• このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年08月28日 14:43

『脊振の自然に魅せられて』夏の沢登りを楽しむ

夏の恒例

 脊振山系には多くの沢がある。福岡市の都心からわずか1時間ほどで入渓ポイントまで行けるのも脊振の魅力の1つだ。ワンダーフォーゲル(以下、ワンゲル)OB仲間との野河内渓谷の沢登り(遡行)は夏の恒例になっており、今年は8月1日に開催した。

 登山用地図アプリの(株)ヤマップのH社長から、「野河内渓谷の沢登りに行きたいのですが、同行できますか。社員7名も参加させたいです」と連絡をいただき、「いいですよ、ご一緒しましょう」と返信した。

 夏の沢登りのリーダーは、脊振の自然を愛する会の副代表、山の達人の T氏である。今年の沢登りの日程と参加メンバーをT氏に伝えたところ、参加者が多いため初参加であるヤマップの社員をサポートするのは難しいと判断し、沢登りの達人 S氏にも協力を依頼した。

 同会員である放送局のお天気キャスターT氏も誘い、山の雑誌記者 N氏もぜひ参加したいと連絡があった。両者ともに初参加のため、沢登りのスキルを懸念したが、経験を積むのも良いと判断した。沢登りの参加者は、脊振の自然を愛する会のメンバー7名、 S氏のグループ7名など総勢21名になった。

ヘルメットを着けて、いよいよ渓谷の入り口へ

 8時30分に現地の駐車場に集合した。簡単な朝礼とストレッチを行い、ヘルメットを着けて沢登りの装備を整えて渓谷の入り口へ向かった。

 渓谷は7月の大雨でいつもより水量が多く、水の勢いも強かった。全員で一列になって上流へと向かったが、5分も進むと、5、6人が集まって何やら話している。初参加の雑誌記者N氏が、ポケットに入れていた防水カメラを沢に落としたらしい。

 沢登りでは持ち物をすべて紐で結ぶか、チャック付きのポケットに入れることが鉄則である。腰まである沢の水の底をのぞくと、少し濁った水の底に黄色い物体が見えた。カメラである。落とした本人は拾うことはできないとあきらめていたが、何とか引き上げることができた。

 トラブルもあったが、さらに上流を目指す。お天気キャスターT氏は少し緊張した表情であった。

ザイルでサポートする、沢の達人 S氏

 しばらく進むと、高さ5mほどの水流の強い滝に到達した。ワンゲルOBの先輩T氏も、何とかこの流れを乗り越えようと強い水流に耐えていたが、ある時に突然、水流に負けた。いつも賑やかなT氏は「何とも水流が強い!」と驚きの声を上げ、お腹を上にした「ラッコ泳ぎ」で足が届くところまで流された。ザックのなかに空気が入っているため、水を背にすると浮かぶのである。T氏の赤いキズだらけのヘルメットが、山男の歴史を物語っている。

 落差20m、幅5mの大滝のそばで、全員で休憩した。野河内渓谷の水は水無鍾乳洞からの伏流水のため、水温が低い。渓谷に降り注ぐ陽だまりが、冷えた体を温めてくれた。

 記念写真を撮り、大滝を高巻き(迂回すること)して、大滝の上部へと向かった。大滝の上部から、激しく流れ落ちる滝の轟が聞こえていた。滝のしぶきが霧となって顔を冷やす。サポート隊が安全のためザイルを出してくれていたため、ザイルを頼りに大滝を登る者もあった。

 最後にある落差5m、幅10mの滝も、その上部に2段目の滝ができて大量の水が流れ落ちており、いつもとは違う様相を見せていた。ここが滝登りの最終地点である。うしろに誰もいないことを確認し、「全員が沢から上がっている」とサポート隊に合図を送った。

滝のマイナスイオンを浴びる爽快感

 渓谷から林道へ出て駐車場へと戻り、ヤマップの若いメンバーと 副代表の T氏らは上流の水無鍾乳洞一帯に咲くオオキツネカミソリの観賞に向かった。

 筆者とワンゲル後輩S氏はお天気キャスターT氏らとともに、夏の花であるヤマゴボウやヌスビトハギなどの林道に咲く草花の鑑定をしながら、駐車場へと向かった。植物の名前を覚え始めた T氏に、「この花はなんですか」と尋ねられた。筆者は自然観察指導員でもある。

