• このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年01月14日 15:45

三菱重工は創業地の主力造船所を売却~日本製鉄から発祥の八幡製鉄所の名前が消える(前)

 三菱重工業は、創業地である長崎市内にもつ2つの造船所のうち、主力の香焼工場(長崎市)を大島造船所(長崎県西海市)へ売却する。造船を祖業とする三菱重工にとって長崎造船所は特別の存在で、いわば”聖地”である。また、日本製鉄からは八幡製鉄所の名前が消える。八幡製鉄所は、日本製鉄の原点だ。期せずして、日本の重厚長大企業の2社から、創業地をめぐる動きがあった。長崎造船所と八幡製鉄所の創業を振り返ってみよう。ともに前身は官営企業であった。

西南戦争で財を成した政商・岩崎弥太郎

 三菱の創始者、岩崎弥太郎は典型的な政商である。三菱商会として海運業に進出していく。最大の官需は1877(明治10)年2月から始まった西南戦争。政府の社船徴用命令を受けた三菱はただちに、これに応じた。6万人を超す大兵力と、そのための軍需品を三菱が迅速に運んだことが、政府軍勝利の大きな原因となり、三菱は西南戦争で莫大な利益を得た。

 弥太郎は海運業で得た利益をもとにさまざまな事業に進出したが、最も重要なものは高島炭鉱と長崎造船所で、三菱が後に財閥を形成する母体となった。

 高島炭鉱は江戸時代から佐賀藩が採炭を行っていた。明治政府が高島炭鉱を官収し、これを後藤象二郎に払い下げた。しかし、後藤には払い下げ代金を支払うカネがない。弥太郎にとって後藤は土佐藩の上司であり、弟の弥之助の妻は後藤の娘だ。1881(明治14)年3月、後藤の負債を肩代わりした弥太郎は高島炭鉱を買収。高島炭鉱は三菱のドル箱となった。

長崎造船所の前身は、徳川幕府の軍艦の修理工場

 次に弥太郎が入手したのが長崎造船所である。

 徳川幕府は1857(安政4)年、オランダから購入した軍艦の修理場として長崎鎔鉄所をつくった。これは後に長崎飽浦製鉄所と改称。明治維新で、旧幕営の工場を明治新政府が官収。長崎飽浦製鉄所は工部省所管となって官営の長崎造船局となった。長崎造船局はドックをもっていなかったが、1879(明治12)年、立神造船所が完成した。

 明治政府が公布した「工場払下概則」に基づき、工部省は長崎造船局の民間への払い下げを決定。1884(明治17)年、弥太郎が貸し下げ先と指定された。弥太郎は長崎造船局を借り受け、長崎造船所と命名して造船事業を本格的に開始。三菱重工業は、この年を創業年としている。

 85年2月、弥太郎は50歳の若さで死去。あとを継いだ弥之助が、長崎造船所の設備の払い下げを願い出、87年6月に認可された。払い下げ後、三菱は東京工業学校や工部大学校卒の技術者を採用して、造船工場を拡大。民間造船工場中トップの地位を築き、三菱のもう一方のドル箱として財閥形成に大きく寄与した。

香焼工場は”造船王国ニッポン”のトップランナー

 戦後、財閥解体で、三菱重工は3社に分割。1964(昭和39)年、3社が合併して三菱重工業長崎造船所となる。

 売却する香焼工場は1972(昭和47)年、本工場(長崎市)の近隣に開設した。1200tの超大型クレーンを1本、600tのクレーン2本をもち、ドックの長さは1kmと国内最大級の規模を誇る。長崎造船所は、”造船王国ニッポン”のトップランナーであった。

 造船業は中国や韓国勢の安値攻勢で、日本の造船会社は赤字に苦しむ。1970年代の黄金時代には長崎県での船舶建造数は170隻を超えていたが、近年では60~70隻に落ち込んだ。香焼工場は、付加価値の高いLNG(液化天然ガス)など大型資源船に特化してきたが、LNG船は19年9月を最後に生産が途絶えた。

 長崎は三菱重工にとって造船所を始めた由緒ある場所だ。香焼工場を含めて聖域視されてきたが、事業の赤字が続くなか、主力造船所を売却。LNGなど大型運搬船の建造から撤退する。約600人の従業員は 転籍や配置転換で対応する。

 香焼工場の売却後は防衛省向けの護衛艦が中心の本工場と、フェリー建造の下関造船所(山口県下関市)の2工場に縮小する。

世界遺産登録「ジャイアント・カンチレバークレーン」

 三菱重工は早晩、造船から撤退し、ICT(情報通信技術)や航空機関連など新産業に主力を移すとの観測が強まるなか、皮肉にも、歴史的価値にスポットが浴びるようになった。

