• このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年05月07日 12:32

シリコンバレー発、AIでアフター・コロナの世界も丸見え!?

人工衛星画像から、AIで経済や軍事外交を先読み

オービタルインサイト・ジャパン(株)
日本ゼネラルマネージャー マイク・キム氏

 Google Earth(グーグル・アース)を初めて見たときの「丸見え感」を、覚えているだろうか。宇宙から人工衛星で見たら、地球で起こっていることはほとんど何でも見えてしまう時代。だが、見えるのは今だけではない。AI(人工知能)を使えば、これからの経済や軍事外交の動きまで先読みできるようになった。

 シリコンバレー発AIベンチャーのOrbital Insight(オービタルインサイト)では、Google Earthのような衛星の地理空間画像の上に、スマートフォンや車のGPS(全地球測位システム)や、出荷・企業財務・小売データなどを合わせてAIで世界の動きを分析している。ほぼリアルタイムで世界経済や軍事の動きが目に見えるようになるため、「米国国防総省イノベーション・ユニット(DIU)、米国空軍、日本政府も利用している」とオービタルインサイト・ジャパン(株)の日本ゼネラルマネージャーのマイク・キム氏は話す。

空港の客足から、飛行機燃料の相場を予想

 今ニーズがとくに高まっているのは、銀行、証券、保険会社などの金融業界だ。コロナ不況がどこまで深刻なのか、情報の透明性がなく、先行きが見通しにくいからだ。たとえば、カナダロイヤル銀行は、衛星画像から空港の客足をチェックして飛行機燃料の相場の動きを予想しているという。

顔認証と同じ技術で、各国の飛行場にある飛行機の種類や数がほぼリアルタイムでわかる。
青:戦闘機、緑色:爆撃機、黄色:小型航空機、オレンジ色:大型商用機。
(分析:オービタルインサイト、画像:エアバス)

 企業の業績も、衛星画像から予想できる。たとえば東京ディズニーランドでは、利用客が増えると駐車場に車があふれる。駐車場にある車の数をAIで分析すると、客足の増減から売上の動向がわかるようになる。

東京ディズニーランドの駐車場画像から、駐車台数の増減を見える化。
(株)オリエンタルランドの業績も予想できるだろう。
(分析:オービタルインサイト、画像:エアバス)

 衛星画像のAI分析は、石油相場の予想にも使われている。中東や中国など、世界各国にある26,000個以上の石油タンクの貯蔵量がどう動いているかをモニターしているため、ニュースで報道される前に石油需要の動向がわかるからだ。

コロナが終わった後の世界の動きは?

 驚くほどにグローバル化されている、加工食品の原料。スーパーに並ぶ加工食品も、世界各国の原料からつくられているのはよくあることだ。原料の買い手の製造企業と売り手の生産者の間には、仲介も多い。だから今回のコロナ不況でも、サプライチェーンのどの部分がダメージを受けているかが見えにくい。「米国のUnilever(ユニリーバ)では、窓口の商社がどこから食品原料を調達しているかを世界地図ベースで農場レベルまで追跡し、食品原料の購入先を決めている」とキム氏という。

衛星やドローンからの時空間画像をAIで分析するシステム、
Orbital Insight Go(オービタルインサイトゴー)

 オービタルインサイトの日本拠点であるオービタルインサイト・ジャパン(株)は、伊藤忠商事(株)や、三菱商事(株)が出資する米国ジオデシックキャピタル、スカパーJSAT(株)ほか4社が出資している。

 東京海上日動火災保険(株)は、オービタルインサイトと提携して、台風や豪雨でどのエリアの被害が大きかったかを衛星画像からAI分析し、保険金の算定を効率化している。保険業界では、「どのくらい災害リスクがあるか」を過去の災害時のデータからAIで予想して、保険プランに活用するニーズが伸びている。

 「中国北京のある地区を見ると、コロナの影響で底だった1月28日時点の衛星画像と比べて、3月6日時点での車の交通量は約208.5%も回復している。車や人、流通のデータからの中国経済の回復モデルができたら、日本や米国がコロナから回復した時に、モノやサービスのニーズや相場がどのように動くかを予想できるだろう」とキム氏は話す。

【石井 ゆかり】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年10月01日 18:09

生死の境界線(1)肺癌宣告NEW!

 筆者は毎年4月、適正健康検査(1日ドック)を受けてきた。かれこれ20年になるであろう。これまで致命的な勧告を受けたことはなかった。今年は新型コロナウイルスのため定期...

2020年10月01日 17:10

【IR福岡誘致特別連載9】海外投資企業にもっとも高評価なのは既存の交通インフラ網NEW!

 交通網は全国のIR(カジノを含む統合型シティリゾート)の候補地において、もっとも重要かつ不可欠であり、IR誘致開発事業の要である。その目的地までの集客力が重要であり...

2020年10月01日 16:28

新型コロナの防疫対策で世界の先頭を走る台湾と意見交換(1)NEW!

 2020台湾最新ビジネスセミナー「withコロナ時代‐日台で切り拓く新ビジネスチャンス」が9月15日、TKP品川カンファレンスセンターで開催された。今回のセミナーは...

2020年10月01日 15:17

42号店「三宅店」をオープン~唐揚げ専門店「博多とよ唐亭」NEW!

 本日、唐揚げのテイクアウト専門店「博多とよ唐亭」の新たな店舗「三宅店」がオープンした。同店の42号店で、南区エリアでは6店舗目となる...

2020年10月01日 15:12

【縄文道通信第48号】「今なぜ縄文道なのか」―縄文道 ユートピア論―縄文道――武士道――未来道―今も息づき未来に活かせる(後)

 前回で紹介した日本列島から生まれた普遍性の道と併せて4つの大和の道に触れる。この4つの道は、紀元前660年の日本の最初の天皇誕生以前に約1万4,000年にわたって形...

2020年10月01日 14:37

マンション管理のIT化推進 大和ライフネクストが「IT総会」実証実験

 大和ハウスグループの大和ライフネクスト株式会社(東京都港区、石﨑順子代表取締役社長)は、一般社団法人マンション管理業協会(以下、「マンション管理業協会」)が検討を進...

2020年10月01日 14:33

【10/6】タピオカミルクティーのオンライン・ビジネスフォーラム(台湾経済部、貿易センター主催)

 台湾経済部(経済産業省に相当)、台湾貿易センター(JETROに相当)は6日、「2020 台湾タピオカミルクティー国際フォーラム」をオンラインで開催する...

2020年10月01日 14:28

カジノ×ゲーム×オンラインで新市場の形成目指す、中村龍道氏の挑戦(2)

 『現実世界ではコロナの感染拡大防止の観点から規制がかかり、従来通りの仕事ができなくなる、あるいは仕事を失う人が増えています。しかし、デジタルのなかの仮想世界にはコロ...

2020年10月01日 14:18

地球環境を踏まえた持続可能な「市場経済システム」を模索!(3)

 『近代市場経済システムは、倫理観を備えた市民による自由な経済取引が人々を豊かにし、幸福をもたらすという前提の下、発展してきました...

2020年10月01日 14:06

20万人のコロナ死者たちへの愛憐の情のかけらも示さないアメリカ大統領選候補たち

 アメリカ大統領選挙候補者「トランプVSバイデン」のテレビ討論(現地時間9月29日)を目撃して9割の人々は「アメリカの終焉」を確信したのではないか...

pagetop