• このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年07月04日 07:00

IT化とデータ可視化の推進でジョブ型への対応を(後)

ナレッジスイート(株)
代表取締役社長 稲葉 雄一 氏

 新型コロナウイルス感染症対策によりテレワークが普及したとはいえ、ジョブ型に完全に移行できるわけではなく、経営者・社員双方にとって適切な雇用形態の模索が続くであろう。
 東証マザーズ上場のナレッジスイート(株)の提供するサービスは社内の無形のノウハウの可視化・資産化を推進し、業務の効率性向上、リスクヘッジに役立つものであり、地方の企業、中小企業のデジタルシフトを後押しするものだ。コロナによる社会環境の変化などについて、代表取締役社長・稲葉雄一氏に話をうかがった。

(聞き手:(株)データ・マックス 取締役 緒方 克美)

単純作業の自動化で社員の余力を生み出す

 ――営業支援ツールについて、テクノロジーと人間の分担のバランスについてはどう考えますか。

 稲葉 単純作業の自動化が重要だと思っています。たとえば、営業で問い合わせを受けたときに必ず行うルーティン業務があります。当社では毎月700~800社の中小企業から問い合わせを受けており、営業をかける前に、その企業の製品や社員数などの情報について調べるのがルーティンになっています。

 それらは当たり前の業務として行われていますが、非常に時間がかかっています。当社はこれらをすべて自動化したサービスを提供し、問い合わせを受けたら、関連のキーワードですべての情報をクローリングすると、自動的に情報をすべてインターネット上で拾って出力してくれます。この単純作業1件につき従来は会社名とその地域名で数分かけて検索をしていたのが、自動化により時間がかからなくなり、効率が上がっています。

 ほかにも、当社の営業支援ツールでは、スケジュールとその報告をボタン1つですべて連携させることができます。当社は人間が当たり前のこととして行っている単純作業をKnowledge Suiteのなかで全部自動化しようとしています。

 私たちの考え方は、8時間の労働を3時間に減らすことを目指すのではなく、売上を増やすための余力をつくるお手伝いをするというものです。Knowledge Suiteは、顧客の売上を伸ばすため、社内での受注プロセスにおけるアクションを自動化するツールです。新規を獲得するために4~6割の労力を使っていたら、残りの5割しか商談のクロージングのプロセスに時間を取れなくなりますが、新規のための労力を減らすことによって、商談のプロセスの機会が増えれば、売上は必ず伸びます。

 ――日本は、アメリカと比べて、インサイドセールスにかける時間が非常に長くて生産性が低いため、その部分を圧縮することで効率を上げるということでしょうか。

 稲葉 インサイドセールスは営業で必要な手法の1つですが、新規顧客のリード獲得には非常に労力がかかり、新規のアポイントに営業の約4~6割の労力を費やしています。当社は毎月中小企業から多くの問い合わせを受けるほか、展示会出展などにより新規リードとの接点を最大化し、その労力を削減できています。このように当社は、すべて自動化して、無駄な動きを行わないようにしています。なお、これに関しては、当社が過去にベンチャーとしては例外的に日経新聞と朝日新聞の朝刊で15段の全面広告を出し続けたことがベースになっているという理由もあります。

地方の企業こそIT化推進でノウハウを資産に

 ――営業はデータを活用した科学的なものであるべきだと思いますが、福岡では、営業で大事なのはコミュニケーション能力という属人的な要素で捉える経営者が多いという印象です。この点について東京と地方の差は感じますか。

 稲葉 Knowledge Suiteの方法は、社員の頭のなかの知識を会社の資産に変えるというものです。メモは自分のものであって、会社に提出はしませんよね。こっそり聞き出した予算、顧客の社員から受けた感覚、人事情報や人となりの評価、趣味や思考については、自分がその顧客を攻略するための1つのノウハウとしていましたが、これらをすべて会社の資産に変えることを提唱しています。

 地方では「御用聞き的な」三河屋のように動きが属人的である傾向が強く、ある優秀な社員が辞めたときに、顧客に関して社員の頭のなかにある、あるいはメモに残している情報を含めたすべてが他社に移ってしまうリスクが大きくなります。しかし、Knowledge Suite上に情報、すなわちメモをインプットするという癖付けができていれば、その社員がクライアントを抱えて競合先に移動するという現象は発生しにくくなります。会社にとってのリスクは従来定性的にしか見ていなかったのですが、Knowledge Suiteが蓄積するデータは、その部分を定量的に可視化するものです。

