• このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年07月08日 13:00

【株主総会血風録1】大戸屋ホールディングス~買収を仕掛けたコロワイドが戦わずして“戦線放棄”の奇々怪々(2)

 定食チェーン「大戸屋ごはん処」を運営する(株)大戸屋ホールディングス(以下・大戸屋)が6月25日に都内で開いた定時株主総会で、筆頭株主の外食大手(株)コロワイドが提案していた取締役候補の議案が否決された。総会にはコロワイドは出席せず、株主提案の説明もなし。買収を仕掛けたコロワイドは”戦線放棄”したのだ。奇々怪々というほかはない。

三枝子未亡人と息子の智仁氏が相続した大戸屋株をコロワイドに売却

 そもそもの発端は、2015年7月大戸屋を実質的に創業した三森久実会長(当時)が57歳で死去したことだ。経営権をめぐり、久実氏の従兄弟にあたる窪田社長ら経営陣と、久実氏の妻の三枝子氏と息子で常務だった智仁氏が対立した。

 同年9月、三枝子氏らが社長室を訪れ、机に遺骨や遺影を置き、窪田氏に「社長として不適格なので、智仁にやらせる」と迫った。世にいう「お骨事件」である。

 16年2月に智仁氏は大戸屋を去り、17年に大戸屋が久実氏の功労金として創業家に2億円を支払い、お家騒動は落着したかに見えた。

 ところが、昨年10月1日、三森三枝子・智仁の両氏は久実氏から相続した大戸屋株式18.67%をコロワイドに30億円で譲渡した。コロワイドの野尻公平社長は11月15日の決算説明会で「M&Aも検討している」と説明した。

セントラルキッチンか店内調理かで激突

 コロワイドは、居酒屋「甘太郎」や「土間土間」、焼き肉の「牛角」、回転すしの「かっぱ寿司」、ステーキの「ステーキ宮」、ハンバーガーの「フレッシュネスバーガー」など多種多様な業態を展開する。セントラルキッチンをもち、多くの業態で共通の食材を使用することによる、効率的な運営に特徴がある。野尻社長は決算説明会の場で、大戸屋についても、セントラルキッチンを活用したコスト削減の可能性に言及した。

 さらに、買収に踏み込んだのは新型コロナの拡大による緊急事態宣言で客足が途絶え、外食産業が壊滅的な打撃を受けたことによる。

 20年4月、コロワイドは大戸屋に取締役刷新の株主提案をした。
 「このままでは大戸屋のフランチャイズ(FC)オーナーが離脱しかねない。早く決着をつけなければならない」。野尻社長はメディアに登場し、株主提案をした理由をこう語った。
 野尻氏は、大戸屋を子会社化すれば、「22年3月期には黒字化できる」と主張。その根拠として、全国10カ所で稼働しているコロワイドのセントラルキッチンの活用などで、約6億9,000万円のコスト削減が可能との試算を示した。

 大戸屋の窪田社長は、セントラルキッチン化に猛反発した。大戸屋の魅力はセントラルキッチンではなく店内で調理するところにある。各店舗で野菜や肉などをカットしており、焼き魚の定食などは前日にタレに浸して仕込んでおく。店内調理だと、必然的に店舗運営の人手が多くなる。開店前から仕込み作業を行うため労働時間も長くなる。店内調理を売り物としてきたが、これがコスト増となり赤字に直結した。

 コロワイドと大戸屋の意見の対立の争点は、セントラルキッチンか店内調理ということだった。大戸屋にとって店内調理は一丁目一番地であり、常連のファンが多いのは店内調理を行っていることにある。最大の魅力である店内調理を、コスト削減を理由として中止しますとはいえない。

創業者の実兄が「遺伝子は現経営陣が継いだ」と表明

 コロワイドの株主刷新の取締役候補に、創業者の息子・三森智仁氏も入った。大戸屋の創業精神を引き継ぐ者として、智仁氏を担いだ。
 智仁氏はメディアの取材に、「野尻社長から『大戸屋を日本一の定食屋にしたい』と言われて涙が出た。創業者の理念を一番近くで見てきた自分が力添えしたい」と語った。

