2024年06月20日( 木 )

組織づくりは次のステージへ~次の50年目指す大英産業の挑戦(後)

記事を保存する

保存した記事はマイページからいつでも閲覧いただけます。

印刷
お問い合わせ
法人情報へ

大英産業(株) 常務取締役 一ノ瀬 謙二 氏

目指すのは自律協働型の組織

 ――19年6月に福岡証券取引所に上場されました。上場以前と以後で何か変化はありましたか。

 一ノ瀬 1つは、弊社に寄せられる情報の量と質が変わりました。M&Aや異業種とのコラボ企画のお誘いなど、内容も多種多様です。異業種との関わりが増えたことで、良い刺激をもらっています。

 上場していることが弊社への信頼感につながり、成約の最後の一押しになったこともあります。一番嬉しかったのは、社員が実家に帰った際に、ご両親が新聞の切り抜きをもってきて「あなたの会社、上場したらしいわね」と、弊社のことを話題にしてくれたと聞いたときですね。九州における上位デベロッパー、JR九州など、採用で競合する企業の多くが上場企業なので、そうした企業と肩を並べられるようになったのは大きいです。

 社員の意識も、少しずつ変化し始めました。たとえば、新型コロナウイルスの影響で北九州市内の公立学校が臨時休校しましたが、活用先が未定となっていた給食物資を弊社で買い取らせていただきました。その一部を「NPO法人フードバンク北九州ライフアゲイン」へお渡しし、そこから北九州市内の子どもたちへ届けられました。このボランティア活動を発案したのは、弊社のパート社員でした。

 トップダウンではなく、社員から出たアイデアを、全員で実現させる社風。私はこうした風土を、より強化していきたいと考えています。自分たちで思考し、行動を起こす組織、「自立共同型」の組織となることで、商品やサービスの企画力が強くなると考えるからです。

 お客さまが求めているものをかたちにすることを目標とし、その目標を達成することでやりがいを感じる。それにより利益が生み出され、その利益がお客さまの理想を叶えるための糧となる。その糧が組織を良いものへと昇華させる原動力になるといった、すべてが循環する環境の醸成ができればいいですね。

活用先未定の給食物資を買い取って北九州市内の子どもたちへ寄付をした
ボランティア活動の様子は、メディアに取り上げられた

 ――最後に、一ノ瀬常務が思うマンションデベロッパーのやりがいについてお聞かせください。

 一ノ瀬 市場は目まぐるしく変化しており、その動向を読み切ることは困難を極めます。そのようななかで計画を立て、その計画に沿って経営を行っていく難しさは、常に痛感させられます。

 しかし同時に、ほかの事業と比較してマンション事業は受注残から先の業績を一定の確度で見通せるという良さもあります。たとえば、分譲マンションが2年弱で回転し、戸建だと1年弱で回転、中古再販だと6カ月弱で回転するとした場合、こうした数値からどの事業を伸ばすべきかなど、事業計画が立てやすいのです。

 何よりも、マンション事業の最大のやりがいはお引渡ししたお客さまに喜んでもらえることに尽きます。当社は幅広い住まいのニーズに応えるため、地域特性に合った商品開発、シリーズ展開をしています。最近では、小規模家族向けのマンションも開発しました。そういった商品をお引渡した後、インタビューで直接お喜びの声をいただくことが何よりの喜びであり、やりがいです。

 弊社はマンションの仕入れに関しても、現場の判断を尊重します。トップから社員への権限委譲がなされているといえるかもしれません。社員を信頼しているという側面もありますが、早い段階から責任をもって計画に取り組む経験をしてもらうことで、大きく成長してほしいという思いもあります。これも、50年以上の長い期間をかけてつくり上げられた風土といえるでしょう。こうした共通の価値観“大英バリュー”を浸透させられたからこそ、弊社はもちろん、グループ全体としても、リスクを恐れず、新しいことに挑戦し続けられているのです。

(了)

【代 源太朗】


<プロフィール>
1980年8月生まれ、佐賀県嬉野市出身。学卒後、2003年9月に大英産業(株)に入社。営業実績が評価され、不動産事業部長を経て、13年10月、常務取締役および管理本部長に就任。16年10月には不動産流通事業部長を、17年11月には(株)リビングサポートの取締役をそれぞれ兼任し、19年10月、マンション事業本部長に就任した。趣味はトライアスロン、読書。


<COMPANY INFORMATION>
代 表:大園 信
所在地:北九州市八幡西区下上津役4-1-36
設 立:1968年11月
資本金:3億1,757万円
売上高:(19/9連結)302億2,000万円
URL:https://www.daieisangyo.co.jp

(前)

関連記事