• このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年01月08日 09:00

創業100年企業の遠忠食品 「三方よし」の精神が長寿企業の秘訣(2)

遠忠食品(株)代表取締役 宮島 一晃 氏

国産原料で第一次産業を応援

遠忠食品(株) 代表取締役 宮島 一晃 氏
遠忠食品(株) 代表取締役 宮島 一晃 氏

 佃煮は、野菜や海産物に、砂糖やしょうゆなどの調味料を使ってつくっている。原料がなければつくることができないため、「買ってやっているという気持ちにはなれず、原料を購入できてありがたいと感じている。共存共栄でWin-Winの姿勢を大切にしているからだ。長い目で見ると、売上や利益を重視しすぎるよりも、お互いに繁栄する意識のほうが大切だ。そうすれば利益も自ずと上げられる」と宮島氏はいう。

 木更津の海苔など東京湾を中心に、主に国産原料を使っているが、何十年と同じ漁師のグループから仕入れている。普通の取引では、豊作なら値段を安く交渉するが、「いつも同じ価格で買い取り、値引きの話はしない」と宮島氏はいう。豊作で値引きの取引をすると漁師側としてもいい商売にならず、お互いに良い関係を続けにくくなるという思いからだ。ただし、外的要因で値上げが必要な時は価格を調整している。たとえば、食品を販売するときには軽減税率で消費税は8%だが、食品に使う容器を仕入れる時には消費税率は10%に上がっていることもその1つだ。

 佃煮や惣菜の原料になる野菜や水産品も、できるだけ国産原料を使っている。農家や漁師と直接取引することで、普通なら商社に任せていては見えない部分も、積極的に現状を把握している。たとえば、中華素材の「ザーサイ」は国産原料を使った総菜を展開しているが、畑ごとに農家と直接契約して、作付けしたザーサイを全量買い取りしている。日本の第一次産業を応援したいという気持ちがあるからだ。

 農業の後継者が育ちにくい時代だといわれている。第一次産業は楽な仕事ではなく、自然災害のリスクもある。遠忠食品としては、輸入原料に頼らずに日本の農業や漁業の人たちと長く取引を続けていきたいという姿勢だ。

 惣菜に使っている国産の「メンマ」には、荒れた竹林の孟宗竹を販売することで、竹林の維持や管理ができるようにサポートしたいという宮島氏の考えがある。「愛媛の荒れた竹林を再生する協力ができればと考えている」と宮島氏はいう。

 宮島氏は、業界の常識にとらわれない異端児でもある。国産原料を使うことだけではなく、化学調味料を使わない食品づくりを行っている。スーパーでの低価格競争から距離を置き、付加価値のある商品として値付けをして専門店などで直接販売している。また創業以来、佃煮の製造では、しょうゆが香ばしくふっくらと仕上がる「直火釜」を使い続けている。直火釜は火加減の調整など経験と熟練が求められる。そのため、時代とともに大量生産が増えるにつれて、操作が容易な蒸気釜が主流になっている。だが、熱源が石炭や薪からボイラーに変わっても、遠忠食品の100年以上直火釜を残し、使い続けるという姿勢は変わらない。

(つづく)
【石井 ゆかり】

<COMPANY INFORMATION>
代 表:宮島 一晃
所在地:東京都中央区日本橋蛎殻町1-30-10
設 立:1948年3月
資本金:1,000万円
売 上:(19年/12月期)2億2,000万円

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年09月22日 07:00

BIS第170回例会~ワシントンDC、ローマを結ぶオンライン開催(9)

 最後に、中川十郎BISJ会長は「新型コロナ騒動」のなかで密かに進行している国際政治に目を向け、「一帯一路と米中貿易戦争」について発表した...

2020年09月22日 07:00

健康・安全意識の高まりに乗って、オールミネラル化システムにブレイクの兆し

 独創的な水処理システム『ミネラルクリスター』を製造・販売する(株)クリスター。雨が山の地層を通過し、豊富なミネラルを含んだ名水となって地下から湧き出る―そんな自然の...

2020年09月21日 07:00

BIS第170回例会~ワシントンDC、ローマを結ぶオンライン開催(8)

 井出氏は、新型コロナウイルス感染拡大で世界が求められていることは(1)感染経路の究明、(2)感染防止のための諸国民の努力、(3)専門家、医療関係者への期待・要請...

2020年09月21日 07:00

ご縁と絆を大切にして、堅実な事業を構築し続ける

 (株)隆工務店は1965年1月創業、67年7月設立の建設会社だ。現代表取締役・田原昇氏は、長年“番頭”として先代を陰で支え続け、2016年7月に3代目の同社代表取締...

2020年09月20日 07:00

実直・謙虚な姿勢で快適さを提供する

 創業64年の社歴をもつ地場有数の老舗である山本設備工業(株)。地場業界のなかでも老舗に入る企業を率いるのは、3代目代表取締役社長・山本慎一氏。今年で就任15年目に入...

2020年09月20日 07:00

【凡学一生のやさしい法律学】香港で起きていること~国家統治の基本となる三権分立(後)

 上述の9月1日付『産経新聞』の記事では、香港政府は高校教科書から「三権分立」の記述を削除させた、と最後に小さく記述されていた...

2020年09月19日 07:00

WITHコロナで柔軟対応戦略を展開

 「コロナ襲来でこんなに社会活動が規制されることを想像したこともなかった」と諸藤敏一社長が溜息をつく。しかし、立ち止まることはない...

2020年09月19日 07:00

【凡学一生のやさしい法律学】香港で起きていること~国家統治の基本となる三権分立(前)

 国の政治状況には、騒乱期と安定期がある。騒乱期には政治的争点は直ちに露見され、騒乱を激化させる。一方で、安定期には本来であれば政治的争点となる「不都合な真実」を支配...

2020年09月18日 17:48

【9/18~30】カイタックスクエアガーデンがスイーツなどのポップアップショップをオープン 新たなカルチャー発信を目指す

 「カイタックスクエアガーデン」は本日から、ポップアップショップやプロモーション拠点などとして利用できる「ワスクポケットショップ」をオープンさせた。

2020年09月18日 17:22

小田孔明選手らが豪雨被災地に義援金~復興への願い込めアスリートが数百点のグッズを無償提供

 九州出身のプロゴルファーの小田孔明選手らは、7月の豪雨で甚大な被害を受けた九州の3都市(福岡県大牟田市、熊本県人吉市、鹿児島県鹿屋市)に義援金を届けた。被災地が悲惨...

pagetop