• このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年02月04日 14:26

【アビスパ福岡】感動と勝ちにこだわり、福岡に元気と活気を届ける(前)

 2019年シーズン、J1昇格が期待されながらも22チーム中16位という不本意な結果に終わったアビスパ福岡。同シーズンの振り返りとともに、20年シーズンを迎えてのアビスパがどのように改革されるのか、同社代表取締役社長・川森敬史氏にインタビューを行った。

アビスパ福岡(株) 代表取締役社長 川森 敬史 氏

課題解決が成されなかった

2020シーズン記者会見の模様
2020シーズン記者会見の模様

 ――昨シーズンは12勝22敗8分で16位の結果に終わりました。不本意なシーズンであったと存じますが、振り返りをお願いいたします。

 川森社長(以下、川森) まずは2019年シーズンも、1年を通して熱いご声援と温かいご支援をいただきましたことに対し、ファン・サポーターの皆さまを始めアビスパ福岡に関わるすべての皆さまへ、心より御礼申し上げます。ファビオ・ペッキア氏を監督に迎えて、新たなアビスパを披露するべくスタートいたしましたが、6月に予期せぬファビオ氏の退団があり、急遽コーチであった久藤清一氏に監督を託しました。しかし、戦績が好転しないままシーズンが終了いたしました。不本意なシーズンとなってしまった原因はいくつかありますが、シンプルにやるべきことへの取り組み方を1つにしきれなかったことだったと感じています。

 チームでいえば、これまでのディフェンシブな戦い方から、オフェンシブな戦い方であるアビスパスタイル(Avispa Style)を、“アビスパ福岡の変わらぬ戦い方”としてスタートしたシーズンでしたが、なかなかピッチで表現することができないまま過ぎていきました。

 運営サイドもスタジアムなどの課題を抱えながら解決できることと、できないことが混在したままシーズンを終えることになりました。2020年シーズンは同じことは繰り返さないこと。この言葉を肝に強く銘じて取り組みたいと思います。プロの世界は結果が出ないと、抜本的に変えなければなりません。ホーム最終戦後にサポーターの皆さまへ「大改革いたします」と表明しました。その一環としてフロント人事も変化を求め、5年間仲間として戦っていただいた強化部長・鈴木健仁氏と、昨シーズン途中で監督に就任した久藤氏との契約を満了といたしました。組織として、現場と強化部門の体制を再構築することが必要であると決断いたしました。

 これまで5年間苦楽をともにした鈴木氏と、チーム状況の苦しいなか、急遽監督の責務を引き受けてくれた久藤氏へは、この場を借りて改めて感謝の気持ちを伝えさせていただきます。とくにすべてを背負ってアビスパのためにチャレンジし、残留という結果を残していただいた久藤氏は、クラブの功労者であり敬意を表します。

進化する育成部門

 ――育成部門は、順調に成果を上げておられますね。

 川森 育成=アカデミー部門は、プレミアリーグ降格という課題もありますが、成長を実感いたしました。U-12は、JA全農杯全国小学生選抜サッカー大会九州大会、第43回全日本U-12サッカー選手権大会福岡県中央大会を優勝し、ともに全国大会に出場をはたしました。U-15は、第34回日本クラブユースサッカー選手権大会に出場し、決勝トーナメントに進出することができました。

 さらに、U-18においては第43回日本クラブユースサッカー選手権大会でベスト16、2019Jユースカップではクラブ史上初の全国第3位となるなど、各年代で毎年全国⼤会に出場できる⼒をつけてきています。育成年代の選手には保護者の皆さまの支えが必要不可欠ですが、ここに日頃の献身的なサポートと試合での熱い応援に心より感謝を申し上げます。

 また、スクール活動は、今シーズンより新たにスクール生会員専用アプリ『Sgrum』(スグラム)を導入し、これまで以上に円滑なコミュニケーションが図れるようになりました。また、4月には「アビスパ福岡サッカースクール宇美校(糟屋郡宇美町)」を新規開校し、サッカースクール19校、チアリーダーズ・ジュニアスクール3校の計22校、1,700名を超えるスクールへと成長しています。これも保護者の皆さまを始め、地域やスポンサー企業の皆さまのお力添えのおかげと、深く感謝しております。

(つづく)
【文・構成:河原 清明】

<プロフィール>
川森 敬史(かわもり・たかし)

 1965(昭和40)年11月生。東京都出身。2015(平成27)年3月アビスパ福岡(株)代表取締役社長に就任(現任)。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年02月24日 07:00

日本発の「折紙工学」産業化に向けて離陸へ(4)NEW!

 萩原氏は1996年、東京工業大学教授に転じた。日産時代はアメリカの安全基準をクリアすることに精一杯だったが、「外に出てみて振り返って考えたときに、改めて衝突について...

2020年02月24日 07:00

【業界ウォッチ】第54回スーパーマーケット・トレードショー2020~Future Store “Now”NEW!

 幕張メッセにおいて2月12日~14日、スーパーマーケットを中心とする流通業界に最新情報を発信する商談展示会「第54回スーパーマーケット・トレードショー2020」が開...

2020年02月23日 07:00

日本発の「折紙工学」産業化に向けて離陸へ(3)

 こうした製品化への応用が進む折紙工学だが、萩原氏が折紙工学の研究に向かうきっかけは自動車の衝突対策であった。萩原氏は1972年、工学系の修士課程を終えて日産自動車(...

2020年02月23日 07:00

コンビニ業界大激変時代~月刊コンビニ 編集委員 梅澤 聡 氏(6)

 セブン-イレブンは、従業員の作業時間と作業量の削減を目的とした省人化の実験を19年7月「セブン-イレブン町田玉川学園5丁目店」(東京・町田市)でスタート、同年12月...

2020年02月22日 07:00

日本発の「折紙工学」産業化に向けて離陸へ(2)

 折紙工学を基に実用化された製品も登場してきている。萩原氏は、衛生用品の大手メーカー、ユニ・チャーム(株)と共同で、平面の紙を立体的に表現する「折紙工学」を応用してフ...

2020年02月22日 07:00

コンビニ業界大激変時代~月刊コンビニ 編集委員 梅澤 聡 氏(5)

 チェーン本部がいま最も腐心するのが、店舗運営におけるコスト削減である。納品時の検品レスやスライド棚による作業軽減、食器洗い機の導入、カウンターフーズのセルフ販売、発...

2020年02月21日 17:23

【熊本】動き始めた熊本空港アクセス鉄道~熊本地震が“追い風”

 熊本県で長年懸案になっていた熊本市街地と熊本空港を短時間で結ぶアクセス交通の整備計画が動き始めた。2016年4月の熊本地震への復興支援が“追い風”になり、定時輸送で...

2020年02月21日 16:56

『第10回日本山岳遺産サミット』に参加して

 「第10回日本山岳遺産サミット」が2月15日(土)、東京都千代田区一ツ橋にある一橋大学講堂で開催された。日本山岳遺産サミットとは、2019年度の日本山岳遺産認定地の...

2020年02月21日 16:28

通期予想、達成厳しいイズミ、MV九州、ナフコ~主要6社、1月末現在の売上高進捗状況

 2、3月期決算まで残すところ1~2カ月を切った。そこで月次売上増減率を公表している6社を対象に1月末現在の売上高の進捗状況を調べた。

2020年02月21日 15:00

厚生労働省公表の「ブラック企業」2月18日発表 福岡労働局分

 厚生労働省は17年5月から、労働基準関係法令に違反し書類送検された企業の一覧表をホームページに掲載している。

pagetop