぺんてるを子会社化する方針を発表すると、ぺんてるは即座に反対を表明。商品開発で6年以上、協業関係にあるプラスが友好的な第三者「ホワイトナイト(白馬の騎士)」としてぺんてるに出資すると表明すると、ぺんてるは賛同を取締役会で決めた。

 株主に対しては、両陣営からの訴えが飛び交った。ぺんてるは、プラス派とコクヨ派に割れた。

 「コクヨへの敵対的買収に応じることなく、ぺんてるの経営陣が最善と考えるJSCからの買い受けにご応募いただくよう、お願い申し上げる次第です」。

 11月20日以降、ぺんてる株主にこんな手紙が届き出した。差出人はぺんてる元社長・水谷壽夫氏。ぺんてるの最長老だ。ぺんてるの和田優社長も株主のもとを回り、「プラスの友好的買収に賛同するよう」働きかけた。

 コクヨ側につくOBもいる。ぺんてる元専務の池野昌一氏は11月24日、「安易に(ぺんてるの)現経営メンバーやプラスの誘いに乗らないように」と訴える手紙を配り始めた。プラスが株を取得すると、「経営は確実に迷走してしまう」と訴えた。

コクヨ御曹司の高飛車な態度に猛反発

 なぜ、ぺんてるの多くの株主が、買い取り価格が高いコクヨではなく、安いプラスに売ったのか。それには2つの出来事が作用したようだ。

 コクヨの黒田英邦社長は、日本経済新聞(11月26日付朝刊)のインタビューで、〈ぺんてる株を過半数取得できた場合、同社の経営陣を刷新する意向を示した。そのうえで、「執行役員や現場のリーダーには優秀な人材がたくさんおり、その中から抜てきしたい」と、新社長をぺんてる社内から選任する方針も明らかにした〉

 「ぺんてるの経営陣を刷新する」といった高圧的な発言がマイナスに働いたことは否めない。トップの首のスゲ替えは、過半数を握ってから、やればいいことだ。乗り込む前に、火に油を注ぐような発言は、百害あって一利なし。中立派の株主を敵に回す。ボンボン育ちの創業家の御曹司は、経営者として未熟であることを見せつけた。

 ぺんてる株を手に入れる経緯にしても、ぺんてるに連絡することなく、強引に進めた。「ぺんてるの経営陣はクビにする」と高飛車に出たから、「若造が何をほざく」と猛反発を招いた。

 さらに、ぺんてるを追われた前社長・堀江圭馬氏が、テレビ東京系『ワールドビジネスサテライト』(12月6日放送)に出演。「プラスはよくない」とコクヨにエールを送ったことも、OBたちの神経を逆なでした。堀江氏がコクヨと組んで、ぺんてるに復帰することを狙っているのではないかと疑われた。

 コクヨ側は「オウンゴール」で自滅した。これが、コクヨが買収に失敗した最大の要因だ。

 コクヨは101億円でぺんてる株を手に入れ、さらに46億円以上かけて追加取得した。しかし、過半にとどかず、経営権を握れない。減損処理に追い込まれるかもしれない。ぺんてる買収の失敗は高いものにつく。

(了)
【森村 和男】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年02月24日 07:00

日本発の「折紙工学」産業化に向けて離陸へ(4)NEW!

 萩原氏は1996年、東京工業大学教授に転じた。日産時代はアメリカの安全基準をクリアすることに精一杯だったが、「外に出てみて振り返って考えたときに、改めて衝突について...

2020年02月24日 07:00

【業界ウォッチ】第54回スーパーマーケット・トレードショー2020~Future Store “Now”NEW!

 幕張メッセにおいて2月12日~14日、スーパーマーケットを中心とする流通業界に最新情報を発信する商談展示会「第54回スーパーマーケット・トレードショー2020」が開...

2020年02月23日 07:00

日本発の「折紙工学」産業化に向けて離陸へ(3)

 こうした製品化への応用が進む折紙工学だが、萩原氏が折紙工学の研究に向かうきっかけは自動車の衝突対策であった。萩原氏は1972年、工学系の修士課程を終えて日産自動車(...

2020年02月23日 07:00

コンビニ業界大激変時代~月刊コンビニ 編集委員 梅澤 聡 氏(6)

 セブン-イレブンは、従業員の作業時間と作業量の削減を目的とした省人化の実験を19年7月「セブン-イレブン町田玉川学園5丁目店」(東京・町田市)でスタート、同年12月...

2020年02月22日 07:00

日本発の「折紙工学」産業化に向けて離陸へ(2)

 折紙工学を基に実用化された製品も登場してきている。萩原氏は、衛生用品の大手メーカー、ユニ・チャーム(株)と共同で、平面の紙を立体的に表現する「折紙工学」を応用してフ...

2020年02月22日 07:00

コンビニ業界大激変時代~月刊コンビニ 編集委員 梅澤 聡 氏(5)

 チェーン本部がいま最も腐心するのが、店舗運営におけるコスト削減である。納品時の検品レスやスライド棚による作業軽減、食器洗い機の導入、カウンターフーズのセルフ販売、発...

2020年02月21日 17:23

【熊本】動き始めた熊本空港アクセス鉄道~熊本地震が“追い風”

 熊本県で長年懸案になっていた熊本市街地と熊本空港を短時間で結ぶアクセス交通の整備計画が動き始めた。2016年4月の熊本地震への復興支援が“追い風”になり、定時輸送で...

2020年02月21日 16:56

『第10回日本山岳遺産サミット』に参加して

 「第10回日本山岳遺産サミット」が2月15日(土)、東京都千代田区一ツ橋にある一橋大学講堂で開催された。日本山岳遺産サミットとは、2019年度の日本山岳遺産認定地の...

2020年02月21日 16:28

通期予想、達成厳しいイズミ、MV九州、ナフコ~主要6社、1月末現在の売上高進捗状況

 2、3月期決算まで残すところ1~2カ月を切った。そこで月次売上増減率を公表している6社を対象に1月末現在の売上高の進捗状況を調べた。

2020年02月21日 15:00

厚生労働省公表の「ブラック企業」2月18日発表 福岡労働局分

 厚生労働省は17年5月から、労働基準関係法令に違反し書類送検された企業の一覧表をホームページに掲載している。

pagetop