 久実氏がこだわったのは店内調理だった。セントラルキッチンを導入すれば、味が下がり、お客の信頼を失うと考えていた。
 ところが、智仁氏が「創業者の理念」の継承者として、生命線である店内調理ではなく、セントラルキッチン導入のコロワイドの取締役に名を連ねたのだ。

 これには周囲も呆気にとられた。創業者三森久実氏の実兄で、社外取締役三森教雄・東京慈恵医科大学外科学講座特任教授が、マスコミに登場し、「遺伝子は現経営陣が継いだ」とコロワイドと智仁氏を牽制した。教雄氏は、創業家と経営陣の和解の労をとっていたが、智仁氏が株をコロワイドに売却するとは考えてもいなかったようだ。ことここに至って、創業家の長老として経営陣の支持を表明した。

(つづく)

【森村 和男】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2021年03月02日 14:44

【緊急寄稿/佐藤章】日本が立ち向かうべき「真の問題」 医系技官ヒエラルキーと特別会計の闇

 第2次安倍政権以来8年間続いた自民党政権の下にいて満足を感じている国民はごく少数だろう。安倍晋三前首相や菅義偉現首相にかかわるスキャンダルを毎日のようにテレビや新聞...

2021年03月02日 18:18

『脊振の自然に魅せられて』素晴らしき脊振の霧氷(前)NEW!

 2月19日(金)、ワンダーフォーゲルの後輩Oを誘い、今年3度目となる雪の脊振山へ向かった。18日には雪が舞い散っていたが、天気予報を見ると19日は晴れマークとなって...

2021年03月02日 17:58

中国経済新聞に学ぶ~中国、2020年に新生児30%減少(前)NEW!

 中国公安部が2月8日に公布した人口に関するデータが多くの人たちを悩ませた。2020年12月31日現在で、20年の出生戸籍に登録した新生児数が1003.5万人、そのう...

2021年03月02日 17:51

LINE、Yahooが防災デジタル化~デジタル庁創設に向けて自民党デジタル社会推進本部が委員会を開催(前)NEW!

 自民党は2月25日、デジタル庁創設に向けて、デジタル社会推進本部デジタル施策調査小委員会を開催した。LINE(株)とYahoo(株)から「防災のデジタル化」について...

2021年03月02日 17:39

福島第一原発事故、東電の賠償額10兆円超えるNEW!

 東日本大震災の福島第一原発事故による東京電力(株)の原子力損害賠償支払額の累計は、2021年度に10兆円を超える見通しとなったことがわかった。この累計には除染費用が...

2021年03月02日 16:46

コロナ時代のメイクを追求「マスクdeなりきりメイク」~明治産業「あ!めいじんぐ倶楽部」

 不動産資産管理、エネルギー販売などを行う(株)明治産業(福岡市中央区、明永喜年代表)は、オトナ女子のための部活動「あ!めいじんぐ倶楽部」をCSR活動の一環として運営...

若きトップと情熱を傾ける社員たち 快進撃はとどまることを知らない

 創業した1986年当時、(株)三和通商は海外から輸入した衣料品などを国内で売りさばくことが主な事業だった。また、お隣の韓国から人気の化粧品を仕入れるなど、時流に乗っ...

地域とともに発展してきたことに感謝 より身近なスーパーマーケットへ

 暮らしに寄り添うスーパーマーケット。その代表格がサンリブやマルショクではないだろうか。長崎、鹿児島、沖縄を除く九州全域、そして山口、広島に133店舗を構え、事業を推...

2021年03月02日 15:39

ポスト・コロナ時代をどう生きるか?変化する国家・地域・企業・個人、そして技術の役割(1)

 ポスト・コロナ時代に、バイデン新政権下での米国、中国、ミャンマー、台湾、韓国、北朝鮮、中東などの国際情勢はどう動き、日本はどのような役割をはたすべきなのか。さらに、...

2021年03月02日 15:18

ワクチン接種開始とその後の展開(前)

 新型コロナウイルスの感染が拡大するなか、待望のワクチンがいよいよ生産され、アメリカやイギリスなどの世界各国で接種が始まった。すでに国民の半分近くが接種を受けているイ...

pagetop