• このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年05月24日 07:00

ドラッグストア今昔物語 業界の変遷をたどる(前)

 医薬品小売業は、かつての薬局・薬店からドラッグストア(以下、DgS)として業態転換し、多様化する消費者ニーズに応えてきたことで支持を集めてきた。近年はそれによる競争激化にともない、チェーンDgSを軸に再編が活発に行われ、他業態からも注視されている。今回はその変遷について、医薬品小売業の歴史を振り返ることで、新しい時代のDgSがどのように変わっていくべきかを考える。

DgS業界のカリスマ 石田健二氏の功績

 2017年3月、ウエルシアホールディングス(株)が東京都台東区に「ウエルシア浅草まるごとにっぽん店」を開店。DgS業界では初となる店内の厨房で調理したカレーライスを食べられるサービスを始めた。ある日、筆者が同店を訪れると、野球帽をかぶり、ラフな格好で店舗奥のテーブルに座っている見知らぬ老人が、笑顔で手招きしている。

 「浅草に知り合いはいないのだが」と思いつつ近づいてみると、その人物は業界のカリスマといわれる(株)ハックイシダ創業者で現・(株)CFSコーポレーション名誉会長、(株)ウエルシアの石田健二氏だった。その日は競合の(株)マツモトキヨシや(株)アインファーマシーズの店舗視察をしており、ウエルシアHDにレポートを提出するという。すでに業界の一線から退いている石田氏だったが、カリスマといわれるだけに、DgSに対する熱い情熱と勤勉さは、いまだ衰えていないようだ。

 石田氏が業界の牽引者といわれる所以は、現在のDgSの業態を導入した第一人者であることだ。神奈川県を拠点に「ハックドラッグ」として店舗を展開していた石田氏は、1976年に日本発自社独自のDgS「ハック横浜杉田店」を横浜市杉田区に開店。93年には、同市青葉区にある、当時は新興住宅街だった「たまプラーザ」の郊外にスーパーDgS「ハックドラッグ美しが丘店」をオープンした。同店は比較的富裕層が多い商圏で、テレビドラマ『金曜日の妻たちへ』の舞台になったことでも知られている。

 さらに石田氏は、今では店舗構成のスタンダードといえる、DgSとスーパーマーケットを併せた業態店舗を国内でいち早く取り入れ、96年4月にフード&ドラッグのコンビネーションストア(COMBO)業態による店舗「ザ・コンボJr.厚木妻田店」を神奈川県厚木市に開店した。売り場づくりにおいて「アイケア」「オーラルケア」といった訴求による棚置きを展開。消費者目線からライフスタイル別に分類した売り場をつくり、新たな需要を創造することを、日本で初めて取り組んだことでも知られている。当時、ハックの店舗には連日のように日本全国からDgS経営を目指す薬局・薬店の経営者や幹部、メーカーなどの業界関係者が訪れ、同社の事業経営を学び、相談もあったという。

かつての薬局業界は「西高東低」

 カリスマと呼ばれる石田氏が頭角する前の薬局業界の歴史を見てみると、いわゆる「流通革命」を起こした(株)ダイエーの創業者の中内㓛氏が大阪市旭区にある千林商店街に1号店「主婦の店ダイエー薬局」を開店し、DgSの前身となる薬店としての店舗形態が広がったのが50年代後半。当時は新しいかたちの薬系店舗をつくること夢見ていた薬局経営者を対象とした研究会グループ「JDS(JAPAN Drug Store)、通称:山口学校」と呼ばれる勉強会が定期的に開催されていた。

 同研究会には石田氏のほか、(株)カワチ薬品創業者の河内良三郎氏(故人)、(株)キリン堂ホールディングス会長・寺西忠幸氏、DCMホールディングス(株)名誉会長・鏡味順一郎氏、ツルハホールディングス(株)名誉会長・鶴羽肇氏など、その後のDgS業界をリードする企業に成長させた経営者が名を連ねていた。

