• このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年11月18日 16:24

佐世保児相に突然引き離された親と子(4)

長崎県・佐世保児相もう一つの「闇」

 家庭への調査(訪問)、指導を行わず、当時8歳の男児を一時保護し、保護者とトラブルを起こしている佐世保こども・女性・障害者支援センターの児童相談所部門(以下、佐世保児相)。当初、男児の一時保護の決定に大きく関わったと見られる児相職員は、10月頃から病気休暇となっており、このことも両者の話し合いが難航する一因と思われる。佐世保高1同級生殺害事件に関わらなかった対応が問題視される佐世保児相。平行して起きていたもう一つのトラブルでは、佐世保児相が主として関わっている。両親はすでに長崎県知事あてに審査請求なども行っており、佐世保児相が置かれていた状況を知る上で、本件は重要な要素だと考える。

公的補助によるホルモン剤投与

 佐世保児相の所長が5月12日に保護者に出した通知(26佐支セ第107号)によると、男児は、児童福祉法第33条による一時保護委託となり、その後、保護者の両親との折り合いがつかず、長崎家庭裁判所佐世保支部に、小規模住居型児童養育事業者への委託措置の承認が申し立てられ、7月23日、同家裁は承認した。(両親は8月4日、福岡高裁に即時抗告)。佐世保児相が申し立ての理由にあげたのは以下の4点。

(1)成長ホルモン分泌不全性低身長の治療を1年行ったが治療効果が上がらず、主治医(佐世保中央病院)が栄養不足を疑い、男児を2週間入院させることを勧めたが母親が拒否したこと。

(2)佐世保市子ども発達センターの定期的診察で、2013年6月の初診から体重が14.3kgのまま変動しないこと。

(3)13年7月の佐世保市要保護児童対策地域協議会個別ケース検討会で、関係機関が両親による食事制限を疑ったが、虐待と判断するまでには至らず、その後も佐世保市子ども発達センターが主として男児の経過を見ていたこと。

(4)14年3月29日、雨のなか、公園に1人でいる男児を見かけた近隣住民が警察に通報し、駆けつけた警察官が自宅まで男児を送ったが、男児が嫌がったため、両親と話さず、自宅に入る様子を見届けたこと。

sasebo_sien 佐世保市中央病院の記録から、(1)の「治療効果が上がらない」を補足する。男児は、12年1月に佐世保市中央病院に検査入院し、後日、「成長ホルモン分泌不全性低身長」と診断された。この際、父親は主治医から、難病疾患として公的補助が受けられることを理由に遺伝子組換え天然型ヒト成長ホルモン製剤の投与を勧められたという。相談の上、この勧めを受け入れ、両親は、公的補助を申請。12年4月から1年間、男児へのホルモン製剤の投与を行った。

 この間、男児は身長94.8cm、体重15.0kg(12年4月23日)から、経過記録が最後では身長98.9cm、体重14.8kg(13年5月10日)へと、体重はほぼ変らなかったものの、身長で4.1cmの伸びを見せている。「治療効果が上がらず」とは、正確には「公的補助の継続に必要な基準まで治療効果が上がらず」となる。なお、この後、男児は佐世保児相に一時保護された14年3月31日には、身長99.7cm、体重16.3kgとなっている。(身長、体重は、医療機関の記録および家裁の審判に付せられた別紙1によるもの)

 男児に投与された成長ホルモン剤の説明書を確認すると、食欲亢進の精神神経系の副作用があると記載されている。もともと食べ物への執着が強く、それがために佐世保市子ども発達センターにかかっていた男児だが、小学1年生時に見られた給食の拾い食いの理由ではなかったかと両親は推察する。

 両親は当初、男児の低身長を遺伝によるものと考え、あまり気にしていなかったという。それは父親165cm、母親154cmと小柄で、父親も幼い頃、周りの子より背が低く、中学時で140cm、高校に入って10cmほど伸びたためだ。成長ホルモン剤は、医師の勧めもあり、補助が受けられるなら子どものためにやってみようということになった。虐待とされる過度の食事制限が疑われたとされるが、医師らは「他の兄弟と同じように食べさせている」「放っておくと大人の2倍くらい食べる」という両親との面談による情報しか記録しておらず、実際に家庭の様子を確認したわけではない。

 (3)の要保護児童対策地域協議会(注)でも虐待と判断するに至らなかった。佐世保市職員(子育て応援センター)による男児の送致から緊急保護に至るきっかけは、「右目の下に痣があり、昨日の夕食から食べさせてもらえず、家族全員が外出し、昼食も食べさせてもらえないという男の子が公園にいる」との通告である。佐世保児相の関係書類では、右目の下の痣は男児の自傷によるものとされている。また、両親は、家族全員の外出を否定。姉の長女(当時9歳)がおにぎりを1同男児に届けており、次に午後1時過ぎ、迎えに行った長女が男児の所在不明を知り、家に連絡した。

