• このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年03月03日 14:42

シリーズ・コロナ革命(6)~毎年コロナウイルスのような厄災が発生する覚悟 コロナ革命 

自然災害の規模拡大と理由は同じ

 日本だけではなく、大規模な自然災害に全世界が見舞われることが確定した。人類の豊かな生活のつけ=CO₂の垂れ流しにより地球温暖化を招いた。結果、世界中で前代未聞の大型ハリケーン(台風)が発生することとなり、相当の覚悟が必要となった。人間は食べたら必ず排泄物を出す。この循環を維持することで、健全な生命活動を維持できるのである。もし、排泄ができなくなれば、一瞬にして人間の身体は変調をきたし、己の生命が危うくなる。

 化石エネルギー(原油・石炭など)を効率的に使って人類は豊かな文明を築いた(御馳走にありつけて幸福な時間を得たという意味)。ところが化石エネルギーの消費はCO₂を地球上に大量に発生させる。野放しにしていたことで地球上の温暖化が加速化された(豊かさの根源になった〝汚物″「CO₂」未処理のつけ)。日本の場合、今年の夏秋に台風が3個位直撃し、梅雨明け時の集中豪雨被害から免れることは不可能だろう。

 一度、千葉県を歩いてみたらいかがだろうか。戸建住宅の屋根が青いテントで覆われている。被害があって半年が経過しようとしているにもかかわらず、瓦工事が済んでいないのだ。

 火災保険会社は自然災害の補償により経営基盤が揺らいでいる。おそらく保険料を3倍増にする検討をしているようである。毎年のように自然災害が発生し、被害額が兆円を超えることが珍しくなくなる。我が国は国土保全名目のために毎年、3~4兆円規模の予算が必要になるのではないか。

 定期的にコロナウイルスなどの感染症に襲われる覚悟が今後は問われるようになる。諸説あるが、今回のコロナウイルス騒動は誰もが「人為的なもの」と認めている。代表的なものは「中国共産党の権力闘争の道具として使った」というものだ。細菌兵器の一種「コロナウイルス」を利用したという説もある。

 第一次世界大戦では毒ガスの使用により、多くの戦死者が出た。これを踏まえ、一時的に細菌兵器の研究を阻止する動きがでてきて、国際的な禁止条項も締結された。しかし、短期間で有名無実化した。多くの国が細菌兵器を保有していることが明らかになりつつある。国家間戦争に利用されるなら、いざ知らず、国内の派閥闘争、個人的テロに使われ、全世界にコロナウイルスのような細菌が蔓延したらどうなるのか!想像しただけで恐ろしい。

 細菌兵器利用阻止の締結を徹底したら問題にはならなかったのだろうが、世界の軍事強国は「ライバル国を叩くために我が国だけは開発しよう」という欲に駆られ、秘密裏に開発してきた。各国が細菌兵器をもつことへの誘惑に駆られたことで中途半端となってしまった。テロリストですら、細菌兵器をもつことが容易になった。

 さらに困ったことにウイルス遺伝子の組み換えを誰もが容易に行えるようになった(この分野の研究専門員は世界にゴマンといるそうな)。コロナウイルスの跋扈により世界各国が対応に苦労している様子をみて痛快感を抱く変人のような輩もいるだろう。個人的な興味が高じて細菌をばら撒く輩が出現する可能性は否定できない。各国政府は他国と協力して定期的にコロナウイルスのような疾病が発生するリスクへの対策を最優先で講じなければならないだろう。

コロナウイルスへの対応力~アメリカの脆さに愕然

 今回のせめてもの救いは感染者の死亡率が低いことである。素人の見立てであるが「人為的ウイルスの死亡率を高めることは容易ではないのか!」と感じた。今後、たとえば、抹殺または大打撃を与えたい国家に対し、強力な細菌兵器が使われることもあり得る。今回の新型コロナウイルス感染拡大の現実は、次を想定する輩たちにとって、その影響力を研究する場になったのではないかと考えるとぞっとする。

