• このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年03月02日 10:05

【ベトナム視察記(1)】ベトナムの「光と影」(前)

 経済発展が進むベトナムの「最前線」を体感することを目的に、2月14日から18日の期間、12名でハノイを視察した。一言でいえば、現地・ハノイは新型コロナウイルスに戦々恐々としている。ハノイ近郊の村を封鎖する決断には感服したが、ハノイ市民の生活レベルにおける委縮した様子を目撃すると「長期化したら凄い影響が出る」と強い懸念を抱いた。

新型コロナウイルスの影響~市民の動きが止まる

 15日(土)、16日(日)、ハノイの夜の光景を見ようと現地を散策した。しかし、往来の人通りは閑散としている。通常、土曜日の夜は居酒屋にお客さんが群がり、喧々諤々の議論が行われており、ハノイ独特の賑やかな雰囲気を味わうことができるのだが、そんな喧騒がまったくないのだ。

 ハノイ市民にとって、憂さ晴らしができない生活が2カ月も続けば、ストレスが溜まるだろうし、体調に変調をきたすことになるだろう。

 2018年5月にこの地を訪れた時は、ハノイの夜を堪能できた。屋台に立ち飲み客があふれていた光景を思い出した。何だか「遠い昔の懐かしい記憶」のようになっている。1年8カ月前と比べると賑わいが10%程度にまで落ち込んでいるのには驚愕した。今の状態があと2カ月も続くと経済面でも、かなりの打撃を受けることが懸念される。

ハロン湾観光にも打撃

 ハロン湾のリゾート拠点まで、ハノイ空港から車を利用すれば、3時間以内(150km)で行ける。高速道路開通のおかげである。この1年8カ月もの間にリゾートホテルが仰天する程、たくさん建てられている。しかし中は「スカスカ」。営業していないところも目立つ。近々、倒産が相次ぐのではないか!

 まずは観光客の姿がない。1990年代にハロン湾は世界遺産に指定された。それから観光の拠点になるまでに、かなりの時間を要した。「ハロン湾観光ブーム」到来の貢献者は韓国人観光客である。

 ハロン湾に韓国人観光客、そして中国からの観光客が押し寄せるブームとなった。一方、日本におけるハロン湾の観光ブームは、この10年ほどだろう。だが近年、日本でのブームに陰りが見えはじめた。ダナンなどに本格的なリゾート地が建設され、ベトナムでの日本人観光客は「南へ南へ」と移動を始めたようである。さらに、ここにきて主力の中国人観光客の流入がストップとなれば、ハロン湾の観光業は全滅するのでは、という懸念も残る。

 しかし、それほど懸念する必要もないかもしれない。なぜなら、ベトナム人自営業者は、商魂たくましいからである。

 3時間のハロン湾クルーズ船の船旅を楽しんだ。それぞれの船は持ち主(オーナー)が家族ぐるみで船の運営をする。家族は船中で生活を行っている。船内で提供されたおもてなしの料理も、ベトナムの家庭料理で非常においしかった。一時的な売上不振には十分に耐えられるだろう。

ハノイ市民の怒り~ホテルオーナーは役人

 ハノイ市在住のハイさん(仮名)は41歳。妻と子ども2人の4人家族。同氏はベトナムの日本語学校で日本語を学んだ。日本への留学経歴はないが、独学でマスターしたという。

 ハイさんは、上の子どもを日本に留学させる計画があるそうだが、塾の受講料が高い。現在、生活費が月に100,000円ほどかかっているが、自宅は持ち家なので、どうにか暮らしを維持できているという。

 しかし、生活は非常に苦しく、かなり不満を募らせている。ハイさんは2つの仕事をこなしながら、「なんとかして子どもたちを進学させよう」と頑張っている。奥さんと共稼ぎで、なんとか生計を立てている状態である。

 そこで驚くべき話を聞いた。ホーチミン中心部にある5つ星ホテルは内装もフランス風のつくりで、なかなか繁盛している模様。ハイさんがいうには「このホテルは政府要人の持ち物です。民間人がこんな中心部に土地を所有することはできません。持ち主の役人は、賄賂をため込んで、莫大な資産を築きました。その資金で政府中枢の要人たちに画策して、不動産を取得。5つ星ホテルを建てたのです」と教えてくれた。