 技術の粋を集めてつくられた戦艦「武蔵」が、撃沈されたフィリピン沖の深海で見つかり、「武蔵のふるさと」として注目を集めたのである。戦艦武蔵は1942(昭和17)年、長崎造船所(現・本工場)で竣工した。

 2015年、世界遺産に「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」が登録された。登録された長崎造船所のなかで、ひときわ存在感を放つのは「ジャイアント・カンチレバークレーン」。日本初の電動クレーンだ。

 スコットランド製で1909(明治42)年に長崎造船所が輸入。高さ62m、アーム部分の長さ75mの巨大クレーンは、造船所内の機械工場でつくった蒸気タービンや船舶用大型プロペラといった製品を吊り上げ、出荷用の船に積み込む。100年以上たってもクレーンのモーターのうなる音を湾内に響かせている。

 廃坑となった高島炭鉱(現・長崎市高島)と端島炭鉱(通称・軍艦島)も、世界遺産に登録されたが、世界登録遺産を審査する専門家の間では、有名な軍艦島より、ジャイアント・カンチレバ―クレーンの話題が高かったそうだ。

(つづく)
【森村 和男】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年02月24日 07:00

日本発の「折紙工学」産業化に向けて離陸へ(4)NEW!

 萩原氏は1996年、東京工業大学教授に転じた。日産時代はアメリカの安全基準をクリアすることに精一杯だったが、「外に出てみて振り返って考えたときに、改めて衝突について...

2020年02月24日 07:00

【業界ウォッチ】第54回スーパーマーケット・トレードショー2020~Future Store “Now”NEW!

 幕張メッセにおいて2月12日~14日、スーパーマーケットを中心とする流通業界に最新情報を発信する商談展示会「第54回スーパーマーケット・トレードショー2020」が開...

2020年02月23日 07:00

日本発の「折紙工学」産業化に向けて離陸へ(3)

 こうした製品化への応用が進む折紙工学だが、萩原氏が折紙工学の研究に向かうきっかけは自動車の衝突対策であった。萩原氏は1972年、工学系の修士課程を終えて日産自動車(...

2020年02月23日 07:00

コンビニ業界大激変時代~月刊コンビニ 編集委員 梅澤 聡 氏(6)

 セブン-イレブンは、従業員の作業時間と作業量の削減を目的とした省人化の実験を19年7月「セブン-イレブン町田玉川学園5丁目店」(東京・町田市)でスタート、同年12月...

2020年02月22日 07:00

日本発の「折紙工学」産業化に向けて離陸へ(2)

 折紙工学を基に実用化された製品も登場してきている。萩原氏は、衛生用品の大手メーカー、ユニ・チャーム(株)と共同で、平面の紙を立体的に表現する「折紙工学」を応用してフ...

2020年02月22日 07:00

コンビニ業界大激変時代~月刊コンビニ 編集委員 梅澤 聡 氏(5)

 チェーン本部がいま最も腐心するのが、店舗運営におけるコスト削減である。納品時の検品レスやスライド棚による作業軽減、食器洗い機の導入、カウンターフーズのセルフ販売、発...

2020年02月21日 17:23

【熊本】動き始めた熊本空港アクセス鉄道~熊本地震が“追い風”

 熊本県で長年懸案になっていた熊本市街地と熊本空港を短時間で結ぶアクセス交通の整備計画が動き始めた。2016年4月の熊本地震への復興支援が“追い風”になり、定時輸送で...

2020年02月21日 16:56

『第10回日本山岳遺産サミット』に参加して

 「第10回日本山岳遺産サミット」が2月15日(土)、東京都千代田区一ツ橋にある一橋大学講堂で開催された。日本山岳遺産サミットとは、2019年度の日本山岳遺産認定地の...

2020年02月21日 16:28

通期予想、達成厳しいイズミ、MV九州、ナフコ~主要6社、1月末現在の売上高進捗状況

 2、3月期決算まで残すところ1~2カ月を切った。そこで月次売上増減率を公表している6社を対象に1月末現在の売上高の進捗状況を調べた。

2020年02月21日 15:00

厚生労働省公表の「ブラック企業」2月18日発表 福岡労働局分

 厚生労働省は17年5月から、労働基準関係法令に違反し書類送検された企業の一覧表をホームページに掲載している。

pagetop