 このように、地方の企業こそ、IT化の推進により、ノウハウを会社の資産に変え、会社の経営を良い状態にもっていくことができます。

 Knowledge Suiteはとくに中小企業の支援について中心に考えており、中小企業の人手不足問題を解消することを課題としています。自動化がさらに加速するなかで、顧客の業務の自律化をサポートしていくという将来像をもってサービスを展開していきます。

(了)

【文・構成:茅野 雅弘】

IT導入補助金対象ITツールに選ばれたKnowledge Suite! 今が導入するチャンスです

純国産クラウド型 統合ビジネスアプリケーション「Knowledge Suite(ナレッジスイート)」

<COMPANY INFORMATION>
ナレッジスイート(株)

代 表:稲葉 雄一
所在地:東京都港区虎ノ門3-18-19
設 立:2006年10月
資本金:6億8,110万円
売上高:(19/9)21億5,994万円

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

菅義偉首相の致命的欠陥とはNEW!

 1月21日、英紙タイムズ電子版が、ある与党関係者の話として、政府が非公式に新型コロナウイルスの影響で東京五輪の開催を中止にする必要があると結論付けたと報じた。これに...

2021年01月25日 10:57

【検証】トクホ“復権”に向けた消費者庁の検討会、失敗に終わる可能性もNEW!

 機能性表示食品の登場により、影が薄くなった特定保健用食品(トクホ)。トクホ制度をテコ入れするため、消費者庁は昨年12月に「特定保健用食品制度(疾病リスク低減表示)に...

2021年01月25日 10:39

2020年のM&A コロナで海外案件が減少、小型化も~ストライク調べNEW!

 M&A仲介・ストライク(東証一部)は、2020年の年間M&A動向を集計した。M&A件数は、2013年以来7年ぶりに前年を下回る849件(前年比4件減)となった...

2021年01月25日 09:50

中国経済新聞に学ぶ~2020年に中国人は何を消費したか?(後)NEW!

 淘宝(タオバオ)は2020年12月21日、20年に人気を集めた商品を発表し、マスク、ヘルメット、熱乾麺(武漢の軽食)などがトップ10入りした。今年のインターネットプ...

2021年01月25日 07:00

【長期連載】ベスト電器消滅への道(6)NEW!

 2010年1月20日の役員会で代表取締役の提案があり、井澤信親氏が推薦された。投票により、賛成多数で井澤氏の代表取締役専務就任が決定した。このとき、中野茂常務も他薦...

2021年01月25日 07:00

政府は財政規律を凍結し積極財政を展開せよ(後)NEW!

 それどころか、この経済対策と平行して進められたのが、庶民からカネを巻き上げる「社会保障制度改革」であった。菅内閣は実に驚くべきことに、このコロナ禍状況において、75...

2021年01月24日 07:00

【長期連載】ベスト電器消滅への道(5)

 ベスト電器は2010年1月、有薗会長、濱田社長が経営責任をとって退任し、深澤政和副会長が代表取締役社長に、井澤信親氏が代表取締役専務となる新人事で年を明けた。しかし...

2021年01月24日 07:00

【年頭所感】コロナ禍の逆風のなかで新たな挑戦、太宰府市をより住みよいまちに〜楠田大蔵市長(後)

 当面はコロナ対策を万全にしていくということに尽きますが、今年はある意味、総決算、集大成の1年になってきますので、積み上げてきた3年間の取り組みを1つの形にしていく重...

2021年01月23日 13:47

【福岡県政インサイダー】データ・マックスの目は節穴、高島市長の脳裏には知事の道はない

 22日、「福岡県政インサイダー」コーナーに「小川知事ついに辞意表明か 後任に高島福岡市長」という記事を掲載したところ、そのわずか30分後に自民党福岡市議団の有力市会...

2021年01月23日 07:00

【長期連載】ベスト電器消滅への道(4)

 1953年9月創業のベスト電器は、当時メーカー優位の家電販売業界にあって、創業者の北田光男氏が辛酸を舐めながらも"安売り"を前面に押し出した販売手法で日本一の会社に...

pagetop