 60年代に入ると、「関西御三家」といわれていたヒグチ産業(株)(現・薬ヒグチ&ファーマライズ(株))、(株)コクミン、(株)セガミ製薬所(現・(株)ココカラファインヘルスケア)が牽引していた。ある大手製薬企業の幹部は、当時の薬局事情について「関西の薬局で流通に関する問題が起きたときなどは、1にヒグチ、2にコクミン、3にセガミの順で相談に出向いた。関西の薬局は繁盛店も多く勢いがあったので、各製薬企業は関西の薬局の取引に注力していた。今と同様に、当時から価格競争も非常に激しかった」と話す。

 この業界情勢は70年代にも続き、当時の日経新聞、日経MJの「日本医薬品小売業トップ10」によれば、72年度は、1位ヒグチ薬品産業(本社東大阪)売上高80億円、2位コクミン(同大阪)同57億円、3位マツオカ薬品(同名古屋)同43億円、4位セガミ製薬(同東大阪)同28億円と関西勢が強く、薬ヒグチがフランチャイズ事業を開始。創業者の樋口俊夫氏がゾウの上に乗り、「目標、1,327店!(当初は427店)」と宣言するテレビCMの放映は話題を呼んだ。当時FC展開を推進していたのは、薬ヒグチだけで、関西の薬局は、DgSのチェーン展開には関心が薄かった。

(つづく)

【大川 善廣】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年06月06日 07:00

年間700万人が日台間を往来 教育、歴史など広がりを見せる文化交流(前)

 台北駐福岡経済文化弁事処(以下、福岡弁事処)は中華民國駐長崎領事館を前身とし、1970年の福岡移転を経て、台湾の代表機関として日台間の交流促進などの役割をはたしてい...

2020年06月06日 07:00

主要11社の経常利益率ランキング タイヨーなど5社が上昇

 これまでに判明した主要流通企業11社の2020年2~3月期決算によると、期間のもうけ具合を表す経常利益率(経常利益÷営業収益)は前年度から5社が上昇、6社が低下した...

2020年06月05日 17:05

【みやき町】「元なでしこ」海堀ディレクター委嘱式・女子サッカーチーム・ユニフォーム発表

 佐賀県みやき町こすもす館において、5日、海堀あゆみ氏のみやき町スポーツ政策ディレクター委嘱式および「みやきなでしこクラブU-15」のユニフォーム発表会が行われた...

2020年06月05日 16:58

コロナ危機の裏で深刻化する食糧問題と加熱する種子争奪戦争(中編)

 あまり知られていないが、アフガニスタンは40年前には豊かな農業の輸出国であった。アメリカ軍はアフガニスタン侵攻に際し、「2007年までには同国が再び食糧に関して自給...

2020年06月05日 16:00

伊都きんぐの感謝の0円販売、あっという間に終了

 「どらきんぐエース」、「どらきんぐ生(期間限定商品)」などを販売する伊都きんぐ。同店は公式Twitterを通じてあまおう苺入りチョコレート「いちごの卵」の「訳アリ大...

2020年06月05日 15:00

厚生労働省公表の「ブラック企業」6月1日発表 福岡労働局分

 6月1日に公表された福岡労働局分は下記の通り...

2020年06月05日 14:51

国家インフラに「負担金」不可解(前)

 遅々として進まない整備新幹線を尻目に、JR東海が手がけるリニア中央新幹線は着実に整備が進んでいるように見える...

2020年06月05日 14:40

今できることに堅実に挑む~(有)金谷洋瓦工事店

 屋根工事一筋53年の社歴を有し、福岡県内だけでなく、県外でも多くの受注実績を有する(有)金谷洋瓦工事店。金谷宏之代表を始めとした熟練した技術者および同社専属職人の高...

2020年06月05日 13:30

「博多廊」「星期菜」などが1日より営業再開~IMD Allianceの取り組み

 営業再開にあたってのあいさつと同社の感染予防対策についてのメールが寄せられたので、以下に紹介する...

2020年06月05日 13:00

【政界インサイダー情報】いよいよ、アベノミクスの目玉IR誘致開発も危険水域

 誰も予想もしなかった、今回の世界的なコロナ感染拡散問題で、この危機管理に対応できず、傷だらけになっている今の政府、強かった筈の安倍一強政権...

pagetop