2024年05月27日( 月 )

【コロナに負けない(49)】スタッフ一丸となった予防対策の徹底~(株)末広福祉会

記事を保存する

保存した記事はマイページからいつでも閲覧いただけます。

印刷
お問い合わせ
法人情報へ

 『フラワーガーデン』の別称で名高い介護付有料老人ホームを運営する(株)末広福祉会。玄関わきのテラスや中庭に咲く多種多様な季節の花・樹木が来館者を迎えてくれ、まさに『フラワーガーデン』という名の通りである。

介護士の皆さん

 同社の1階デイルームは、音響設備が完備されており、スタインウェイのピアノなど楽器も充実している。月に1度、プロ級の演奏家らによる演奏会を開催。ジャズをはじめポップスやクラシックなどが披露され、入居者やその家族も集まり大いに盛り上がっている。演奏会以外にも、映画鑑賞会、華道教室、くもん、絵画教室、歌声教室など多彩な活動を実施している。

 同社スタッフは、同社のかかげる「老人ホームらしくない 老人ホームを目指して」という理念に沿って、入居者およびデイサービスを受ける方々に対し、心から尊敬の念を抱き、“人生の先輩”とともに歩んでいるようだ。「介護および看護・入浴・認知症ケア、看取りそして機能訓練」など老人ホームとしてのサービスも、専門スタッフが高い技能に基づく温かな気持ちで提供している。

 今回のコロナウイルス禍の影響により、同社の運営も制約を受けているのが現状だ。5月14日に福岡県の緊急事態宣言が解除されたものの、同社は引き続き自主的な制限を継続している。
「誠に心苦しいですね。現在新規の契約については、お断りしております。各イベントの開催も中止です。入居者とご家族の面会も制限し、面会時はガラス越しでお願いしております。そして我々スタッフ一同は日常生活において、不要不急の外出を控えてもらうなど、ウイルス感染防止を万全にしております。入居者およびご家族の方々にご不自由をおかけしており、大変心苦しいです。当社スタッフも自粛生活を徹底しながら、入居者およびご家族へ献身的なサポートを行っております」(同社代表取締役・末永直美氏)。

 ここで、日々介護の最前線で活動する方々の声を紹介する。

同社施設長・入江辰徳氏

「こちらにお見えの方々には、検温および消毒・マスク着用をお願いしております。スタッフに対しては、末永が述べた通り、外出および外泊の自粛を徹底しているのが現状です。デイサービスは、上記検温(1日3回)および消毒・マスク着用を遵守しながら行なっています。ショートステイに関しては現在、新規はお断りしている状況です」。

介護スタッフ・中村マキ氏

「日常生活において外出を極力控えること、そして買い物する時間帯を、工夫しております。館内でのうがい・手洗いを常に励行しながら、利用者の方々と触れ合うときは、消毒液が入った(ボトル)を各スタッフへ配り、必ず消毒してから触れ合うことを徹底しております。入居者の方々とは、普段通り明るく笑顔でのコミュニケーションを行っております」。

介護スタッフ・森田章子氏

「自分自身が感染源にならないように、不要不急の外出を控えること、うがい・手洗い・消毒をこまめに行います。また入居者の方々は、さまざまな制限をされているなか、ストレスを抱えておられます。わたしたちスタッフが、より密に入居者の方々と関わることを実践しております」。

 困難な状況であるからこそ、同社は一丸となって自らを律しながら、入居者そして利用する人々に対しては、温かな心で接することを心がけている。

【河原 清明】

(48)
(50)

関連キーワード

関連記事