• このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年03月07日 07:00

超高齢社会における医療課題は「フレイル対策」 介入手段は薬物療法から栄養療法へ(2)

 令和元年度の高齢社会白書によれば、総人口に占める65歳以上人口の割合(高齢化率)は28.0%、75歳以上人口は65〜74歳人口を上回る1,798万人となり、総人口に占める割合は14.2%となった。2065年には約2.6人に1人が65歳以上、約3.9人に1人が75歳以上になると推計されている。超高齢社会における医療課題はそのまま高齢者医療であり、とくに地域医療では認知症、サルコペニア(筋肉減少症)などにつながるフレイル対策が大きな課題となっている。

 

富士山静養園
富士山静養園

寝たきり防止に定期的な検査を

 高齢になると油っこいものや肉料理を避け、野菜や魚中心の食生活になる傾向がある。「こうした食生活を続けていると、知らず知らずのうちに低栄養に陥る場合がある」と指摘するのは、日本栄養士会理事の西村一弘氏。西村氏は7年程前の病院勤務時代に、隣接する老健施設に入所してくる75歳以上の高齢者118名の栄養状態を調べたところ、低栄養が疑われる人は7割に上ったという。入所者への聞き取り調査では、認知症による食べ忘れなどで栄養失調になるケースや、嚥下機能や咀嚼機能が落ちて、限られたものしか食べられない人が多いことがわかった。

 低栄養かどうかを調べる手法には身体計測と血液生化学検査がある。身体測定では、BMIや皮下脂肪厚などを測定して貯蔵エネルギーや身体機能を推測することができる。生化学検査では、血清アルブミン、トランスサイレチン、トランスフェリンなどの値を指標にする。血清アルブミンは栄養状態の指標として広く用いられるが、ほかの疾患などさまざまな因子の影響で変動しやすく、また、半減期が約21日と長いため、急性疾患患者の栄養状態をみる場合は適切な指標とはならない。このため医療施設では、半減期が3~10日と短いトランスサイレチンやトランスフェリンの値を指標にする場合が多い。

 ここで問題になるのは施設によって検査体制が異なる点だ。一般病床では、平成22年度の診療報酬改定で「栄養サポートチーム加算」が新設され、栄養障がいの患者に対し、栄養療法を行った場合に点数が加算されることになったこともあり、栄養療法を行う施設が急増している。これに対し、高齢者が多いにもかかわらず、算定要件を満たさない療養病床は、栄養療法の導入が遅れており、その結果、体重測定を定期的に実施しても生化学検査は入所時に行うだけという施設がほとんど。西村氏は、「寝たきりにさせないためにも療養病床でも定期的に検査する体制を早急に整備すべきだ」と指摘する。

栄養補助食品で栄養素を補給

 加齢にともなう身体の変化を察知するには身体機能を観察することも重要となる。唾液の分泌量が減少していれば口内の糖質消化が不十分になり胃に負担がかかる。胃液の分泌量が減っていればカルシウム、鉄分などの消化吸収力が低下し、消化不良や下痢を起こしやすくなる。これらの状態に応じてさまざまな高齢者食品が開発されているが、利用者本人の判断で選ぶことは不可能に近い。

 「免疫力が落ちているのか、筋肉量や筋力が低下しているのか、それとも骨が弱まり骨折しやすくなっているのか。この辺を見極めながら管理栄養士が利用者に合った濃厚流動食品を選ぶことが重要になる」(西村氏)。

 高齢者の低栄養傾向の1つの指標となるBMI20以下の人の割合は、1975年は3割程度で、それ以降は減少傾向にあったが、2000年あたりからその傾向が鈍り、05年以降はほぼ横ばいになっている。医療の世話にならず、自立して過ごせる健康寿命を延ばすためには低栄養対策が不可欠となる。しかし、医療現場での栄養指導は、過剰摂取のリスクに目が向けられ、下限値の基準についてはほとんど議論されていない状況にある。高齢期を元気に過ごすための栄養指導の在り方を見直す必要があるだろう。

 一方、予防策として高齢者食品を提供する製造者側は、食材の組み合せ、おいしさ、調理方法などの開発段階の課題、そして利用者側に立った流通の在り方など改善すべき課題は多い。また、いくら健康に良いといっても長年の習慣で身に付いた食生活パターンを転換することは難しい。それ自体がストレスになることもある。タンパク質や炭水化物は普段の食事でしっかり摂るように心がけるとともに、微量栄養素などは栄養補助食品で補給することも1つの選択肢といえそうだ。

(つづく)
【吉村 敏】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年06月05日 17:05

【みやき町】「元なでしこ」海堀ディレクター委嘱式・女子サッカーチーム・ユニフォーム発表NEW!

 佐賀県みやき町こすもす館において、5日、海堀あゆみ氏のみやき町スポーツ政策ディレクター委嘱式および「みやきなでしこクラブU-15」のユニフォーム発表会が行われた...

2020年06月05日 16:58

コロナ危機の裏で深刻化する食糧問題と加熱する種子争奪戦争(中編)NEW!

 あまり知られていないが、アフガニスタンは40年前には豊かな農業の輸出国であった。アメリカ軍はアフガニスタン侵攻に際し、「2007年までには同国が再び食糧に関して自給...

2020年06月05日 16:00

伊都きんぐの感謝の0円販売、あっという間に終了NEW!

 「どらきんぐエース」、「どらきんぐ生(期間限定商品)」などを販売する伊都きんぐ。同店は公式Twitterを通じてあまおう苺入りチョコレート「いちごの卵」の「訳アリ大...

2020年06月05日 15:00

厚生労働省公表の「ブラック企業」6月1日発表 福岡労働局分

 6月1日に公表された福岡労働局分は下記の通り...

2020年06月05日 14:51

国家インフラに「負担金」不可解(前)

 遅々として進まない整備新幹線を尻目に、JR東海が手がけるリニア中央新幹線は着実に整備が進んでいるように見える...

2020年06月05日 14:40

今できることに堅実に挑む~(有)金谷洋瓦工事店

 屋根工事一筋53年の社歴を有し、福岡県内だけでなく、県外でも多くの受注実績を有する(有)金谷洋瓦工事店。金谷宏之代表を始めとした熟練した技術者および同社専属職人の高...

2020年06月05日 13:30

「博多廊」「星期菜」などが1日より営業再開~IMD Allianceの取り組み

 営業再開にあたってのあいさつと同社の感染予防対策についてのメールが寄せられたので、以下に紹介する...

2020年06月05日 13:00

【政界インサイダー情報】いよいよ、アベノミクスの目玉IR誘致開発も危険水域

 誰も予想もしなかった、今回の世界的なコロナ感染拡散問題で、この危機管理に対応できず、傷だらけになっている今の政府、強かった筈の安倍一強政権...

2020年06月05日 11:45

(株)ホテルオークラ福岡の社長〜コロナは「新たなホテル業の在り方」を考えさせられた良い機会

 6月に入り、ようやく通常通りの営業に戻し、ホテル内のレストラン・バーも徐々に活気を取り戻しつつあるホテルオークラ福岡。コロナショックにより、改めて業界の役目・今後の...

2020年06月05日 11:14

「 ふくおか筑紫フードバンク」こども食堂のフードパントリーを応援中~エフコープ・西松建設との連携で子どもの居場所づくり(前)

 「ふくおか筑紫フードバンク」の運営を担っているのは、「特定非営利法人チャイルドケアセンター」であり、代表理事は大谷清美氏が務める...

pagetop