 今回のコロナウイルス蔓延の渦中で、奇妙なことに気づいた。細菌兵器開発の最先端を走っているのはアメリカであることは周知の事実である。それなのに現在、アメリカ国内で流行しているインフルエンザ(最近ではコロナの一種と指摘する専門家が増えている)によって死者が増加している。アメリカの感染症対策のレベルが低いというのではない。「低所得者は病院で診療を受けられない」という冷厳な事実があるから、患者が病院へ行けず、死者が増えているのだ。

 おそらく今回のコロナウイルス跋扈はアメリカの差別医療の現状(低所得者を見捨てた医療制度)変革のきっかけになるのではないか!見通しが甘いかな。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年06月04日 07:00

“ウィズコロナ”の世界で不動産テックは根付くのか(後)NEW!

 無論、すべてがテレワークで完結できるわけではない。自社がテレワークを導入しても、取引先が対応していない場合は、どうしても来客対応やFAXで届くマイソクの確認などの必...

2020年06月04日 07:00

四国新幹線「ないのがおかしい」(後)NEW!

 四国新幹線は四国だけで盛り上がっているように見えるが、他の地域でも取り組みがないわけではない。国やJR西日本は、新大阪駅を新幹線ネットワークのハブとするため、地下に...

2020年06月03日 17:14

【コロナに負けない(45)】地域への感謝と現場の責任感。「ありがとう基金」に1,000万円~フードウェイグループ

 スーパーチェーンや精肉小売を手がけるフードウェイグループは5月28日、福岡市の「ありがとう基金」に1,000万円を寄託した...

2020年06月03日 16:40

『脊振の自然に魅せられて』「カマツカの花と感動の対面」

 雨の縦走路をさらに進む。あの花に会えるだろうか、期待が膨らむ...

2020年06月03日 16:30

【コロナと対峙する企業】日産自動車~赤字6,712億円は、カルロス・ゴーンの「負の遺産」の清算だ!「平時リーダー」の内田誠社長は「有事リーダー」のゴーン前会長を超えることができるか(前)

 日産自動車の2020年3月期の連結決算は、最終損益が6,712億円の赤字となった。経営難に陥り、カルロス・ゴーン前会長が再建にとりかかった2000年3月期の最終赤字...

2020年06月03日 15:56

日本建築検査研究所への反論~ベルヴィ香椎6番館問題

 日本建築検査研究所(以下「検査研」)からデータ・マックス(以下「DM」)にベルヴィ香椎6番館の記事についてのメールが送られてきた。以下にこのメールについて反論してい...

2020年06月03日 15:30

杭に関する施工偽装!杭の不適切な切断とデータ偽装!(前)

 Net I・B Newsでは、愛知県名古屋市営住宅において杭が施工されていなかった事例を報じたが、元杭工事関係者から杭の不正に関する情報が寄せられた。その内容は、「...

2020年06月03日 14:40

“ウィズコロナ”の世界で不動産テックは根付くのか(前)

 新型コロナウイルス(以下、コロナ)の世界的な感染拡大によって、働き方に変革が求められている。なかでも、ウイルス感染を回避しつつ仕事に取り組める手段として、テレワーク...

2020年06月03日 14:00

熊本副知事・小野泰輔氏が来月投開票の東京都知事選に出馬表明~ホリエモンの出馬は?

 2日、熊本県副知事・小野泰輔(おの・たいすけ)氏が7月5日投開票の東京都知事選に出馬すると表明した。小野氏は今年46歳...

2020年06月03日 13:16

九州地銀の20年3月期決算を検証する(4)

  【表1】を見ていただきたい。九州地銀(18行)の20年3月期の純資産残高順位表である。 ~この表から見えるもの~ <1位~9位> ◆1位は福岡銀行...

pagetop