 ベトナム労働党(現・ベトナム共産党)は、フランスやアメリカの侵略に対して徹底的に交戦、勝利した「すごい民族政党」というイメージが定着していたと思っていた。だが、「東南アジアでは、どこにでもある賄賂がまかり通っている」と知って驚いた。そして、ホテルオーナーになれるほど大金持ちになる役人が現れていることに驚愕を覚えた。それだけベトナムの経済力が向上したという証明ではあるが――。

 今考えてみると、中国共産党も「市場経済」と叫びながら、幹部たちは国の財産を略奪して、事業拡大の基盤になる利権を得た。賄賂というものは、中国の歴史上における政治、文化風土である。この中国の習慣を真似したのがベトナムの労働党幹部、役人たちだ。決してベトナム労働党が政権を取って賄賂が横行したわけではない。「賄賂の歴史は2000年続いている」という事実に対し、市民たちは諦観している。

(つづく)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年04月05日 07:00

アジアの世紀を踏まえて、2020年以降の世界政治経済動向を占う!(中)NEW!

 「私は自分の希望で外務省でのほとんどの時間を国際機関の仕事(国連、OECDなど)すなわちマルチラテラルな分野で過ごさせていただきました...

2020年04月05日 07:00

【業界ウォッチ】新型コロナウイルスの影響NEW!

 東京都が新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、3月28日、29日の週末の2日間、不要不急の外出の自粛を呼びかけたことを契機に、25日夜から27日にかけて、都内のスー...

2020年04月04日 18:48

中洲の火が消える、名門クラブが一斉に休業・休店

 中洲のビル管理会社経営者がコロナ発病にとりつかれた。いよいよ中洲にも凶暴なコロナが横行するリスクが高まってきた…

2020年04月04日 18:24

中洲のビル管理会社経営者が新型コロナウィルスに感染

 コロナ緊急事態に関する弊社特別取材班によると中洲のビル管理会社の経営者が新型コロナウィルスに感染したことが判明した。発覚の切っ掛けは4月2日にこの経営者に「中洲の取...

2020年04月04日 07:00

アジアの世紀を踏まえて、2020年以降の世界政治経済動向を占う!(前)

 今人類は「パーフェクトストーム」(複数の厄災が同時に起こり、破滅的な事態に至ること)の洗礼を受けており、この地球は前代未聞の嵐に飲み込まれようとしている。さて私たち...

2020年04月04日 07:00

コロナ感染者数6月に10億人突破の勢い

 米ジョンズ・ホプキンス大学システム科学工学センター(CSSE)の集計によるとコロナウイルスの感染確認者数は4月3日時点で100万人を突破した。死者は5万3,000人...

2020年04月04日 07:00

「コロナにおびえてどうするか」我が道を信じて挑戦する~芝浦グループホールディングス新地哲己会長兼CEOの経営信条

  東京進出でグループ組織の質的大転換 新地 哲己 会長  「コロナ恐慌」という逆風に「我が道」を貫き、敢然と立ち向かっている稀有な...

2020年04月03日 16:39

美容師の独立支援 シェアサロン・Reco hair(リコヘアー)が16日オープン

 16日、福岡市・今泉にシェアサロン「Reco hair(リコヘアー)」がオープンする。 「美容師として働く同世代の友人から、今後のキャリアプランについて相談を受け...

2020年04月03日 16:15

【コロナに負けない(15)】「もしも」を想定し、新型コロナウイルスと戦う

 新型コロナウイルスの感染拡大で、さまざまな業界が影響を受けている。葬儀に使用する花を扱っている会社でも売上に影響があるだろうと思い、尋ねてみたところ...

2020年04月03日 16:11

【夏のインターハイ】開催可否をめぐって協議 「地区推薦」などかたちを変えて開催の可能性も

 高校生スポーツの祭典、全国高等学校総合体育大会(夏のインターハイ)の令和2年度大会は8月10日から24日まで、北関東ブロックを中心に全国計21府県会場で開催される。

pagetop