 事前の家庭調査(訪問)や指導がなく、一時保護に至った経緯や、里親や施設入所の承認を求める佐世保児相が示す『虐待』の根拠が男児の話と医師の診察であることだが、両親側は納得しておらず、あらためて佐世保児相による指導(調査)を受けた上での家庭への受け入れを求めている。しかし、先週の11月11日、佐世保児相の求めで母親は所長と面談しているが、さまざまな疑問は解消されず、ここでも話は平行線をたどった。

(つづく)
【山下 康太】

(注)要保護児童対策地域協議会とは、虐待児や非行児童を含む支援・保護が必要な児童、その保護者などの早期発見や適切な保護などを図るために、自治体、学校、教育委員会、警察などの地域の関係機関が関連情報を共有し、連携・協力により適切な支援を行うというもの。14年7月26日に起きた佐世保高1同級生殺害事件に関連して、事件前に逮捕された少女を診察していた精神科医が、佐世保児相に要対協の開催に該当するケースかと問い合わせたところ、児相職員が電話で「該当しない」と答え、その後、何ら対応しなかったことが問題視されている。現在、外部有識者による検証が行われている。(詳細はココをクリック

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年02月15日 16:00

【特別レポート】九電工関係者による傷害致死事件の真相を探る(4/完結編)~開成→東大卒弁護士による不自然な勾留理由開示請求

  昨年9月、長崎県五島列島の北端に浮かぶ小さな島で起きた傷害致死事件。加害者とされる男性が自首したにもかかわらずなぜかすぐに釈放され、いくつも不明な点が残され...

2019年02月16日 07:05

芝浦グループ多角化戦略のいま 繁栄の鍵は「人財」発掘にあり(後)

  芝浦グループホールディングス(株) 代表取締役社長 新地 洋和 氏 各事業の取り組み  ―19年の事業展望について。アグリ事業では多数雇用...

2019年02月16日 07:02

【日韓ビジネスコンサルタントの視点】米中貿易戦争長期化への懸念~戦々恐々の韓国経済(3)

  中国が取り得る3つの戦略  それでは、今回の米中貿易戦争の真の狙いはどこにあるだろうか。中国はこのペースで行くと、2020年の中盤ごろアメリカを抜いて...

2019年02月15日 18:11

元オネエ系タレントの振付師K・Bの弟も~中洲のクラブ経営者、脱税容疑で逮捕

   福岡地検特別刑事部は2月14日、所得税法違反(脱税)の疑いで、飲食店経営者椛島(かばしま)譲治(48)、竹田一郎(48)、井上貴博(41)、植村勲(39)、中...

2019年02月15日 17:56

わらび座「北前ザンブリコ」みどころ(1)

  ■劇団わらび座ミュージカル「北前ザンブリコ」 <開催日時> 2019年3月5日(火) 18:30~(開場18:00) &...

2019年02月15日 17:51

シノケン18年12月期は増収減益 市況悪化で今期は抑制予想

   15日、シノケングループが2018年12月期(連結)の決算発表を行った。同期の売上高は1,113億円(前期比5.1%増)、営業利益は118億円(8.3%減)、経...

2019年02月15日 16:06

石油から水へ:新たな富を生む『水力(ウォーター・パワー)』(前編)

   NetIB-Newsでは、「未来トレンド分析シリーズ」の連載でもお馴染みの国際政治経済学者の浜田和幸氏のメルマガ「浜田和幸の世界最新トレンドとビジネスチャ...

2019年02月15日 15:43

「はかた一番どり」のあらい、古賀市ふるさと返礼品で賞味期限切れ品を誤発送~昨年11月には宗像市の返礼品でも誤発送

   古賀市役所は14日、同市のふるさと納税返礼品を取り扱う株式会社あらいが、賞味期限切れの鶏がらスープを含む返礼品「水炊きセット和(なごみ)」5セットを発送してい...

2019年02月15日 15:25

芝浦グループ多角化戦略のいま 繁栄の鍵は「人財」発掘にあり(前)

  芝浦グループホールディングス(株) 代表取締役社長 新地 洋和 氏  北九州市の小さな電気店「シンチデンキ」からスタートし、太陽光発電マンションか...

2019年02月15日 15:09

越後薬草の塚田久志社長が死去

   越後薬草(株)(本社:新潟県上越市)代表取締役社長・塚田久志氏が2月13日に死去した。65歳だった。  同氏は1976年に新潟県糸魚川市筒石で同社を...

pagetop