 参加メンバーが駐車場に戻ってきた。けが人はなく、大人の水遊びの沢登りは無事に終わった。
夏に滝のマイナスイオンを浴びる爽快感は格別である。ヤマップの若い社員と交流し、老体に元気をもらった。

 来年、筆者と先輩T氏は喜寿を迎える。高齢となったワンゲル仲間といつまで沢登りを楽しめるかわからないが、あと1、2年は楽しみたい。

2007年の野河内渓谷の沢登り、滝の流れが美しい

2020年8月26日
脊振の自然を愛する会
代表 池田友行

キーワードタグ:脊振  ※記事へのご意見はこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年10月25日 07:00

新コンセプトStore 「#ワークマン女子」 SNSとリアル店舗の一体化を図る

 作業用品専門店ワークマンは、18年9月、一般客向けの「WORKMAN Plus(ワークマンプラス)」の店舗展開を開始、2年余りで222店舗まで拡大し注目を集めたが、...

2020年10月25日 07:00

【凡学一生の優しい法律学】日本学術会議推薦無視事件(4)

 高橋氏は「『日本学術会議問題』が、いま本当に必要な議論の妨げになっている…!のコラムを発表した翌10月13日に内閣官房参与に任命されたため、事実上、内閣官房参与の立...

2020年10月24日 07:00

構造スリットの第一人者・都甲栄充氏が来福~構造設計一級建築士・仲盛昭二氏とベルヴィ香椎の施工不具合問題を対談(4)

 「築後10年といえば、マンションはほとんど劣化しておらず、構造スリットの不具合という重大な瑕疵が隠れているとは誰も考えないでしょう。しかし、外観がきれいであっても、...

2020年10月24日 07:00

イズミ8月中間決算、経費減で経常17.5%増を確保 売上は11.8%減

 イズミの8月中間連結決算は、営業収益が前年同期比11.8%の減収であっだが、粗利益率の改善と販管費削減で経常利益は17.5%の増益を確保した...

2020年10月23日 18:30

第一生命が詐欺容疑で『実録 頭取交替』登場の元社員を刑事告発 (20) 甲羅万蔵とは

 『実録 頭取交替』で維新銀行を舞台に登場する主人公の甲羅万蔵について触れる。【表1】、【表2】を見ていただきたい。甲羅のモデル・田中耕三・山口銀行特別社友に関する資料だ。

2020年10月23日 18:09

ストラテジーブレティン(263)~コロナパンデミックの経済史的考察(1)

 100年に一度の金融危機(グリーンスパン元FRB議長)と評されたリーマン・ショックは、その後の順調な回復を振り返れば、大げさすぎた表現であった。しかし今進行している...

2020年10月23日 17:30

『脊振の自然に魅せられて』レスキューポイント設置に向けて(4)

 プレートには、「早良区役所」「脊振の自然を愛する会」のロゴを入れるようドコモから指示があり、あわせてドコモのロゴと「ドコモの携帯電話がご利用できます」との文字を表示...

2020年10月23日 16:55

国際金融誘致へ~福岡市が国際金融に特化したワンストップサポート窓口「Global Finance Centre」を開設

 20日、福岡市は国際金融に特化したワンストップサポート窓口「Global Finance Centre」を開設した...

2020年10月23日 16:41

福岡商工会議所 次期副会頭に西日本FHの谷川社長ら

 福岡商工会議所の役員が11月に任期満了と迎えるが、次期副会頭に西日本フィナンシャルホールディングスの谷川浩道代表取締役社長らが就任する予定であることがわかった...

2020年10月23日 16:34

音楽に見る日本人の正体(3)総集編(後)

 マスコミそのものが筆者身近な読者同様、「敵性音楽の使用」に関心がないのかもしれない。そのように考えてみると、戦後この問題に触れたのは、管見の限りでは長田暁二氏(大衆...

pagetop