• このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年03月31日 16:30

世界の注目が集まっている韓国のコロナ診断体制(前)

日韓ビジネスコンサルタント 劉 明鎬 氏

 新型コロナウイルスがアメリカとヨーロッパなどを中心に、全世界で猛威を振るっているなか、韓国の大量診断体制が世界から注目を集めている。世界各国の政府は感染拡大を防ぐために、検査の拡大、渡航制限、各種集会やイベントの中止・延期を実施してきたが、ニューヨーク市のように都市封鎖という強力な措置に踏み切ったところもある。対策は国によって少し異なるものの、各国では症状を早期発見して、感染が拡大するのを防ぐべく、PCR検査を大量に実施したいというのが実情である。

 韓国は他国に先駆けて、このPCR検査の導入を積極的に決定した国だ。韓国は大量検査体制を世界のどの国よりも早く確立し、その結果、新型コロナウイルスのさらなる拡大を鎮静させることに成功したという評価を受けている。PCR検査の不確実性より、韓国人特有の「パリパリ(早く早く)」精神が優先され、韓国政府は診断キットの開発と使用に突き進んだわけである。ブルームバーグ通信によると、診断キットの開発には、普通1年以上の時間が必要になるという。しかし、韓国では2カ月くらいで診断キットの開発に成功している。

 アメリカのトランプ大統領も、最初は韓国の診断キットを過小評価していたが、国内で患者が急激に拡大し、市民の不安が高まると、診断キットで不安を和らげないといけない状況に追い込まれている。それで、トランプ大統領も韓国に診断キットの輸出を要請した。

 診断キットとは、今回のコロナウイルスのように新しいウイルスが発生すると、それに感染しているかどうかを数時間後には判断できる、化学反応を利用した検査キットである。このような診断キットには、遺伝子増幅検査(RT-PCR法)が最も多く利用されている。検体に微量含まれている病原体の特定領域のゲノム配列だけを増幅し、病原体の有無を調べる検査だ。

 ただ、この検査は結果が出るまでに時間を要するし、検査も煩雑で検査には試薬だけでなく、設備や機器も必要となる。そのため、どこでも実施できる診断法ではない。 それに、新型コロナウイルスの感染の有無を調べるPCR検査の信頼度は、それほど高くないという評価が多い。感染している人を「陽性」と正しく判定できる割合を「感度」と呼ぶが、PCR検査の感度は70%くらいだ。

 一方、感染していない人を「陰性」と正しく判定する割合は「特異度」と呼ばれるが、これは相当高いようだ。韓国で新型コロナウイルスの検査のため緊急使用承認(EUA)を受けた診断キットは、全部PCR検査である。

 ところが、日本ではイムノクロマトグラフィー法を原理とした新型コロナウイルス(COVID-19)の検査キットの市販が発表されている。迅速診断キットと呼ばれるこの診断キットの検査に必要な時間はたった15分である。また、特殊な装置や専門知識が不要であり、現在新型コロナウイルス感染の検査に用いられているPCR法の遺伝子検査と比べて、時間、コスト、作業スペースの削減など、検査の大幅な効率化が図れるとされている。

(つづく)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2021年01月26日 14:05

【企業研究】「凋落するメディア事業」〜西日本新聞社

 ブロック誌の雄として九州地区に君臨してきた(株)西日本新聞社だが、近年の業績は下降推移だ。20年3月期では本業の新聞発行を中心としたメディア関連事業で営業赤字に転落...

2021年01月27日 17:53

『脊振の自然に魅せられて』大雪の脊振山へ(後)

 脊振山頂駐車場に停めた愛車の車内で、粉末の即席ぜんざいをコップに入れ湯を注ぐ。コンビニで買ったソフトパンを頬張り、ぜんざいとともにお腹に流し込んだ。ようやくエネルギ...

2021年01月27日 17:42

山村の過疎化地域で「小水力発電」~消滅の危機に瀕する山間地産業が復活(後)

 第二次世界大戦以前の日本では、都市部への電力供給のために巨大ダムが建設されると同時に、全国の農村部では村役場や住民有志が資金を集めて建設した小水力発電が普及していた...

2021年01月27日 17:00

政府債務論のコペルニクス旋回、日本は反省せよ~イエレン・パウエル連携は強力な株式支援に(2)

 イエレン氏に呼応する形で、パウエル議長も財政債務論の見直しに踏み込んでいる。パウエル議長は景気回復と財政の持続性はともに重要であり、政府債務のGDP比は高いが、国債...

2021年01月27日 16:42

【2/17~26】日中芸術交流展 山田ゆかり×武楽群「響き合う世界」~五感すべてを使って楽しめる新感覚のアート

 毎日を生きるなかで、つい忘れがちな「ときめき」を、抽象画や写真とのコラボレーションで斬新な世界をつくり出すことで表現しているアーティストの山田ゆかり氏と、多くの油絵...

2021年01月27日 16:25

大和力を、世界へ。コロナ禍のなかでアートにできること(2)

 『長野にも仕事場があるんですが、これまでは長野と東京などの都会を行き来することで自然とバランスをとっていたところがあって、それができなくなったので最初のころは大変で...

「復興五輪」悪魔の正体

 NetIB-Newsでは、政治経済学者の植草一秀氏のブログ記事を抜粋して紹介する。今回は、「日本はいま『原子力緊急事態宣言』下に置かれている。被ばく線量の上限が変更...

2021年01月27日 14:41

【福岡県に緊急事態宣言】(16)緊急事態宣言と飲食店主・現場の声(2)

 福岡市南区にある創作料理店を営む店主(個人事業主)は2度目の緊急事態宣言の影響について、下記のようにコメントした...

2021年01月27日 14:05

緊急事態宣言下の首都圏、“路頭”に迷いつつある営業マンら〜耐えることしかできないのか

 「前回の緊急事態宣言時とは違い、外回りの営業をしています。しかし、アポはほとんど取れず、売上は既存客との電話による商談のみです。会える人はごく僅かですが、それでも可...

2021年01月27日 13:37

ネットバブルの寵児、折口雅博氏の自伝『アイアンハート』を読む~逃避先の米国で、あのトランプ前大統領の知遇を得て再起!!(3)

 折口雅博氏がベンチャー起業家として脚光を浴びたのは、1999年から2000年にかけてのネットバブルの狂乱時代である...

pagetop