• このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年03月31日 16:30

世界の注目が集まっている韓国のコロナ診断体制(前)

日韓ビジネスコンサルタント 劉 明鎬 氏

 新型コロナウイルスがアメリカとヨーロッパなどを中心に、全世界で猛威を振るっているなか、韓国の大量診断体制が世界から注目を集めている。世界各国の政府は感染拡大を防ぐために、検査の拡大、渡航制限、各種集会やイベントの中止・延期を実施してきたが、ニューヨーク市のように都市封鎖という強力な措置に踏み切ったところもある。対策は国によって少し異なるものの、各国では症状を早期発見して、感染が拡大するのを防ぐべく、PCR検査を大量に実施したいというのが実情である。

 韓国は他国に先駆けて、このPCR検査の導入を積極的に決定した国だ。韓国は大量検査体制を世界のどの国よりも早く確立し、その結果、新型コロナウイルスのさらなる拡大を鎮静させることに成功したという評価を受けている。PCR検査の不確実性より、韓国人特有の「パリパリ(早く早く)」精神が優先され、韓国政府は診断キットの開発と使用に突き進んだわけである。ブルームバーグ通信によると、診断キットの開発には、普通1年以上の時間が必要になるという。しかし、韓国では2カ月くらいで診断キットの開発に成功している。

 アメリカのトランプ大統領も、最初は韓国の診断キットを過小評価していたが、国内で患者が急激に拡大し、市民の不安が高まると、診断キットで不安を和らげないといけない状況に追い込まれている。それで、トランプ大統領も韓国に診断キットの輸出を要請した。

 診断キットとは、今回のコロナウイルスのように新しいウイルスが発生すると、それに感染しているかどうかを数時間後には判断できる、化学反応を利用した検査キットである。このような診断キットには、遺伝子増幅検査(RT-PCR法)が最も多く利用されている。検体に微量含まれている病原体の特定領域のゲノム配列だけを増幅し、病原体の有無を調べる検査だ。

 ただ、この検査は結果が出るまでに時間を要するし、検査も煩雑で検査には試薬だけでなく、設備や機器も必要となる。そのため、どこでも実施できる診断法ではない。 それに、新型コロナウイルスの感染の有無を調べるPCR検査の信頼度は、それほど高くないという評価が多い。感染している人を「陽性」と正しく判定できる割合を「感度」と呼ぶが、PCR検査の感度は70%くらいだ。

 一方、感染していない人を「陰性」と正しく判定する割合は「特異度」と呼ばれるが、これは相当高いようだ。韓国で新型コロナウイルスの検査のため緊急使用承認(EUA)を受けた診断キットは、全部PCR検査である。

 ところが、日本ではイムノクロマトグラフィー法を原理とした新型コロナウイルス(COVID-19)の検査キットの市販が発表されている。迅速診断キットと呼ばれるこの診断キットの検査に必要な時間はたった15分である。また、特殊な装置や専門知識が不要であり、現在新型コロナウイルス感染の検査に用いられているPCR法の遺伝子検査と比べて、時間、コスト、作業スペースの削減など、検査の大幅な効率化が図れるとされている。

(つづく)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

トランプ安倍政治を終焉させられるかNEW!

 米国中西部のミネソタ州ミネアポリスで5月25日、丸腰の黒人男性が白人警官にひざで首を組み敷かれた末に死亡する事件が発生した...

2020年06月01日 11:14

飲食店のコロナ対策!大胆に「新しい生活様式」に沿った「新しい経営戦略」へNEW!

 飲食店においては、緊急事態宣言が全面解除されても多くの店舗で客足が戻らず、厳しい経営を余儀なくされている...

2020年06月01日 09:00

NTTとトヨタ自動車の業務資本提携で動き出す「スマートシティプラットフォーム」NEW!

 3月24日、NTTとトヨタ自動車(株)との業務資本提携の締結が発表された。両社は「スマートシティ構想」の実現のため、プラットフォームを共同で構築・運営する方針だとい...

2020年06月01日 07:00

どうなるこれからの新幹線 計画から50年で開業は半分(後)NEW!

 新幹線を所管する国土交通省鉄道局は、「現時点で、整備新幹線のスキームを見直すことは検討していない」という。新幹線整備にともなう地元負担をめぐっては、過去にもいろいろ...

2020年06月01日 07:00

最先端技術による“まるごと未来都市” 内閣府の「スーパーシティ」構想とは(後)NEW!

 福岡市においては高島宗一郎市長が19年4月の市長会見で、スーパーシティ構想への意欲を示している。

2020年05月31日 07:00

ストラテジーブレティン(252号)~「コロナパンデミック中間総括」(後)

 コロナ以前から3つの歴史的趨勢が起きていた。1. ビジネス、生活、金融、政治のすべてを覆いつくすIT・ネット・デジタル化、2. 財政と金融の肥大化による大きな政府の...

2020年05月30日 07:00

危機に直面し、自らをイエス・キリストにたとえる孫正義の自信と勝負魂(4)

 このインドネシア事業については、日本ではまったく報道されないが、他にもソフトバンクの進めるアジアビジネスは広範囲におよんでいる。とくに、「アジア電力網構想」は...

2020年05月30日 07:00

どうなるこれからの新幹線 計画から50年で開業は半分(中)

 自由民主党所属の参議院議員で、与党整備新幹線建設推進プロジェクトチームのメンバーでもある西田昌司氏は、新幹線整備の経緯について次のように分析する。

2020年05月30日 07:00

最先端技術による“まるごと未来都市” 内閣府の「スーパーシティ」構想とは(中)

 スーパーシティによく似た言葉として、「スマートシティ」というものがある。「スマートシティ」とは、IoT(モノのインターネット)などの先端技術を用いて、基礎インフラと...

2020年05月29日 17:27

【北九州市】週明けも学校の授業を午前中のみに~新型コロナウイルス感染者増大を受け(5月29日現在)

 北九州市では、5月23日から28日にかけ連続で感染者が発生し、28日は21名と大きく増えている...

pagetop